クリスマスツリーは本物のもみの木で!どこで販売してる?選び方は?

スポンサーリンク


ハロウィンが終わると一気に街中がクリスマスカラーに変わりますね。
家庭でも、窓辺や庭先にイルミネーションを施して楽しむところが増えていますね。


皆さんのお宅では、クリスマスツリーはどうしていますか?
どうせなら、本物のもみの木を買って飾り付けるなんてどうでしょうか?


今年は、ちょっぴり大きな感動をこどもたちにプレゼントしてみませんか!!


スポンサーリンク

今年のクリスマスツリーは本物のもみの木で!もみの木ってどんな木?


「もみの木」はマツ科の種類に属し、
日本では主に、本州の中南部から四国、九州、屋久島に分布しています。
もみの木は、グリーンの葉を落とさない常緑針葉樹(エバーグリーン)で、マツ科モミ属の全ての木としては約40種類存在します。もみの木の成木は、高さが15m~45mにもなる大きく成長する迫力のある樹木です。


でも、家庭でクリスマスツリーに利用される観葉植物としてのもみの木は、
室内に設置できる100cm~200cmくらいのもみの木の「幼木」が使われています


もみの木も花をつけます。
花と言っても、花びらのある花とは違い、円筒形の実のような形をしていて、
4~6月が開花時期です。


クリスマスツリーになるモミの木は2種類

クリスマスツリーとして利用されるもみの木は、日本の特産種である「ウラジロモミ」や「ドイツトウヒ(アカモミ)」などが一般的かもしれません。


ウラジロモミ」は、葉の裏側が白いためこの名が付いています。
全体的に見ると緑と言うよりも、グレーっぽく見えるのが特徴です。

寒冷な気候を好むため、クリスマスの寒い時期に適していることや、
葉の緑と白のコントラストが美しくて、全体的に光沢のある「銀」のような輝きに見え、
美しい円錐状の樹形になるのでクリスマスツリーとして好まれて使われるようです。


また、「ドイツトウヒ(アカモミ)」は、本場ヨーロッパでもよく使われる種類のもので「アルプスの少女ハイジ」に出てくる「アルムのモミの木」は、この「ドイツトウヒ(アカモミ)」がモデルになっています。


クリスマスツリーにモミの木を使う理由

もともとクリスマスツリーは、クリスマスのために飾り付けられた木のことで、
常緑の針葉樹が使われるのは、冬の間も緑を保つため、
強い生命力の象徴とされたためだそうです。


またアダムとイブの物語に出てくる「知恵の樹」として、
冬に葉が落ちてしまうリンゴの木の代わりに、
常緑樹のモミの木が使用されたのが由来と言われています。



本物のもみの木はどこで買える?


「もみの木」の生木はネット通販でも買えますし、
園芸を扱っているホームセンターなら11月になると売っているはずですよ。


ネット通販・ホームセンターで購入する

ネット通販だと120cm前後(鉢付きor植え替えが必要)で、
Amazon・楽天市場などでは¥5,000前後(税込)送料別が相場と言えると思います。




ただし、根付きで届くのでクリスマスが終わっても、
きちんと管理していかないと来年もツリーとしての活用は出来ませんね!

ホームセンターの園芸コーナーで購入する場合も同様です


IKEAで購入すると特典も!

ん~、もう少しお手軽に管理できるクリスマスツリーはないかしら??
と調べてみたら、店舗数はまだ多くはありませんが、
昨年「IKEA」(イケア)で本物のモミの木(根元が切られています。)を¥2,499販売していました


それに年明けには、購入したツリーを引き取ってくれるのです!

そして、購入時に貰える『ツリー購入証明書』を持っていってスタンプを押すと、期間中に限り¥1,000分のお買い物にクーポン券になるんです\(^o^)/


ちなみに、2017年の返却期限は、2017年1月4日(水)~15(日)でした。
もう一度言いますよ!
クーポン券が使える期間は、この返却期限の間だけとなります!


この時返却されたもみの木は、固形燃料としてリサイクルされるそうです。
それから、このモミの木を立てるためには、毎年繰り返し使える専用の”スタンド”が必要ですので、初回だけプラス¥2,000になりますね。


だいたい11月の下旬から12月始まりには販売開始されますが、
クーポン券付きと言うこともあってか2・3日で売り切れるらしいので、
確実にGetしたい方は、IKEAの公式HPで販売開始日をチェックしておきましょう!


IKEAオンライン ストア - IKEA
IKEA イケアストアでは、家具やインテリアなど家での生活をより快適にしていただけるような商品が豊富に揃っています。巨大な展示スペース「ルームセット」では、ホームファニッシングのヒントやアイデアがいっぱい。ひとりでも、家族や友人と一緒でも、大人でも子供...


ネットで購入と店舗で購入、どっちがお得?

家庭用のクリスマスツリーで人気があるのは、120~180cmのサイズです。
葉は長くて数が多く、長さが揃っているもの、
枝は本数が多く密度が濃いタイプのクリスマスツリー
おすすめです。



枝や葉の数が少なく不揃いだと、スカスカで寂しく見えてしまいます。
オーナメントを飾っても垂れてこない、しっかりしたものを選びましょう


細身でスタイリッシュなクリスマスツリーは、
「置く場所が狭い」「コンパクトに収納したい」という家庭におすすめです。


一緒に購入したいのは、オーナメント。

枝が丈夫で太めウラジロモミなら、
少し重めのボールや電飾なども付けることができ、豪華な飾りつけにも適しています
でも、電飾系は熱を帯びにくい仕様のものを選んでくださいね。



そもそも、ネット通販にしても店舗購入にしても、
大体が鉢付きor植え替えが必要となる形態での販売なので、
自分の目で確認して選ぶかどうか?の違いだけなのかも知れませんね。


本物のもみの木が家にきた!水やりは?虫は?葉びきは?


購入したもみの木で根付きのものは、観葉植物として管理する必要があります

根元が切られたものは、ツリースタンドを一緒に用意します


根元が切られたもみの木の手入れについて

ツリースタンドは花瓶の様に水を入れることができるようになっていますが、室内はエアコン等の影響で空気が乾燥して、ツリースタンドの水が蒸発しやすくなっています。必ず、根元が切られたもみの木の水を切らさないように注意してください


もみの木の葉が乾燥してきたら、
霧吹きをかけて葉と空気の乾燥を防ぐ「葉水」という作業をおすすめします。


葉が乾燥するとハダニが付きやすくなります。
ハダニが一度つくと駆除しにくいので、葉に霧吹きをするなどして乾燥を防ぎましょう。



また、木の幹を食べるカミキリムシの幼虫が付くこともあります。
もみの木の周りに木くずが落ちていたら、カミキリムシの幼虫を疑ってください
もみの木を室内へいれる時は、虫がついていないか確認してから入れましょう。


根付きの観葉植物もみの木の手入れについて

観葉植物もみの木へ飾りつけをする時には、
葉の先端が鋭くケガをする恐れがあるので軍手を付けて行いましょう


ワイヤーでしっかりと作られたイミテーションツリーと違って、
飾りをつけると枝が垂れ下がり安く
フォルムの美しさが崩れてしまう事も多いので気をつけてください。


鉢植えなど根付きで購入した場合室内での栽培にはむきませんので、
クリスマスの時期がすぎ、これからもクリスマスツリーとして利用を考えているのなら、
鉢植えのまま屋外で栽培をすることをおすすめします。


水を十分に与え直射日光が当たる場所は避けて
風通しのよい日陰になる場所へ置いてください


寒さには強いですが、暑さには非常に弱く夏場に枯らす方も多いと聞きます。また、土に植え替えると根が広がって伸びるため、大きくなりすぎることが考えられますので注意してくださいね。


本物のもみの木でクリスマスツリー



【最後に/まとめ】

本物のもみの木をクリスマスツリーすると、マツ科ですから独特の香りがします。
見た目の美しさだけでなく、嗅覚的にも記憶に残るクリスマスを楽しめると思いますよ♪


とは言え、そんなに予算はかけられませんよね。(苦笑)
この情報がお役に立てるといいのですが…

お安く、でも感動は大きく!そんなクリスマスを迎えられたら……♪♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です