保育園児向け!どんぐり製作アイデア3選!2020年どんぐり拾いに行こう!

どんぐり拾い

子供たちでにぎわった公園も夏休みが終わって、あっという間に陽射しが柔らかく感じる秋の装いに変わってきます。

木々の色がちょっと黄色みを帯び始め、散歩の途中に「あれっ?」足下で何か踏んだような……!?

落ち葉をそっと避けてみると~(^▽^)『どんぐり』発見!!

嬉しくなってしまう瞬間ですよね。

一緒に見つけた『どんぐり』を使って、こどもたちと一緒にたのしんじゃいませんか!?

保育園児の場合、0歳から未就学児までなので、興味のあることも、出来ることにも差があります。

3歳ぐらいからは自分で何かを作ることができるので、音の鳴るおもちゃなど、下のこどもたちが喜ぶようなものを作ってあげると一緒に楽しめて良いですねっ♪

どんぐりの季節がやってきた!どんぐりって種なの?実なの?

『どんぐり』はブナ科の木の実を総称したもので、実は栗も『どんぐり』のひとつ!

丸くてコロンとした大きなどんぐりは「クヌギ」の実

もっともポピュラーなうろこ状の帽子をちょこんと乗せているスマートなどんぐりは「コナラ」の実

日本には自生するブナ科の樹木は22種類あるので、色々な『どんぐり』を見つけて見ましょう。

どんぐりの保存方法って?

せっかく楽しんで拾ってきた『どんぐり』もそのままにしていると、ギャッ!

しろ~い芋虫みたいなゾウムシなどの幼虫がどんぐりに穴を開けてにゅるっと出てくることになってしまいますよ!?

ただし、どんぐりの中にいるゾウムシなどの幼虫は、人には害を与えるものでは無いのでご安心ください。

とは言え、出てこられると穴が開いちゃいますし、何よりちょっとグロテスクかな…やっぱりきれいに保存したいですよね!

まずは、
・すでに穴が開いている
・ひびが入っている
・芽が出ている

こういったどんぐりは除いてしまいましょう

それから、表面を軽く水洗いするのですが、そのとき水に浮くどんぐりは中で虫喰いしているものなので、それも取り除いてしまってください。

鍋で煮沸して、しっかり乾燥させるのが1番良いとされていますが、煮沸時間が長いと皮が破れたり、逆に短いともし中に虫がいたときには茹で殺すことができません。

拾ってきたどんぐりは大きさも様々なので、ちょっと私的には面倒くさいと思っています。

そこで、他に保存方法はないかと思って調べてみました。

ありました、ありました(^_^)v

冷凍庫に1週間くらい入れて、そのあと広げて2.3日直射日光の当たらないところでしっかり乾燥させるのだそうです。

この方法が1番ラクで、虫も出なくて良いかな~って感じています。

「どんぐりから虫が出てきた(゚Д゚)」

拾ったどんぐりで製作しよう! その1:ペットボトルでどんぐりマラカス

ペットボトルにどんぐりを少量入れて、振るだけでカラカラといい音が鳴りますよね♪

ペットボトルに、油性マジックやポスターカラーマーカーでペイントしたり、かわいいシールを貼っちゃうなどでして飾り付けちゃいましょう。

一気にかわいいおもちゃに変身します。

こどもがペットボトルを開けてどんぐりを口にすることがないよう、フタはテープでしっかり固定してね!

これなら、あっという間にできちゃうし、小さな子たちもきっと喜んでくれると思いますよ♪

【子どもと楽しむ手作りおもちゃ】ペットボトルのマラカス/子どもがおかあさんといっしょに創作意欲や創造性を高める手作りおもちゃ工作動画

(出典:きっずちゅうぶ)

ビーズ「どんぐり」に変更しちゃいましょう!

拾ったどんぐりで製作しよう! その2:6Pチーズの空き箱でどんぐりマラカス

入れ物をペットボトルから6Pチーズの丸い箱に変更。

どんぐりを入れて、フタをしてテープで止めるだけです。

カンタンに丸型のマラカスが完成

こちらも裏表に絵を描いたり、どんぐりの形に切った色画用紙を貼れば、オリジナルのかわいいマラカスに大変身!!

さ~ 振って振って!!
「どんぐりコロコロ♪ どんぶりこぉ~♬」

拾ったどんぐりで製作しよう! その3:どんぐりボーリング

これは、な~んにも作る必要ありません!(笑)

拾ってきたどんぐりをいくつか立てて並べて、少し手前から、別のどんぐりを転がし
並べたどんぐりを倒すゲームです。

距離を変えてハンデをつければ、年齢差があったって遊べますね(^O^)v

まとめ

どんぐりの種類によって音が違うので、いろんな種類どんぐりを集めて、同じおもちゃでも楽しめますね。

『どんぐり』は、9月下旬から「クヌギ」が落とし始め、いろんな種類のどんぐりの実が、順を追いながら11月下旬ごろまで拾うことができます。

2ケ月くらいは、『どんぐり』拾いが存分に楽しめますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました