猫もインフルエンザや風邪をひくの?症状は?治療・予防方法は?

スポンサーリンク


インフルエンザに一度でも感染したことがある人ならば、飼い猫にはあんなに苦しい思いをさせたくないと思いますよね。愛猫をインフルエンザから守るために必要な情報をまとめました


スポンサーリンク

インフルエンザが流行りだす季節。。猫の世界にも存在するの?


例年11月頃からインフルエンザ患者が現れ始め、1~2月に流行のピークを迎えます。人間と同じように猫もインフルエンザに感染するのでしょうか。


動物のインフルエンザについて

人間以外の動物にもインフルエンザは存在します。鳥インフルエンザが有名ですが、豚や馬などもインフルエンザウイルスに感染します。


猫インフルエンザはあるの?

猫にもインフルエンザに似た病気があります。猫インフルエンザはネコ科動物の上気道疾患ですが、インフルエンザウイルスの感染による疾患ではありません。


猫ヘルペスウィルス感染症」や「猫カリシウイルス感染症」を称して猫インフルエンザと言うことがあります。


猫インフルエンザの症状は?

猫インフルエンザの症状は人間のインフルエンザと似ています。高熱やくしゃみ、鼻水、目やに、食欲不振のほかに、口内炎や舌炎など口内に異常が起こるのが特徴です。



猫が風邪やインフルエンザにかかっている場合のサインは?治療方法は?


猫は言葉を話せないため、体調不良を訴えることができません。猫が風邪やインフルエンザにかかった時のサインを見逃さないように気を付けなければいけません。


猫が風邪やインフルエンザにかかってしまった時のサインは?

猫カゼの症状は人間とよく似ていて、発熱、くしゃみ、鼻水、目やに、食欲不振などです。
それに加えて病原体の種類によって症状が異なります


猫インフルエンザの特徴としては、口内炎や舌炎など口内に異常が見られます。


治療方法は?自然治癒するの?

主な治療法は3つあります。ヘルペスウイルスには抗ウイルス剤の投与、カリシウイルスにはインターフェロン注射、クラミジアには抗生物質の投与が行われます。


病原体によっては肺炎などを引き起こし死に至る場合もあるので、自然治癒を待たずに必ず動物病院で診察を受けるようにしてください。


猫にも予防接種はできるの?猫の病気予防方法は?

インフルエンザ予防のために人間は予防接種を行いますが、猫にも予防接種があるのをご存知でしょうか。予防接種をはじめとする猫の病気予防方法を紹介します。


猫の予防接種について

最も一般的な3種混合ワクチン猫ヘルペスウイルス・猫カリシウイルス・猫汎白血球減少症)をコアワクチンと呼び接種が推奨されています。


4種混合ワクチン3種+猫白血病ウイルス感染症5種混合ワクチン4種+クラミジア感染症7種混合ワクチン5種+猫カリシウイルス(3種類)となります。


また、単体ワクチンでは、白血病ワクチン猫エイズワクチンの2種類があります。


受診の方法

病気にかかりやすい6カ月未満の子猫や、外の猫と接触する可能性のある猫は接種が強く推奨されています。いつ、どの種類のワクチンを何度接種するかは個体差がありますので、かかりつけの動物病院で相談して計画を立てるようにしましょう


猫の予防接種の平均金額

①3種混合ワクチン…約3500円~5000円

②4種混合ワクチン…約4500円~6500円

③5種混合ワクチン…約6000円~7500円


猫の病気予防方法

①予防接種

猫の病気には予防接種で防げるものがたくさんあります
完治が難しく死に至る病気もあるため、予防接種は必ず受けるようにしましょう。


②避妊・去勢手術

避妊・去勢手術は望まない妊娠を防ぎ、生殖器の病気が予防できます。


③肥満予防

人間と同じように肥満は糖尿病などの病気を引き起こします
食事に気を付けて肥満を予防するようにしましょう。


④室内飼い

外を自由に行き来できる猫は、他の猫とのけんかで感染症にかかる可能性があります。交通事故望まない妊娠の可能性もありますので、室内飼いを推奨します。


子猫ちゃんの予防接種!痛そうですがよく頑張りました。


いたいニャ~!!


人間のインフルエンザや風邪などの病気は猫に感染する?


インフルエンザや風邪は人から猫に感染するのでしょうか。
飼い主が病気になった時には何に気を付ければよいのでしょうか。


人間のインフルエンザって猫や他の動物に感染をするの?

結論から言うと基本的には異なる動物の間でインフルエンザウイルスは感染しません。ただし、何かの拍子に変異したインフルエンザウイルスが他の動物に感染することがあります。


鳥類、馬、豚はA型インフルエンザウイルスに感染します。これらの動物間でウイルスの変異が起こり、新型インフルエンザが誕生します。


猫はこの変異の過程にいませんが、アメリカで新型インフルエンザが猫に感染した事例が報告されています。ただし、ごく稀なケースで神経質になる必要はないでしょう。


風邪以外の病気は猫に感染するの?

ポリオ、水疱瘡、風疹、日本脳炎、インフルエンザなど人から猫には感染しない病気がほとんどですが、結核は人から猫に感染する可能性があります


また、寄生虫や細菌は感染する可能性があります。


飼い主がインフルエンザにかかってしまった場合、猫は同室でも大丈夫?

インフルエンザが人から猫にうつる可能性はごく稀ですので、神経質になる必要はありません。ただ他の細菌がうつる可能性もあるので、完治するまでは距離をおくようにしましょう


【まとめ】


1. 猫のインフルエンザ
猫にもインフルエンザは存在する。
インフルエンザウイルスの感染ではなくインフルエンザに症状が似ている疾患を指す。

2. 猫の風邪やインフルエンザのサイン
発熱、くしゃみ、鼻水、目やに、食欲不振など。
インフルエンザの場合上記に加えて口内炎や舌炎など口内に異常が見られる。

3. 猫の風邪やインフルエンザ治療法
ヘルペスウイルスには抗ウイルス剤の投与。
カリシウイルスにはインターフェロン注射。
クラミジアには抗生物質の投与。
必ず獣医の診察を受けること。

4. 猫の予防接種
接種が推奨されているコアワクチン(3種混合ワクチン)…猫ヘルペスウイルス・猫カリシウイルス・猫汎白血球減少症
その他、4種混合、5種混合、7種混合がある。

5. 猫の予防接種の平均金額
①3種混合ワクチン…約3500円~5000円
②4種混合ワクチン…約4500円~6500円
③5種混合ワクチン…約6000円~7500円

6. 猫の病気予防方法
1 予防接種、2 避妊・去勢手術、3 肥満予防、4 室内飼い

7. 人間のインフルエンザや風邪は猫には感染しない


インフルエンザが本格的に流行する前に、猫のインフルエンザについてしっかりと理解して予防を心がけましょう。猫も人間も元気に楽しく冬を過ごしたいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です