長野県野沢温泉道祖神祭2018!みどころは?混雑予想は?

スポンサーリンク


長野県にある野沢温泉。1月になると街をあげて盛大なお祭りが行われます。日本の三大火祭りとしても有名な道祖神祭りですが、一体どのようなお祭りなのでしょうか。


歴史やお祭りへの想い、みどころ、また開催地の野沢温泉の効能などについても見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

冬の野沢温泉といえば道祖神祭り!


道祖神とは?


そもそも道祖神とは、災厄が訪れないように村や地区の入り口や辻に置かれる石などで造られた神様のことです。厄除け以外にも子孫繁栄、交通安全の神様として日本全国で信仰され、特に長野県や群馬県に多く存在します。


野沢温泉の道祖神祭り


日本三大火祭りの一つ「道祖神祭り」 長野県野沢温



旧成人の日1月15日に開催されている野沢温泉の道祖神祭り。各地で行われるどんと焼き(1年間お世話になったお札やお守りなどを供養する行事)の意味合いもあります。しかし、村の人達としては、それ以上に厄払いの想いが強いお祭りです。


村の厄年の40、41、42、25歳の男達が巨大な社殿を組みます。この社殿を作るための木は前年の秋に25、42歳の男達が山から切り出し、組立は祭りの前日から夜通しで行われます。その大きさは高さ10数メートル、長さは8メートルにも及びます。


この社殿を祭りの会場まで運ぶのですが、その道中、村人たちはこの社殿に火をつけようと火のついた松の枝で攻撃してきます。攻撃から厄男たちが社殿を守り、会場へ到着。手締めと共に会場で盛大に社殿に火付けが行われます。


国の重要無形民族文化財に指定されており、日本の三大火祭りの1つに数えられます。


開催概要

日時2018年1月15日(月)
19:00 火元もらい
20:00 花火 道祖神太鼓
20:30 火元到着
20:50 火つけ
22:00 終了

場所:野沢温泉村 馬場の原

アクセス:上信越道豊田飯山ICから国道117号 約25分
     戸狩野沢温泉駅 バス20分

例年の来場者数:6,000人



野沢温泉ってどんなところ?効能は?


野沢温泉は、奈良時代に高僧 行基によって発見されたとされている歴史の古い温泉です。


旅館やホテルの宿泊施設はもちろん多数ありますが、寸志で入れる外湯(共同浴場)が多いのも魅力で、低料金で色々な温泉を楽しめるので人気の温泉地です。外湯地元の人と観光客のふれあいの場になっています。


泉質→含芒硝-石膏・硫黄泉、食塩(外湯ごとに少しずつ泉質が異なります)

効能痔核、糖尿病・リウマチ・中風・神経痛・胃腸病・やけど などとなっています。


道祖神祭りのみどころ3つ!


10メートルを超える社殿

お祭りのメインの始まりである火元もらいは19:00~ですが、野沢の人達のお祭りは2日前から始まっています。


前年の秋に切りだしたご神木を13日に里に下ろし、14日~15日の昼ごろまでに夜通しで社殿を組立ます。怪我をしないように釘や針金などの金属製の部品は一切使わずに昔ながらの方法で組み立てられます。


厄男達と村人の戦い


社殿をお祭りの会場まで移動させる際に、村人たちから容赦ない攻撃を受けます。火の付いた松の枝で社殿に火をつけようとする村人との攻防戦。


もちろん火傷をしたり、煙でのどをやられたりする参加者もいます。それでも社殿を守ってこそ、1人前の男になれるという想いで1時間以上にも及ぶ攻防戦を繰り広げます。


野沢温泉の道祖神祭り2016・4K撮影



クライマックスの火付け

会場に着くと手締めの後に火付けをし、2日間かけて作った巨大社殿を燃やします。22:00頃に火付けが行われますが、翌朝まで社殿は燃え続けます。


この燃え落ちた炭で餅を焼くと1年風邪をひかないという言い伝えがあるそうです。16日の朝になると村人たちが網と餅を持って会場に集まるそうです。


道祖神の歌はどんな意味?歌詞は?


道祖神の歌



お祭りを盛り上げるために道祖神の歌をうたいながら会場に社殿を運びます。道祖神祭りは起源は定かではありませんが、江戸時代には行われていたという記述があります。


厄年の40~42歳の3年間を道祖神祭りで共にした友人たち、1人前の男になってお嫁さんを貰いたいという縁結びの想いが込められている気がしますね。


道祖神の歌


目出度く建てた 命あるなら来年も また来年も 命あるなら来年も
唄えばつける サアてば友達良いもんだ おいとまとれば 笠の露やら涙やら
穂に穂が咲いた 升はいらない箕で計れ 夜明けにひとつ 咲いてくれろや梅の花
どんとと鳴るとこどこだ あれはお伊勢の大神楽 大神楽にほれて 行かじゃなるまいお伊勢まで
添わせておくれ 縁を結ぶの神ならば 良い娘に良い衣装着せて 袖の下から乳握る
乳ょ握らせて 乳は内緒の締め樽だ 締め樽締めて 嫁にやります来年は
若い衆頼む 露は寝笹の葉を頼む お月のように 殿さ心はまんまると


【まとめ】

野沢温泉 道祖神祭り

毎年1月15日に行われるどんと焼き、火祭り

厄年の25、40、41、42歳の男達が巨大な社殿を組み、村人たちの火付けから守る

クライマックスには守り抜いた社殿を盛大に燃やす

このお祭りを成功させることが野沢の1人前の男の証になる


道祖神祭りは、野沢温泉村にとって特別な意味をもち、村を離れている人でもこのお祭りの時には村に戻ってきて参加する程、野沢の男たちの込める想いが違います。海外からの観光客にも人気の道祖神祭り、1度は見てみたいお祭りですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です