頭痛の原因は天気病(気象病)?天気病の症状や治療法は?

「この頭の痛みは低気圧が近づいている」「古傷が痛む」などを感じる方、もしくは身近にそういったことをよく話す方、実は結構多いのではないでしょうか。
そしてこのような体調不良でお天気を当てる方の発言って、かなりの確率で合っているんですよね。


「雨の日は頭痛がする」などと聞くとこういった感覚のない方は疑問に思ってしまうのですが、実はこれ、しっかりとした理由があるんです。
近頃は少しずつ浸透してきた雰囲気もありますがこれは「天気病」または「気象病」などと呼ばれていて、原因も分かっています。


同じような体調不良に悩まされている方はもちろん、身近にこのような方がいる場合も、原因をしっかり把握しておいて損はありませんよね。
今回は天気病、または気象病についての症状や治療法などを正しく知って、対策ができるようにしていきましょう!


スポンサーリンク

【天気が不安定になると頭痛が。。。もしかして天気病?】



天気病は最初にお話した「雨の日の頭痛」「古傷が痛む」、またぜんそくの発作が出やすくなるなど、様々な症状を引き起こします。
特に多いのが「頭痛」ですが「古傷が痛む」という方、ぜんそくの発作がでやすくなる方、神経痛などがあり、天気病に悩む方は日本全国で1000万人以上とも言われています。
頭痛の場合は脈を打つようなズキンズキンという強い痛みが多く見られますが、これもやっぱり個人差があります。


天気病の原因は「気象の変化」、特に気圧の変化によって症状が現れるという方が多く、然と梅雨や台風の季節に多くなります。
古くから「天気の変化で古傷が疼く」などは知られていますので、天気による病気……「天気病」となったのですね。


気象の変化がなぜ頭痛を引き起こすのかというと実は「耳」に原因があり、内耳にある気圧センサーの情報と脳の情報が食い違うためとも言われています。
気圧の変化によって「バランスが崩れた」という情報が届き、目からの情報では「通常」となり、この差がめまいなどとなって現れます。


また気圧の変化によるストレスによって自律神経が活性化され、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって体調不良を起こすこともあります。
どちらにしても天気病になりやすい方は自律神経が乱れがちであることが多く、治すためには適切な運動と十分な睡眠など、自律神経を整えることが大切なんです。


また内耳が受け取る情報によって内耳神経が興奮するというのは、実は「乗り物酔い」と同じ症状でもあります。
ですから天気病に対してすぐに出来る対策としては「酔い止めを飲む」というのも有効なんですね。
自律神経を整えるように生活面を見直すこと、緊急対策として酔い止めを用意しておくこと、すぐに出来る対策としてはこういったものになります。



【頭痛以外の天気病といわれる主な症状は?】



天気病といえば頭痛というイメージもありますがこちらも最初からお話している通り「古傷が疼く」「ぜんそくが悪化する」「神経痛になる」など、様々な症状が発生します。
痛みも受け取り方はさまざまで、「シクシク痛む」「ズキズキ痛む」なども良く聞きますね。
さらに首が痛い、肩こりがひどくなるなども私は聞いたことがありますが、いずれも自律神経が乱れがちな方に多く発生することも変わりません。


「昔はこんな痛みなかったのに最近感じる……加齢も関係あるの?」という方も結構見かけるのですが、加齢が直接関係しているかどうかは正直分かりません。
しかし自律神経が乱れやすくなることによって発生している、これはストレスが原因の場合もありますので、周囲の変化によって起こりやすくなっているということはあると思います。
いずれにしても生活面を見直し、できるだけストレスを溜め込まず睡眠もしっかり取ることが大切ですね。


【天気病と診断するのは何科?保険は効くの?】



「天気病は精神的なものが原因であり本人の甘え」なんて言葉もまだまだ普通に聞くくらい、天気病についてはあまり浸透されていません。
頼りたい医者についても、実は日本では「天気痛外来」はただひとつ、名古屋にしか存在しないんです。


名古屋では天気痛外来を開いている「愛知医科大学病院」があり、天気痛の権威である佐藤純さんが開設しています。
様々な要因が絡む天気痛についても症状の緩和や治療に当たってもらえますので、お近くの方は一度頼ってみるのも良いかもしれません。


また内科神経内科などの医師は天気病についても把握していることが多いですので、とりあえず身近なお医者さんに相談してみるのも良いと思いますよ。


【天気病に有効な治療法は?市販の薬は効くの?】



天気病に有効な治療法としては先程もお話したように自律神経の乱れを整えること、また酔い止めの薬を飲んでみるのも対策・治療のひとつになります。
頭痛だからと言って市販の痛み止めを飲んでも内耳神経の興奮が収まらず痛みが引かないと感じる方が多く、市販薬を過信するのは禁物です。


近くに天気病外来がない場合でも、仕事や生活に支障が出るような頭痛を放っておいて良いことは何一つありません。
つらいときは我慢せず近くの病院を受診し、天気の変化による痛みであることを話して相談してもらうことが一番だと思いますよ。


【まとめ】

私も何も知らなかった頃は「天気の違いで頭が痛いなんて」と思っていたところがあり、近頃広まった情報によってようやくしっかり知ることが出来ました。
同じような方はきっとたくさんいらっしゃいますし、以前より天気病については納得してもらえる雰囲気もあるかと思います。


いずれにしてもつらい痛みを我慢して良いことはなにひとつありませんので、まずは医師に相談し、日常生活から出来る部分も改善していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です