東京で銀杏拾いができる場所はココ!時期・食べ方・拾い方まとめ!


秋になると各地でモミジやイチョウの木が綺麗に色付いてきますね。紅葉が始まる少し前から、銀杏が地上に落ちてきて、銀杏拾いが楽しめる時期がはじまります。


公園や街路樹の下に落ちている銀杏は、基本的に誰でも無料で拾うことができます。そんな銀杏拾い、東京ではどんな場所でできるのか、持ち物や下処理の仕方などについてまとめてみました。


スポンサーリンク

東京の銀杏拾いスポット3選!


東京での銀杏拾い、またその後の黄葉の見頃などについてもご紹介します。
東京では10月上旬~11月上旬ごろが銀杏拾いには最適な時期です。


神宮外苑

テレビの撮影などにも良く使われる神宮外苑のイチョウ並木
146本のイチョウの木が道に沿ってまっすぐ並んでいる壮大な光景が見られます。


黄葉11月中旬~12月上旬(黄葉の期間はいちょう祭が開かれており、毎年大変混雑します)


[4K] 2016 神宮外苑のイチョウ並木 GingkoTrees Avenue in Tokyo



靖国神社

入り口の大鳥居~第2鳥居の参道の両側がイチョウ並木になっています。黄葉の時期は夜になるとライトアップされるので、デートスポットとしても幻想的で魅力があります。


黄葉11月下旬~12月上旬


Yasukuni Shrine in autumn night (靖国神社 いちょうライトアップ)



甲州街道

追分交差点あたり~高尾駅前にかけて700本以上のイチョウが植えられています。


10月中旬には、国土交通省が主催して大規模な銀杏拾いが行われます。事前に集めておいた銀杏を持ち帰ることができるので、歩きまわらなくても銀杏をゲットすることができます。


11月中旬にはいちょう祭りが開催され、ウォークラリーなどのイベントで混雑します。


黄葉11月上旬~11月下旬


甲州街道イチョウ並木 Hachioji ginkgo roadside trees




10月・11月がベスト!銀杏拾いに最適な時期は?


銀杏は9月頃から実を落とし、黄葉が始まる11月中旬に終わりを迎えます。地域で少し差がありますが関東の方が関西よりも1~2週間程銀杏拾いができる時期は早く始まります。ただし、たくさんの銀杏が落ちてくるのは10月~11月の上旬です。


銀杏拾いのポイント!どんな銀杏を拾えばいい?注意点は?


銀杏拾いに行くにはどんな道具が必要なのでしょうか。
また拾う時のコツなどについても見ていきましょう。


銀杏拾いの道具

・ゴム手袋

銀杏の皮は強アルカリ性で、素手で触れるとかぶれます
使い勝手を考えて薄手のゴム手袋を持って行きましょう


・チャック付きの袋

普通のビニール袋だと銀杏のニオイが漏れてしまいますので、密閉できるチャック付きの保存袋を用意しましょう。


銀杏拾いのコツ

銀杏はなるべく大きいイチョウの木の下で拾いましょう。銀杏の大きさはイチョウの木の大きさに比例します。大きい銀杏の方が食べ応えがあるので、大きい木の銀杏を収穫しましょう。


注意点

・銀杏を拾っても良い場所か

神宮外苑、靖国神社、甲州街道など公園や街路樹から落ちた銀杏は、基本的に誰でも拾って良い場所です。小さいお寺や神社、大学の構内などは事前に拾っても良いか確認しておきましょう。


・メスの木がある場所か

イチョウにはオスの木とメスの木があり、銀杏はメスの木にしか生りません。最近では銀杏のニオイ対策として、街路樹や公園へはオスの木しか植えないところも多いです。事前に拾う場所にメスの木もあるのか調べておきましょう


銀杏を拾った後、どうしている?下処理・おすすめレシピ!

銀杏拾いの後は美味しく頂くために、しっかりと皮の処理をしましょう。
また簡単な銀杏レシピも紹介していきます。


基本の下処理

①大きめのボウルやバケツなどに水と銀杏を入れて、2~3日ほどふやかす。
 ※皮が付いた状態の銀杏はニオイが強烈なので、容器の上をラップで密閉したり、ごみ袋で包んで縛っておくようにしましょう。


②銀杏をザルにあげ、ザルの表面に擦りつけるようにして周りの皮を綺麗に落とす。
 ※落とした皮は生ごみとして収集してもらえます。ごみに出す時はしっかり口を閉じてニオイが出ないように気をつけましょう。


③風通しの良い場所に銀杏を広げ、2~3日ほど天日干しする。


銀杏の下処理方法



保存方法

天日干しした殻付きの銀杏紙袋や新聞紙に入れて、冷蔵庫で1か月ほどは美味しく食べられます。


長期で保存したい場合は、殻から取り出して塩ゆでしたものを冷凍庫で保存できます。冷凍の場合は数カ月持ちますので、大量に拾って来たら、すぐに食べる分以外は冷凍しておくとよいでしょう。


おすすめ銀杏レシピ

・楽ちん♪レンチン♪で銀杏♡

材料:銀杏、封筒

作り方:封筒の中に銀杏を入れ、口を2~3回折る。600wのレンジに1分かける。殻を割りながら食べる。


楽ちん♪レンチン♪で銀杏♡ by みゆたけ♪
レンジでチンで美味しい銀杏♡殻から出してお塩だけでもおつまみになりますよ〜♪


・【やみつき!】ぎんなん揚げ

材料:銀杏、揚げ油、塩

作り方:銀杏の殻をハンマーやペンチなどで割り、実を取り出す。フライパンに油と銀杏を入れ、弱火で10分程転がしながら揚げる。油をきったら塩を振る。


【やみつき!】ぎんなん揚げ by ★miuuu★
美味しくてやみつきになりますよ♡ お酒のおつまみやおやつにも合います♡1日の銀杏摂取量は大人は40粒子供は7粒が目安です


【まとめ】

東京の銀杏拾いの時期 10~11月上旬

道具 ゴム手袋、チャック付き袋

おすすめは神宮外苑、靖国神社、甲州街道


暑さも落ち着いて行楽にピッタリなのが銀杏拾いの時期です。イチョウの木は害虫が付きにくく管理しやすいので、公園や街路樹に植えられることが多い木です。東京には大きい公園などが多いので、自宅の近くで銀杏が生るところがないか探してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です