アイススケート場【大阪】3選!初心者向け滑り方のコツや服装は?

スポンサーリンク
公園・テーマパーク・観光スポット
スポンサーリンク

テレビでアイススケートやフィギュアスケートなど華やかで楽しそうなスケートを見ると、「すべってみたいなあ」と思いますよね。

軽やかにスイスイ氷の上をすべっているのは見ているだけでも楽しいですが、実際に自分ですべる楽しさはまた格別です。

とはいえ近頃はあまりスケートの経験がある方も多くなく、そのためすべり方やどういった準備をすれば良いのかがわからないということもありますよね。

スケートを楽しむためにはやっぱりこのような前知識も多少必要となりますので、スケートを楽しむ際の注意などもチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

はじめてのアイススケート!滑り方のコツや服装は?

せっかくスケート場に行っても氷の上に立つのが怖くてリンクにいけない、なんてことになっては残念ですよね。

ですからまず最初に初心者向けのスケートのコツを、動画を参考にしつつチェックしてみましょう!

スケートをスイスイ~ッとすべるコツ

動画でも言われている通り、まずはかかとを拳1個分開けつつ氷の上に立ってみるところからはじめます。

このときに重心を後ろに向けてしまうと仰向けに倒れて頭を打ち大怪我になる可能性もありますので、後ろに重心を持ってきてしまうよりは前に、前傾姿勢を取ってみましょう。

最初からいきなりすべろうと無理をせず、隅っこの手すりを両手で持ってまずは氷の上を移動するところから慣れていきます。

多少慣れてくると片手を離せるようになるので、焦らずゆっくり氷の上を滑ることに慣れていきましょう!

スケート靴を見るとわかるのですがつま先の部分がギザギザになっていて、「まずは歩くところから」とはじめてしまうと、このギザギザに氷を引っ掛けてこけてしまうことがあります。

ですから普段より足を外側に広げ、ギザギザを引っ掛けないようにゆっくり進んでみましょう。

そのとき膝を軽く曲げるように重心を下げ、ペンギンのような歩き方をイメージして見るとやりやすくなります。

ペンギン歩きに慣れたらいよいよ滑る練習ですが、実は練習といっても氷の上ですので、片足ずつ移動していけば勝手にすべっていってくれるんですね。

ゆっくり無理をせず片足で押しながら進み、止まりたい場合は内股にして重心を内側に向ければ止まりやすくなるので練習してみましょう!

また動画後半では靴の履き方や選び方も紹介されていますので、実際に行く前に一度動画で確認しておくと分かりやすいと思います。

ちなみに服装についてですが……まず最初に、スケートリンクは想像以上に寒いです。

氷が張られていてその氷が溶けないのですから当然といえば当然なのですが、防寒対策はきちんと整えていく必要があります。

そして防寒対策として「コート」を用意する方が多いのですが、転んでビシャビシャになることも考えるとダウンジャケットなど、防水仕様のものをおすすめします!

ボトムも基本的にはジーンズなどのパンツスタイル、出来れば伸縮性のある素材のボトムを選んだほうが安心です。

女性のスカートは基本的にはやめておくことをおすすめしますが、どうしてもスカートや丈の短いボトムなどが良い場合は、厚手のタイツやレギンスを合わせます。

基本的なルールとして「肌は露出しない」、これを守って考えておけば問題ないと思います(怪我防止、冷え防止になります)。

タイツだけの場合はツルツルして靴の中で足が滑る可能性もあるため、上から履ける靴下も合わせて持っておくとより安心ですね。

さらにこけたときに氷のキズに当たることや他の方に踏まれる可能性を考えると、手袋は必須です(つけていないとリンクに入ること自体を禁止にしている場所も多いです)。

帽子も頭を守るためにあったほうが良いですが、こちらは場所によってはヘルメットの貸出が行われていることもあります。

防寒具としてあまりおすすめできないのは「マフラー」で、こけたときに他人を巻き込むこともある(うっかり踏んでしまうなど)ので、やめておきましょう!

全体の服装をまとめると「防水タイプのコート・帽子・手袋着用の上、肌が露出しない格好」となりますね。

アイススケートのマナーとしてはまず服装を守ることも含まれますが、靴紐はしっかり結ぶこと(ズルズル伸ばして他人が踏んでしまう可能性があります)も大切です。

またリンクでは回る方向が決まっていることがほとんどですので逆走はしない、初心者用として区切られているところがある場合は初心者の練習を妨げるような行動はしないようにしましょう。

初心者のうちは何度も転ぶものですが、転ぶときにも自分、そして周囲の安全のため、できるだけしゃがむように努力しましょう。

重心を下げた状態でころんだほうが怪我も少なく、周りへの影響も少なく済みますので、覚えておくと良いと思います!

初心者でも楽しめる!大阪のアイススケート場3選!その1:浪速アイススケート場

場所:大阪市浪速区難波中3-8-8

浪速アイススケート場

公共交通機関:南海線「難波」中央改札より徒歩5分。地下鉄「なんば」5番出口より徒歩7分。近鉄線「なんば」より徒歩12分。JR線「難波」より徒歩17分。

駐車場:全70台 30分200円

浪速アイススケート場 公式サイト:

浪速スポーツセンター・屋内プール・アイススケート場
明治スポーツプラザ 浪速スポーツセンター、明治スポーツプラザ 浪速アイススケート場、セントラルスポーツ 浪速屋内プールは、スタジオ・体育館・屋内プール・アイススケート場を設置した総合運動施設です。

浪速アイススケート場一年中いつでもすべることが出来るスケート場であり、国際規格を満たした広々としたリンクになります。

またレベルに合わせたスケート教室も開催されていますので、慣れてきて興味がわいたらこういった教室に参加してみるのも良いですね。

浪速アイススケート場は大晦日と元旦のみが休館日となっていますが、大会などが開催される場合は臨時休館となる場合もあります。

事前にサイトをチェックする、問い合わせてみるなど、うっかり行ってから遊べないなんてことはないようにしておきましょう!

スケート料金:大人1,400円、中高校生800円、小学生600円

貸し靴料:400円 (15.5㎝~30㎝)

※ヘルメット・膝あて・肘あては無料でご利用頂けます。

それぞれ回数券や定期券を購入することも出来ます。

また浪速アイススケート場は冬のシーズン中はかなり混雑しますので、営業開始直後や終わり際を狙っていったほうがゆっくりすべれるかもしれません。

スケート場の基本として、酒気を帯びた方やペットを連れた方の入場は不可、また他人に不快感を与える方、営業を目的とした方は入場することが出来ません。

場内に危険物やビン・カン・ペットボトル、そしてアルコール類を持ち込むことも出来ませんので、覚えておきましょう。

リンクの横切りや逆回りといった危険・迷惑行為、リンク内の雪で遊ぶことやリンクに穴を開けることなど、非常識な行動も全て禁止です。

初心者でも楽しめる!大阪のアイススケート場3選!その2:大阪府立臨海スポーツセンター

場所:大阪府高石市高師浜丁6-1

大阪府立臨海スポーツセンター

公共交通機関:南海線羽衣駅で乗り換え。高師浜線「高師浜駅」下車すぐ。

駐車場

駐車時間が5時間以内の場合は、1時間までごとに100円
駐車時間が5時間を超え12時間以内の場合は、500円
駐車時間が12時間を超え24時間以内の場合は、800円

大阪府立臨海スポーツセンター 公式サイト:

トップページ
ミズノグループが運営するスクール・スポーツ施設情報サイトです。大阪府立臨海スポーツセンター のスクールやスポーツ施設をご紹介しています。

こちらもフィギュアスケートの競技会なども開催されている本格的なスケートリンクであり、1年中営業しているのでいつでもすべることが出来ます。

スケートだけではなく体育館なども充実しており、様々なスポーツを楽しむことが出来る複合スポーツ施設となっています。

営業時間:一般滑走は11:30~17:30

休館日:毎週木曜日(祝日を除く)及び年末年始
※大会等で臨時休業の場合があります

料金:大人1,350円(16時以降滑走:1,020円)、60歳以上の方:1,020円、小人(4歳以上中学生以下)910円(16時以降滑走:510円)

貸靴料:1回510円

やはりシーズン中は混むことも増えますが、それよりも複合施設であるため他のイベントなどによる駐車場の渋滞を気をつけたほうが良いかもしれません。

事前にサイトをチェックしてどのようなスケジュールか確認し、余裕を持って遊びに行けると安心ですね。

公式サイトでは「手袋を持参ください」と書かれていますが、それ以外にもスケート場の基本として、酒気を帯びた方やペットを連れた方の入場は不可、また他人に不快感を与える方、営業を目的とした方は入場することが出来ません。

場内に危険物やビン・カン・ペットボトル、そしてアルコール類を持ち込むことも出来ませんので、覚えておきましょう。

リンクの横切りや逆回りといった危険・迷惑行為、リンク内の雪で遊ぶことやリンクに穴を開けることなど、非常識な行動も全て禁止です。

初心者でも楽しめる!大阪のアイススケート場3選!その3:ひらかたパーク

場所:大阪府枚方市枚方公園町1-1

枚方パーク

公共交通機関:京阪「枚方公園」駅から徒歩。

駐車場:普通車1,500円

枚方パーク 公式サイト:

ウインターカーニバル | ひらかたパーク
スケートも雪あそびも、まとめて楽しんじゃおう!

大阪にお住まいの方はまず知らないことはない遊園地、「ひらかたパーク」でも毎年冬になるとウインターカーニバルとしてアイススケートを楽しむことが出来ます。

またここのリンクでは子ども用のサブリンクがあるのも特徴で、小さな子どもが大人と混じって練習をするのはちょっと……というような家族連れの方でも安心して楽しむことが出来ます。

毎年12月頃から2月の終わりまで営業となっていますが、ひらかたパークの休館日の日はやはりお休みになりますので、遊びに行く前にサイトでチェックしておくと良いですね。

ひらかたパークのスケートリンクは元旦も開いていますので、初詣のあとスケートリンクで遊んで帰る……なんてこともできます。

営業日:2019年12月7日(土)~2020年3月1日(日)

営業時間:平日は12時~17時、土日祝日は10時~17時

他の場所よりも早めに切り上げる必要があることも覚えておきましょう!

料金:入園&ウインターカーニバル入場料金 大人(中学生以上)2,000円、子ども(2歳~小学生)1,200円、ウインターカーニバル入場料金(入園料金が別途必要)大人(中学生以上)600円、子ども(2歳~小学生)400円 

貸靴料:700円(15cm~30.5cm)

ひらかたパークに遊びに来たついでに、またスケートを楽しんだあとにヒラパーでゆっくりなど遊びたい内容に合わせてゆっくり過ごすことが出来ますので、ヒラパーのスケートリンクにも是非遊びに行ってみましょう!

遊園地であること、サブリンクなどもあって小さな子どもに優しいこともあり、ひらかたパークのスケートリンクは営業期間中それなりに混雑があると思っておいたほうが安心です。

またスケート場の基本として、酒気を帯びた方やペットを連れた方の入場は不可、また他人に不快感を与える方、営業を目的とした方は入場することが出来ません。

場内に危険物やビン・カン・ペットボトル、そしてアルコール類を持ち込むことも出来ませんので、覚えておきましょう。

リンクの横切りや逆回りといった危険・迷惑行為、リンク内の雪で遊ぶことやリンクに穴を開けることなど、非常識な行動も全て禁止です。

まとめ

大阪でおすすめのスケートリンク、そして初心者向けのすべり方などをお話してきましたが、スケートは悩んでいるよりも実際にリンクの上に立って覚えていく方法が一番早く覚えられると思います。

事前準備として服装や手袋・帽子などはしっかり用意し、あとは基本的な部分を動画で確認して実際にすべってみましょう!

慣れてくるとただぐるぐる回っているだけでもとても楽しく、充実した時間を過ごすことが出来ます。

今までスケートをしたことがなかった方も、ぜひこの機会にスケートに親しんでみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました