美瑛・中富良野のラベンダー見頃2019!おすすめドライブ・観光ルートは?

スポンサーリンク
6月のお祭り
スポンサーリンク

北海道観光でも人気エリアである「美瑛・中富良野」エリアは、映画やドラマのロケ地としても有名です。

このエリアは、のんびりと楽しめる観光スポットが盛り沢山です。

夏の時期はラベンダーだけでなく、ポピーやルピナスなど色鮮やかな花が咲き、緑も青々としています。そんな「美瑛・中富良野」はとてもドライブ旅行に適しています。

今回は夏の時期におすすめの美瑛から富良野へのドライブ・観光ルートをご紹介します。

スポンサーリンク

美瑛から富良野へのドライブでラベンダーを見に行こう!見頃は?

富良野のラベンダーは品種により見ごろの時期が変わり、早咲きは6月下旬から開花します。

富良野市内でいちばん作付面積が広い「おかむらさき」は、7月中旬頃が見頃の最盛期を迎えます。

遅咲きは8月上旬まで楽しめますが、8月に入ると株の保存のために畑によっては、刈り取りが始まります。

富良野のラベンダーは、早咲きと遅咲きのラベンダーがあるため、見頃が2回あります。

早咲きラベンダー:6月中旬から咲き始め、7月上旬頃満開になります。
遅咲きラベンダー:7月上旬から咲き始め、7月中旬と7月下旬の間に満開になります。

富良野はなぜラベンダーが有名?

北海道の富良野地区で栽培されるラベンダーは、もとはフランス南部原産の「トゥルーラベンダー」という品種だそうです。

日本の天然香料の草分け的な存在の曽田政治氏が「ラベンダーを日本で栽培したい」と考え、フランスからラベンダーの種を持ち帰り、日本でラベンダー栽培をしました。

その後、日本で初めてラベンダーオイル抽出に成功したそうです。

それから紆余曲折を経て、富良野市がラベンダー栽培などに補助金を出し始め、富良野市は市をあげてラベンダー栽培が盛んになりました。

そして、ラベンダーと言えば富良野というイメージが定着してきました。

2018年 富良野「町営ラベンダー園」開花状況♪

6/21 早咲きのラベンダーの色が、うっすら紫がかってきたようです。
6/27 ラベンダーの早咲きが、色づき始めました。
7/10 早咲きラベンダーは見ごろを迎えています。
7/12 ワインハウスのラベンダーは、見ごろを迎えています。
7/26 ラベンダーは、刈取りの始まっている箇所もあります。遅咲きは、これから見ごろを迎えます。
7/31 ラベンダーのピークも少しずつ過ぎつつあります。これから、刈取りが始まる時期となります。
8/3 ラベンダーの本格的な時期は、ほぼ終了しました。

富良野環境協会公式サイト「ラベンダー開花情報」を参考にして下さい。

美瑛から富良野への人気のドライブコースは?

外せないドライブコースは国道237号線ですが、両サイドすべてが観光地のようなものです。

この国道237号線を軸にして、1本脇道に入るだけで名前がついていない丘や、各所に点在する名前のついている木や路をのびのびと走るドライブがオススメです。

また、面白いことに、北美瑛駅を中心に航空地図で見てみると、緑の丘と畑の緑のグランデ―ションがパッチワークのように鮮やかなのです。

美瑛ってこんな街なのだと良くわかります。

オススメコース1:美しい丘陵地帯や牧場、神秘的な池を巡るドライブ!

美瑛パッチワークの路(畑が色とりどりに見えるので「パッチワークの路」と呼ばれている丘陵地帯です。

周辺には「セブンスターの木」「マイルドセブンの丘」、自動車のCMに採用された「ケンとメリーの木」など、名前の付いた木がたくさんあります)

↓ 約20分

新栄の丘、四季彩の丘、拓真館(美瑛が一望できるビュースポットや7haの花畑、写真家前田真三さんのギャラリーなどがあります)

↓ 約30分

ファームズ千代田(美しい自然の風景で絵本の世界にいるような牧場です。ポニーなどの動物のえさやりなどが体験できます)

↓ 約30分

青い池(「ビエイブルー」と呼ばれている神秘的な青い池です。スティーブ・ジョブズ時代のMACの壁紙に、採用された事で有名です。金、土、日曜の午後は渋滞します。)

↓ 約30分

白金温泉(「北海道自然100選」の白樺街道を抜けた先にある白金温泉。コバルトブルーの美瑛川や「白ひげの滝」も見られます)

オススメコース2:「富田ファーム」と「フラノマルシェ」を巡るドライブ!

かんのファーム(美瑛から国道237号線で上富良野に入る途中の「美馬牛峠
にある花畑です)

↓ 約38分

フラノマルシェ(富良野の食の魅力が発見できる施設。農産物直売所や焼き立てパン、スイーツが並ぶカフェがあり、富良野のお土産が揃う物産センターもあります)

↓ 約17分

ファーム富田(15haの広さを誇るラベンダー畑。見所が豊富なので、是非時間をとってゆっくり回ってみて下さい。ラベンダーソフトクリームも美味です)

↓ 約6分

ニングルテラス(新富良野プリンスホテルの敷地内にある15棟のログハウスで、様々な作家の作品を展示、販売しています。倉本さんの「北の国から」や「優しい時間」に出たショップや喫茶店もあります)

オススメコース3:ドラマ「北の国から」ロケ地巡りドライブ!

テレビドラマ『北の国から』の舞台となった富良野で、ロケ地巡りの旅です!

・「北の国から」資料館 (撮影で使われた衣装や、倉本聰さん直筆の原稿、ドラマのセットなどが展示されています)

↓ 約30分

拾って来た家―やがて町(「北の国から(2002遺言)」で、五郎が廃材を集めて建てた家。「純と結の家」や「正彦とすみえの家」もあります。)

↓ 約5分

麓郷の森(ロケの中心地で、黒板家が最も長く住んだ小さな家があります。ロケ地見学のお問い合わせは、ふらの観光協会(0167-23-3388))

↓ 約5分

五郎の石の家(黒板家5番目の家。「最初の家」の復元もされています)

↓ 約30分

ふらのワイン工場(富良野市運営のワイナリー。製造工程の見学や試飲、購入が出来ます)

ドライブはレンタカーで!どこで借りられる?ガソリンスタンドは?

レンタカーは当日または前日レンタルでは、空きがあれば借りることは出来ますが、特に連休などは富良野、美瑛の営業所は既に満車の可能性が高いです、事前に予約をしてからお出かけください。

また、予約がいっぱいだった時は、旭川市内や旭川空港のレンタルを利用しましょう。観光協会のサイトやタウンワークも参考にしてみて下さい。

美瑛・富良野のレンタカー予約

<美瑛>
・駅レンタカー美瑛営業所(上川郡美瑛町本町1丁目(美瑛駅内) 予約センター TEL 011-742-8211) 受付時間 9:00 ~ 17:00

・アトムレンタカー(北海道上川郡美瑛町北町2丁目6−6 TEL 0166-92-3315)
受付時間 アクセス 美瑛駅より徒歩約16分(国道237号沿い)

<富良野>
・トヨタレンタカー富良野店(富良野市日の出町2-15 TEL 0167-23-2100)
受付時間 08:00~20:00 アクセス J富良野駅より駅前通りを左方向へ徒歩約3分

・駅レンタカー富良野駅営業所(北海道富良野市日の出町1-30 予約センター TEL 011-742-8211)受付時間 9:00~18:00アクセス 富良野駅出口から徒歩約0分

ドライブコースの国道237号線沿いのガソリンスタンド

<美瑛>
・エネオス 北海道上川郡美瑛町扇町1 TEL 0166-92-2579
・昭和シェル 北海道上川郡美瑛町北町3-363-14 TEL 0166-92-7050
・モービル石油 北海道上川郡美瑛町大町2-2-37 TEL 0166-92-1905
・美瑛大町セルフSS 北海道上川郡美瑛町大町2-6-26 TEL 0166-92-0021

<富良野>
・エネオス 北海道富良野市花園町2-6 TEL 0167-23-1178
・出光興産 北海道富良野市朝日町16-10 TEL 0167-22-3178
・モービル石油 北海道富良野市末広町11-16 TEL 0167-22-8911
・昭和シェル 北海道富良野市若葉町10-3 TEL 0167-22-3505

なかふらのラベンダーまつりの時期に観光したい!

美瑛から国道237号線を南下すると、富良野に行けます。1日かけて美瑛と富良野を楽しむのもオススメです。

富良野では7月に「なかふらのラベンダーまつり」があり、近くには「ファーム富田」や「北の国からゆかり」の施設なども充実していますので、合わせて観光すると効率よく周ることができます。

なかふらのラベンダーまつり2019!見頃・みどころまとめ!ファーム富田とは?
北海道の「中富良野町」は北海道のほぼ中央の富良野地区に位置します。 「富良野」と聞くとラベンダー?と連想される人が多いと思いますが、もちろん中富良野町にも綺麗なラベンダー畑がたくさんあり、毎年7月には町営ラベンダー園でラベンダー祭りと花火が行われ、たくさんの見物客で賑わいます。 そこで今回はなかふらのラベンダーまつり2019!の情報を調べている方へ、見頃情報や見どころをまとめてみました。 なお、「ふらの観光協会公式サイト」では、「中富良野」はひらがな表記なため、以下「なかふらのラベンダーまつり」とさせていただきます。 なかふらのラベンダーまつり2019の日程・概要は? 日程・概要

第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会概要

開催日時:2019年7月13日(土)  11:30~20:45

花火大会は20:00開始です。

※悪天候場合は、花火大会が翌日に延期されます

概要

「なかふらのラベンダーまつり」は毎年7月に開催されます。

例年約1万人が訪れる富良野を代表する花火大会のひとつとしても人気です。

当日は打ち上げ花火を、ラベンダー畑や丘の上からも見物できます。

また当日はイベントもあり、露店も出店されます。

個性豊かな地元のイベントです。

場所

・町営ラベンダー園(北海道空知郡中富良野町宮町1-14)

中富良野駅から徒歩で15分 ※中富良野駅の裏にあるラベンダー園

来場人数

1万3,000人

駐車場

臨時駐車場は中富良野町役場裏( 50台無料)
当日、お祭り会場に駐車場はありません。(開催場所の町営ラベンダー園となかふらのフラワーパーの駐車場は利用できません)

混雑状況

当日は会場周辺で交通規制があります。

道路も渋滞しますので、電車の利用をオススメします。

特にラベンダー見頃時期の土日は物凄く混んでいます。

見どころは?

町営ラベンダー園では、6月下旬から8月中旬に、全長333mの観光リフトが運行します。

リフトで空中散歩をしながら、紫一面のラベンダー畑が眺められます。(往復300円)

花火は紫色のラベンダー花火、スターマインなどが見どころで、ラベンダー畑との競演はとても幻想的です。また、キャラクターショーなど、さまざまなイベントも行われる予定です。

動画「中富良野町営ラベンダー園(リフトから)

中富良野町営ラベンダー園(リフトから)

問い合わせ なかふらのラベンダーまつり実行委員会事務局 (TEL 0167-39-3033)

最後に

「美瑛・中富良野のラベンダー見頃2019!おすすめドライブ・観光ルート」のまとめはいかがでしたか?

北海道観光の人気エリア「美瑛・富良野」は見どころが満載ですね。

観光するにはやはりドライブがオススメです!ご紹介したスポットに是非足を運んで、夏の北海道を満喫してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました