インフルエンザの検査タイミングはいつ? 妊娠・性病・溶連菌検査タイミングまとめ!

スポンサーリンク


インフルエンザが流行る時期になると、風邪のような症状でもインフルエンザを疑って気になりますよね。かかってしまったかな、と思ったらすぐに検査に行った方がいいと思っていませんか?


早すぎる検査では実は、適切な診断ができないんです。
インフルエンザの検査には適切なタイミングがとても重要なんです!


スポンサーリンク

インフルエンザの検査のタイミングは?費用は?

インフルエンザの検査は早すぎると、体内のウイルスの数が少なすぎて陰性になってしまって、正しい判断ができないんです。そうなってしますと、せっかく時間を作っていったのに無駄になりますし、症状が重くなってからまた病院に行かなくてはいけなくなります。


また、保険が適用するのは原則1回なんです。
なので、適切なタイミングを知っておくのはとても重要なことなんです。


発症してから12時間から48時間以内がベストのタイミングとなります。
この発症してからというのが一番難しいかと思います。


基本的に風邪との境界線高熱が続いたり、悪寒や関節痛がひどい場合がインフルエンザの症状であると言われています。病院での検査は、15分くらいで結果を出してくれます。


この検査は3割負担で大体、1100円~1730円となります。また、薬代がありますね。薬が4000円~5000円ほどです。なので、合計して5000円~7000円程度かかると思った方がいいでしょう。


新宿駅前クリニック内科(耳鼻科) マンガでわかるインフルエンザ検査の必要性




妊娠の検査のタイミングは?保険は適用されるの?

生理が遅れていると、妊娠かもと思うことがあるでしょう。
そんな時に利用するのが、妊娠検査薬ですよね。


ドラッグストアなどで購入できるものですが、病院の方がいいのかと思う人もいることでしょう。ただ、精度はさほど変わらないそうなので、まずは自分で調べてみるといいでしょう。


ただ、タイミングを間違うと結果が正しく出ずに無駄になります。
一番良いのは、生理予定日の2週間後だそうです。
2週間過ぎても生理が来ない場合にはドラッグストアに走っても良いということです。


ちなみに、妊娠は病気じゃないと言う見解から、保険適用外です。全て自費になるので、少なくても8000円程度は必要です、追加で検査がある場合もあるのでもう少し余裕がある金額を用意した方が安心です。


病院に初めて行く時は、保険証とお金の他にも、内診で出血したり、洗浄後に水が後から流れ出てくるのを防ぐことができるので、ナプキンが必須です。サービスで置いてあることがほとんどですが、いつも使っているものや予備として複数枚あると安心です。


さらに、脱ぎやすいような服装が良いです。
捲し上げやすい長すぎないスカートが便利です。


妊娠検査薬 | いつから 検査可能日について
妊娠検査や妊娠検査薬の仕組み・使い方、排卵日検査について。アラクス・チェックワン


妊娠検査薬で陽性が出る前に感じる体調の変化



性病の検査のタイミングは?結婚を決めた時がベスト?


総合的に安全を確保するために検査するのであればいつでも大丈夫でしょう。結婚を決めるよりも、付き合い始めて性交を考えたタイミングがベストですね。カップルで同時に検査を受ければ一番安全だと思います。


もしも、気になることがあって検査を考えている場合は、性病によっては11日後にはすでに検査可能となるものもあります。


HIVの場合は原則3か月後からとなります。ただ、HIV以外にも性病はあるので、2週間後に一度検査して、3か月後にHIVの検査を受けるのが一番だと思います。


HIVに関しては、3か月後であれば、無料で保健所で検査を受けることができます。ただ、感染している可能性がある場合は、3か月間誰とも性交を行わないようにしなくてはなりません。


誰かにうつしてしまいますし、一生治療が必要となります。治らない病気ですから、薬で進行を遅らせるもしくは止めることしかできません。3か月も待てないと思ったら、高額となりますが、自費で検査することも可能です。


溶連菌の検査のタイミングは?検査の内容は?


小さいお子さんがいる家庭では知っているかもしれないウイルス性ののどの病気である溶連菌感染症は、5~15歳までの子供がかかりやすく、38~39度の高熱とのどの痛みが代表的な症状ですが、さらに舌にぶつぶつができたり、体や手足に赤い発疹が出たり、頭痛や腹痛などがでて、風邪のような症状もでます。


また、子供の病気ではありますが、大人にも感染する恐れがあり、高齢者や妊婦は特に注意が必要です。人から人へと感染するので、家族の一人がかかった場合にも気を付けましょう。


さて、病院での検査のタイミングですが、発熱やのどの痛み、白い舌などの症状が現れ、周囲でも流行り始めた場合はすぐに病院に行きましょう


保険適用なので1000円程度で、15分ほどで診断できます。
診断された後は、5~10日間ほど抗生物質を飲むことで完治できます。


【最後に】


インフルエンザの検査以外にも、様々な病状や妊娠についての適切な検査のタイミングをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?ほとんどの場合が初回は保険適用となりますが、2回目は自費になるので、やはりベストなタイミングを見極めて検査したいものですね。


ただ、病状によっては費用よりも治療開始を早めることが重要な場合もあるので、自分での判断が必要なこともあります。悩んだ時は早めの受診をおすすめします

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です