横浜開港祭花火2021!時間は?穴場の観覧は?クルーズの料金などまとめ!

6月のお祭り
第40回横浜開港祭は新型コロナウイルス感染拡大を防止ガイドラインに沿って開催することになりました。6月2日当日の入場者を5,000名とさせていただき、ホームページでの事前申し込みが必要となりました。
横浜開港祭公式HP
より

横浜開港祭は、横浜の開港記念日である6月2日を祝うお祭りで、2021年で開港162周年となり横浜開港祭は第40回を迎えます。

そして、今年の横浜開港祭のコンセプトは、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~想いを 重ねて 未来へ~です。

コロナで大変な年ですが、今年も盛り上がりそうですね!

また、6月でありながら毎年花火も打ち上げられる「花火大会」としても有名で、いち早く夏を感じられる日として親しまれています。

そんな横浜開港祭、そして花火の情報……、やっぱり気になるところですよね!

花火の時間や見るための場所、そしてもちろん横浜開港祭とはどんなお祭りなのかなどの情報をまとめましたので、ぜひ当日を迎える前にチェックしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました