1月といえば?ランキングで行事・イベント/お祭り・食べ物を紹介するよ!

スポンサーリンク


1月は冬真っただ中で、厳しい寒さが続く時期です。年末の慌ただしさから、一転し清々しく新年を迎えられることができ、気持ちも新たになる時期です。


1月の行事というと、何と言っても「お正月」がメインイベントになります。「おめでとう」の言葉で始まる1月は、とても神聖な気持ちになりますよね?


そこで今回は、1月の行事、食べ物、記念日など、1月ならではのことを調べている人に情報をご紹介します。


スポンサーリンク

【1月といえばランキング!1月の行事といえば?】

1月といえば、これ!と言われるような行事の由来や、今の様子をまとめてみました。


■第3位 成人の日(1月第2月曜日)

「成人の日」は1948年に「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」として法律で制定されました。


<由来>
「成人の日」のルーツは、江戸時代まで行われていた「元服」です。数えで16歳になった男子が前髪を落とし、マゲを結うという儀式です。そして戦後、埼玉県蕨市で開催された「青年祭」が今の「成人式」のきっかけになっています。


<今の成人の日>
「成人の日」には、各自治体で「成人式」が開催されて、女性は振袖、男性はスーツや羽織袴の装いで参加します。


最近の「成人式」では、一部の新成人が騒ぎを起こして警察沙汰になったり、ド派手な衣装が問題になっています。


■第2位 初詣

<由来>
江戸時代までは、元日に家から見て恵方の方角にある社寺に参詣する「恵方詣り」が盛んでした。恵方とは、その年の金運や幸せを司る神様の歳徳神(としとくじん)がいる場所のことで、あの「恵方巻き」の恵方と同じ意味です。


そして、明治時代の中頃から、今の「初詣」が行なわれるようになりました。


<今の初詣>
現在は、有名な神社やお寺に「初詣」に行く人が多いですよね?全国に初詣スポットがあります。これは鉄道会社の経営戦略とも言われています。


■第1位 正月(1月1日〜1月3日)


<由来>
昔から、元旦には「年神様(としがみさま)」という新年の神様が、各家庭に降臨して、人々に健康や幸福を授けてくれると言われています。「年神様」は別名「正月様」とも言われていて、そこから正月の風習が生まれました。


年末の大掃除も、「年神様」をお迎えする準備で、「門松」も、年神様が迷わないように玄関先に飾られるのです。また、「鏡餅」は、年神様へのお供えものなのです。


<今の正月>
お正月には、元旦から「初日の出」「新年の挨拶」「初詣」など、様々なイベントがあります。





【1月といえばランキング!1月のお祭り・イベントといえば?】

1月に行われる全国各地の祭りの中から、新春にふさわしい代表的なお祭りを3つ選んでご紹介します。


■第3位 出初め式(毎年1月初旬)★東京ほか

<由来>
出初め式は、消防団が新年最初に行う訓練です。日本の消防団の始まりは江戸幕府の大名火消、旗本火消の設置だと言われています。


<歴史>
出初め式は江戸時代、上野東照宮で定火消によって行われた出初が始まりと伝えられています。明治以降は、1月4日に第1回東京警視庁消防出初め式が行われ、明治32年に「消防出初め式順序」が制定されてようです。その後、各地に伝わり正月の恒例行事として定着しました。


<イベント内容>
「出初め式」で特に有名なのが、東京消防庁が晴海で毎年1月6日に開催する「出初め式」です。当日は、消火や救助演技などの消防演習や、伝統行事のはしご乗りなどのパフォーマンスが披露されます。


■第2位 十日戎(毎年1月9日~11日)★全国各地のえびす神社

「十日戎(とおかえびす)」は、七福神の一つ商売繁盛の神様、戎神(えびす様)に商売繁盛を祈願するために祭礼です。「えびす様」は通称「えべっさん」とも言われています。


<由来>
十日戎の始まりには諸説あります。中でも有力なのが福男で有名な兵庫県西宮市の西宮神社です。西宮神社で行われていた「御狩神事(みかがりしんじ)」が、「十日戎」の原形という説があります。


他には京都ゑびす神社で、恵比寿様の誕生日にあやかって1月10日に行ったという説や、庶民の神への信仰が高まり、自然発生的したという説もあります。


<歴史>
「十日戎」は何百年も前に始まった祭事のため、その由来ははっきりとは分からなくなってしまっているのが事実のようです。そのような伝統文化が、今でも引き継がれているのが、凄いですよね?


<イベント内容>
「十日戎」は、基本的に1月9日の宵えびす、10日の本えびす、11日の残り福で構成されています。「商売繁盛で、笹もってこい」の掛け声が流れ、一年の福や商売繁盛を祈願します。毎年、縁起物の福笹や熊手などを求めて、多くの参拝者がお参りしています。


■第1位 だるま市(1月6日、7日)★群馬県高崎市

高崎の「だるま市」は、群馬県高崎市の少林山達磨寺で毎年正月に行われる恒例行事です。「正月七草大祭」とも言われています。高崎市は年間150万個、全国の約8割のだるまが生産されています。


<由来>
高崎のだるまは、今から二百十数年前、豊岡村の山縣友五郎が始めたと言われています。当初は色の材料が手に入らなかったため、生産量が少なかったようですが、1859年の横浜港の開港で、赤の顔料が輸入されるようになったため、だるまの生産が盛んになっていきました。


<歴史>
高崎だるまは、旧豊岡村が1955年に高崎市と合併する140年の間、「豊岡だるま」と呼ばれていました。1909年頃のだるま職人は、18軒で現在では72人の職人がだるま作りを継承しています。現在の「高崎だるま」は、商標登録され全国に有名になりました。


<イベント内容>
高崎のだるま市では、50軒のだるま店が並ぶ日本最大級のだるま市です。高さ2.8m特大だるまが人々を出迎えていて、記念撮影にもおすすめです。


伝統的な高崎だるまのほかにも、干支だるまやカラーだるまなどの変わりだるまも販売され、だるま職人による実演もあります。



【1月といえばランキング!1月の花は?】

1月の花といえば何を思い出しますか?1月の花と有名スポットをそれぞれご紹介します。


■第3位 南天

・聖林寺(桜井市大字下692)
「聖林寺」の本堂前庭で、紅白の南天が見られます。見頃は11月~2月です。


動画_聖林寺の秋



■第2位 水仙

・下田爪木崎「水仙まつり」(静岡県下田市)
伊豆半島の南端にある下田爪木崎には300万本の水仙が自生しています。2月下旬まで「水仙まつり」が行われます。


動画_水仙まつり



■第1位 パンジー

・ふなばしアンデルセン公園(千葉県船橋市)
ふなばしアンデルセン公園のメルヘンの丘ゾーンでは、例年12月~2月に色鮮やかな100種類のパンジーとビオラが見られます。小型のパンジーをビオラということもあります。


動画_ヴィオラ・パンジー百選・ふなばしアンデルセン公園



【1月といえばランキング!1月の旬のたべものは?】

1月はおせち料理や七草粥、鏡餅など、行事に関係する食べ物があります。そして、鍋料理が多くなる時期です。


1月の旬の食べ物は、以下の通りです。レシピとあわせてご紹介しますね?


■第3位 菜の花

<美味しい食べ方>
菜の花は、独特の苦みがある食材ですが、栄養価も高いので、できれば栄養を損なわないシンプルな食べ方がおすすめです。


<産地>
菜の花の主産地は、第1位が千葉県で1,958t、次に徳島県で1,248t、香川県が725tです。


<レシピ>
・菜の花の塩ダレ


①塩を加えた鍋で菜の花1束を1分程茹でる。
②水にさらした後、水気をきって2〜3cmの食べやすい長さに切る。
③長ネギ10cmをみじん切りにする。
④菜の花、ねぎをごま油 (小さじ1)と塩少々で和える。


「菜の花の塩ダレ」(Cookpad)


菜の花の塩ダレ by てんじゅ
塩ダレ風味がおいしい◎あともう1品欲しい時に簡単にぱぱっと作れます。


■第2位 白菜

<美味しい食べ方>
白菜の1番美味しい食べ方は、何といってもお鍋です。餃子の餡やロールキャベツのキャベツの代わりにしても美味しいです。


<産地>
白菜の産地は1 位が茨城県で2位が長野県、3位は北海道です。


<レシピ>
・白菜と豚のミルフィーユ鍋
①白菜を食べやすい大きさにカットし、葉と芯を分ける。
②ばら肉は5cm幅にカットする。
③芯とばら肉を縦に交互に並べ、鍋に敷き詰める。
④葉は芯の上にのせ、調味料をいれて火にかけ、沸騰したら中火で火を通す。


動画_白菜と豚のミルフィーユ鍋(Cookpad)


白菜と豚のミルフィーユ鍋 お勧めの食べ方 by はしごしゃ
沢山の方に作って頂きました1000人れぽ感謝です。ポン酢で食べるところをもう少し足して。いつものお鍋が格段にUPします。


■第1位 真鯛

<美味しい食べ方>
魚の王様と呼ばれている「真鯛」は、捨てるところがない魚と言われています。特にシンプルに鯛本来の旨みが十分に引き出される丸ごと塩焼きがおすすめです。


<産地>
真鯛の産地は第1位が長崎県で2位が福岡県、3位が愛媛県です。真鯛の約8割を占めている養殖は、第1位が愛媛県で、全国の約半分を超えています。次に熊本県、三重県と続きます。


<レシピ>
・タイ(マダイ)の塩焼き
①鯛のウロコとエラ、はらわたを取り除き、丁寧に水洗いし水分をふき取る。
②塩をタイの両面に振り軽く塗り込み、腹の中にも軽く塩をしたら、飾り包丁を入れる。
③盛り付ける時に下になる面からグリルなどで焼く。少し皮が焦げる程度でOK。


動画_タイ(マダイ)の塩焼き(Cookpad)


タイ(マダイ)の塩焼き by 明石浦漁業協同組合
昔から浜で親しまれてきた鯛の塩焼き。塩のみの味付けだけで鯛本来の旨みが十分に引き出されるシンプル且つ最高の鯛料理です。



【最後に】

「1月といえば?ランキング」はいかがでしたか?冬のイベントは、縁起物が多いようですね。寒さに負けず、縁起を担ぎに街に繰り出しましょう。


今回ご紹介したのは、


「1月の行事」は、第3位 成人の日、第2位 初詣、第1位 正月

「1月のお祭り」は、第3位 出初め式、第2位 十日戎、第1位 だるま市(高崎)

「1月の花」は、第3位 南天、第2位 水仙、第1位 パンジー

「1月の旬のたべもの」は、第3位 菜の花、第2位 白菜、第1位 真鯛


などをご紹介しました。参考にして是非1月のイベント、味覚を楽しんで下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です