高蔵寺分屯基地の春の高座山ハイキングとはどんなイベント?

自衛隊基地のイベントといえば航空祭などを思い浮かべることが多い中、ちょっと変わった高蔵寺分屯基地の「高座山ハイキング」というイベントがあります。


名前の通り一般的に行われる基地公開だけではなく「高座山ハイキング」……ハイキングなんですね。


もちろん他の場所で行われる一般公開のような展示もあり、ハイキングも楽しめる高座山ハイキング、ぜひ一度詳しくチェックしておでかけしてみませんか!


スポンサーリンク

【高蔵寺分屯基地の春の高座山ハイキングとはどんなイベント?】



基地の行事でハイキングというとあまりしっくりこないかもしれませんが、高蔵寺分屯基地の一般公開は「ハイキング」という独特の形式を取っています。

まずはどのような雰囲気なのか、高座山の様子を動画で確認してみましょう!


愛知県春日井市にある高座山(たかくらやま)(その1)



高座山ハイキングは1.3kmのコース・標高150mの山となっていて、ハイキングを楽しんだのち頂上で高蔵寺分屯基地の展示公開を楽しむことができます。

展示物は災害救助資材やバイク車両、装甲車、消防車両などたくさんで、ハイキングと展示を同時に楽しめるなんて嬉しい組み合わせですよね!


今年の「平成30年度春の高座山ハイキング」の日程はすでに決定しているので、概要もチェックしておきましょう!


日程:2018年5月27日(日)

受付時間:9時から14時

閉門時間:15時


あまり知られていないイメージもある高座山ハイキングですが昨年は500名近い方が参加し、ハイキングや展示を楽しんでいました。


高蔵寺分屯基地は愛知県春日井市にある分屯基地で、高座山の自然あふれる場所の基地となっています。

第4補給処高蔵寺支処等が配置されている岐阜基地の分屯基地で、周りには高蔵寺ニュータウンが隣接する高蔵寺分屯基地は、ハイキングだけではなく夏には盆踊り大会なども開かれています。


他にも地元の民間による基地周回のマラソン大会なども開かれている、地域に密着した分屯基地なんですね。




【自衛隊イベント 初心者向けのみどころ3選!】



高座山ハイキングという独特の形式を取っている高蔵寺分屯基地の一般公開ですが、自衛隊のイベントとはどのようなものがあるのか気になる方も多いと思います。

自衛隊基地が主催するイベントの見どころを幅広くお伝えしますので、ぜひこの機会に自衛隊基地のイベントを知っておきましょう!


◎見どころ1:展示公開

自衛隊基地の一般公開、自衛隊主催のイベントでは展示公開が行われていることが多く、日頃間近でみることのない自衛隊の雰囲気を味わうことができます。

高蔵寺分屯基地の高座山ハイキングでも頂上で展示公開が行われているので、ぜひ頂上まで頑張って楽しみましょう!


自衛隊展示車両



ここまで近くで様々な展示を見られる機会は展示公開以外ではなかなかなく、機会を逃さないようにしておきたいですね!


◎見どころ2:訓練公開

日頃あまり見られない自衛隊、その訓練も公開展示されることがあり、自衛隊の日頃の訓練を間近で見られます。


大津駐屯地 訓練展示 2017 陸上自衛隊



人の訓練はもちろん装備を使った訓練、また犬の訓練などが見られることもあり、訓練展示も貴重なチャンスですね!


◎見どころ3:飛行展示

自衛隊基地のイベントといえばこれを楽しみにしている方も多い、航空機の飛行展示はやはりどこでも人気です!


陸上自衛隊 明野駐屯地航空祭2017 空自飛行展示




日頃見られない航空機の展示が間近で見られる機会、またあの有名なブルーインパルスの飛行展示が見られる場合もあり、自衛隊主催のイベントではぜひチェックしておきましょう!



【基地入場の疑問、身分証明書は必要?】



一般的な基地公開の場合や航空祭の場合も含め、自衛隊基地に入る場合は手荷物検査を受けないといけません。


高座山ハイキングの場合はこういった注意は見かけませんでしたが、受付時に氏名を記入し番号札を受け取る事になっているのでやはりチェックは行われています。


持ち物についてもいくつか注意事項があり、ドローン、ペット、アルコール類は持ち込む事ができません。

もちろん他の来場者の迷惑なると判断された物もNGになりますので、注意された、持ち込み禁止されたものは指示に従うようにしてくださいね。


また持ち込み禁止ではないかもしれませんが、エプロン(駐機場)での日傘やカメラ用の脚立の使用は禁止となっているので注意してください。

最初から気をつけるのはもちろん、日光を避けたい場合は日傘だけではなく日焼け止めクリームなどを用意しておくのも良いですね。


更にもちろんですが、基地周辺への迷惑駐車やごみのポイ捨てにも気をつけましょう。


基地の外からドローンでの撮影を試みる方もいるかもしれませんが、基地周辺でのドローン飛行が確認された場合は警察に通報されてしまいます。

安全その他必要あっての禁止ですので、基地の外からのドローンの使用にも注意してください。


いずれにしても安全確保のために絶対に必要なことなので、「自分だけは」など思うのではなく、きちんと従うようにしてくださいね。


【基地までのアクセスは?駐車場はあるの?送迎バスはある?】



最後に高蔵寺分屯基地までのアクセスについてもチェックしておき、迷わず行けるように準備しておきましょう!


電車で移動する場合の最寄り駅はJR東海中央本線、愛知環状鉄道の「高蔵寺駅」となり、駅から基地までは徒歩でおよそ30分となっています。

駐車場や送迎バスの情報は特にありませんでしたので直前にチェックする、もしくは近場の駐車場などを事前に探し、そちらを利用するのがおすすめですね。


高蔵寺分屯基地の近くまでバスが通っているので、駅からはバスを利用し安全に行く方法がもっともおすすめです!


【まとめ】

高蔵寺分屯基地の基地公開はよくある一般公開や航空祭ではなく、ハイキングという楽しい形式が取られています。

初夏のハイキングで心地よい汗を流してから展示を眺め、楽しい一日を過ごす……ハイキング形式は確かにありですよね。


ぜひ今年の高座山ハイキングへ、展示公開を楽しみにしつつ参加してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です