南知多のひまわり見頃・開花予想は?駐車場・みどころ総まとめ!

スポンサーリンク

愛知県・知多半島の先端、南知多町に、広大な丘が広がるお花の名所「観光農園花ひろば」があります。


1.5万㎡の広大な敷地に四季折々の花々が咲き、観光客で賑わいます。映画やテレビ撮影でもよく使われる場所で、フォトコンテストでも人気の素材の場所です。


花ひろばのひまわり畑では、6月下旬から11月末まで、随時場所を変えて元気なひまわりが出迎えてくれます。丘陵一面の黄色いじゅうたんは圧巻です!


そこで今回は南知多のひまわりに興味があり、ひまわりの見どころ情報を調べている方へ、駐車場情報や開花情報なども合わせてご紹介します。


スポンサーリンク

【圧巻!14万本のひまわり!南知多のひまわり畑ってどんな場所?】

南知多は1年を通して温暖な気候で、その気候を生かした「観光農園花ひろば」の自慢は、広大な敷地を彩る季節ごとのお花畑です。


「観光農園花ひろば」のひまわりは、50~70aの広さの畑に場所を変えて、12回もひまわりが見頃を迎えます。


時期をずらして12回種まきを行っていて、長い期間ひまわりを鑑賞されるように工夫されています。そのため、見ごろの6月下旬から11月下旬まで累計280万本ものひまわりが花をつけます。


また、イチゴ狩りやメロン狩り、キャベツ狩りも楽しめ、例年1ヶ月先まで予約が殺到するそうです。ひまわりは1人5本まで摘んで持ち帰ることができ、お家に帰ってから花瓶に飾れます。


花ひろば周辺の畑で収穫された旬の野菜が、お値打ち価格で販売されています。大根やキャベツもほとんどが110円です。


もちろん夏のすいかやトウモロコシも人気商品です。


ここでしか手に入らない貴重な蜂蜜も大人気で、採取できる時期が限られるため、夏までの期間限定商品です。


観光農園花ひろばの施設概要は以下の通りです。


◆■施設概要

場所:観光農園 花ひろば(愛知県知多郡南知多町大字豊丘字高見台48)
開園期間:1月4日~12月31日(天候によりお休みの場合あり)
休園日:1月1日~3日
開園時間:8:00~17:00
入園料:大人650円(中学生以上)、小学生300円(未就学児は無料)


動画「南知多 夏 観光農園花ひろば」


<問い合わせ先>
観光農園花ひろば TEL 0569-65-2432



【南知多のひまわり畑の見頃・開花状況予想2017!】

例年の南知多のひまわり畑のひまわりの見頃時期は6月下旬から11月下旬です。


下記の2016年の開花情報を参考にして下さいね?また、観光農園 花ひろば公式HPまたはツイッターでひまわりの開花情報が紹介されますので、後日チェックしてみて下さい。


◆■開花状況(2016年観光農園 花ひろば公式ツイッター情報より)

6月18日 一部の場所で開花が始まる
6月21日 一部の場所で花摘み開始


観光農園 花ひろばでは場所を変えて12回種まきを行うので、見ごろの6月下旬から11月下旬まで累計280万本ものひまわりが順番に花をつけていきます。


観光農園 花ひろば公式サイト:



【南知多へのアクセス/駐車場・混雑予想は?】

観光農園 花ひろばの最寄の駅は、名古屋鉄道の「河和駅」です。そこからコミュニティーバスに乗り換えになります。


「観光農園 花ひろば」に行くには、車がおすすめで100台収容可能な無料駐車場があります。花ひろば前と臨時駐車場も用意されていますが、夏場は多少待ち時間があるかもしれません。


アクセスは
公共機関利用の場合:名古屋鉄道「河和駅」で下車し、海っこバス「プラスティック工業団地前」バス停下車徒歩15分 時刻や料金は「観光農園花ひろば公式HP」のアクセス情報を参考にして下さい。


マイカー利用の場合:南知多道路「豊丘IC」下車し、約5分 名古屋から約60分です。


【ひまわり鑑賞の注意点とは?】

ひまわり観賞のポイントは、


1. 事前に公式サイトなどで、開花情報を調べましょう!


2. わんちゃんとの同伴はOKです。


3. 花つみができる畑でひまわりを持ち帰るときは、ハサミなどは現地で用意されている場合が多いので、ひまわりの切り口を水で濡らしたティッシュでくるみ、その上からアルミホイルや新聞紙などを包むため、用意しておくと便利です。


4. ひまわり畑にはほとんど日陰がありませんので、帽子、日傘を持参するなど暑さ対策をしっかりしてお出かけ下さい。


5. 雨でもひまわりは鑑賞できますが、土の散策路がぬかるんでいて滑りやすいので、注意して下さい。


6. ひまわりと一緒にコスプレ写真を撮る場合は、他のお客様に迷惑にならないようにして下さい。


7. 車椅子用の設備は整っていませんが、補佐する人がいれば、整備された道路からお花を鑑賞することができます。


【最後に】

「南知多のひまわり見頃・開花予想」のまとめはいかがでしたか?観光農園花ひろばの人気の秘密は、見ごろ期間中はいつ行っても満開のひまわりが見られることですね?


今回ご紹介したのは、


1 観光農園花ひろばの最寄駅は、「河和駅」


2 観光農園花ひろばのひまわりは毎年6月下旬から11月下旬が見頃


3 規模は50~70aの広さで14万本のひまわりが咲き、12回場所を変えてひまわりが見頃になる


4 公共交通機関より、車での移動が便利


などをご紹介しました。夏は花火大会などイベントが盛り沢山ですが、今年は夏の花、常春の南知多にひまわりを見に出かけてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です