かまぼこの賞味期限まとめ!笹かまぼこやチーズかまぼこの賞味期限は?


かまぼこっておいしいですよね。生でそのまま食べるのが一番ですが、チャーハンに入れたり、ちゃんぽんや皿うどんにするのもいいですね。茶碗蒸しやおでんにも欠かせません。

おせちにだって、紅白のかまぼこを詰めますよね。
そんなかまぼこはどのくらい日持ちするものなのか気になりますよね?

スポンサーリンク

お正月といえばかまぼこ! かまぼこの賞味期限は?真空パックのかまぼこは?

かまぼこは、長持ちするイメージがある人もいるでしょうが、生ものと変わりません

魚のすり身を蒸して作るので、加熱処理がなされていますが、冷蔵保存が基本であり、長期間放置している場合は、そのまま食べずに炒め物にするなど火を通す必要があります。

一般的にスーパーで売られているかまぼこは商品にもよりますが、5日~10日と記載されていることが多いです。しかし、真空パックになっているのであれば、10~30日ほどに伸びます。



お餅は冷凍保存できる?解凍方法は?冷凍お餅の賞味期限は?



どうしても食べきれない場合は、冷凍保存すると、30日から180日ほどに伸びますが、風味が落ちてしまうので、あまりおすすめできません

隅々まで楽しめるかまぼこ職人動画(11/12)




かまぼこの賞味期限から5日、1ヶ月過ぎてしまっても大丈夫?

賞味期限が切れた場合でも大抵は食べられますよね。
賞味期限から5~10日ほどであれば、冷蔵保存されていた場合は食べても問題ないでしょう。でも、生でそのまま食べるのは避けて、加熱してから食べるようにしましょう。

もしも、1か月も過ぎてしまっている場合は、絶対に食べずにそのまま廃棄処分にした方がいいでしょう。もしも、真空パックになったもので1か月過ぎているのならば、異変がないようであれば食べても良いでしょう。しかし、その場合も過熱してから食べるようにしましょう。

早く食べきらないといけない場合は、かまぼこをたくさん入れた皿うどんにするといいでしょう。かまぼこがたくさん入っている方がおいしいですよ。でも、かまぼこは生で食べるのが一番ですから、なるだけ早く食べきるようにしましょうね。

かまぼこの飾り切り バラ、手綱、うさぎ


笹かまぼこの賞味期限は?保存方法は?

笹かまぼこと言えば、笹の葉に模した焼きかまぼこですよね。そのまま食べるのが一般的ですが、チーズをはさんだリ、てんぷらとして揚げてもおいしいですよね。

そんな笹かまぼこは、焼いてあるので賞味期限が多少過ぎていても大丈夫だと思いますが、賞味期限については、製品によってまちまちでしょう。

異臭や変色などが起きていない限りは加熱処理をして食べることができると思います。かまぼこなので、購入したらすぐに冷蔵庫で保存するようにしましょう。

冷凍保存も可能ですが、食感が変わってしまう可能性もあるので、冷蔵庫がおすすめです。

笹かまの作り方


チーズかまぼこの賞味期限は?保存方法は?

チーズかまぼこはいろんな商品がありますよね。チーズが多く含まれているものもあれば、真ん中に細く入っている場合もあります。

ビールのつまみや子供のおやつに人気がある食べ物ですが、常温で置いている人も多いでしょう。添加物がたくさん入っており、常温でも大丈夫なメーカーはたくさんあります。メーカーによりますが、大体、製造後90~120日程度となります。

保存方法もメーカーによってまちまちで、冷蔵保存が必要な場合と常温保存で良い場合があります。

醤油マヨが合う!チーかまフライ C CHANNELレシピ


【最後に】



かまぼこは保存料や添加物が多く含まれているものであれば、比較的に長く持ちます。しかし、無添加などをうたっており、品質がよいものは短命なので、冷蔵庫で保存して、早めに食べきる方がいいでしょう。

安全かどうか分からない場合は、生ではたべずに炒めたり焼いたりしてから食べるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です