自転車通勤にレインコート!メンズおすすめ3選!おしゃれ・コスパがいい!

スポンサーリンク


自転車通勤・通学をする男性には、レインコートは必需品ですよね。鞄に、頭など雨から守らなければならないものは多いですが、自転車の場合は普通の徒歩での通勤と違って足も濡れがちですよね。


なので、やはり自転車用の機能性に優れたレインコートがほしいものですよね。もちろん、値段もデザインも重要です。今回は、おすすめのレインコートをいくつかご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

自転車レインコート!メンズおすすめ3選!1:ロゴスのレインウェア


上下に分かれているレインウェアです。色がブルー、マンゴーイエロー、チャコールで、どの色も2色使いでデザインはとってもおしゃれです。


このレインウェアの一番の売りは、通気性です。自転車通勤でレインコートを着ていると、ワイシャツが汗でびしょびしょになるという方も多いのではないでしょうか?スーツを汗臭くしたくない人には、雨の日の自転車通勤は憂鬱ですよね。


万全の蒸れ対策で大雨でも安心!

このレインコートなら、蒸れにくいので安心ですよ。生地に透湿性に優れたものを使用しており、ウェア背面に着いた換気用ワッペンからも蒸れを強制的に排出してくれるから、効果抜群なんだそうです。さらに、雨の侵入を防ぐ工夫も豊富になされているので、大雨でも安心です。


袖、裾、フードが搾れるのはもちろんのこと、水が入り込みやすいチャックにもカバーが付いており、雨を完全にブロックできます。レインウェアの縫い目にも内側から防水テープが張られているので、安心です。ポケットにはマジックテープがついており、雨の中でも使用可能です。


使わない時は専用の袋に入れれば、コンパクトに持ち運びできますよ。全面と背面に再帰反射プリントが施されているから、夜道での自転車走行でも車のライトに反射してくれるから安全です。フードは取り外しはできませんが、襟の中に格納できる仕様になっていますよ。丸洗いはできないので、濡れた布で拭いて手入れしてくださいね。


値段は、5,832円と機能性から見ると、とってもリーズナブルですよ。防水性と通気性に優れたこのレインウェアは、自転車通勤・通学の男性におすすめです!


ロゴス LOGOS トレッキング レインウェア



自転車レインコート!メンズおすすめ3選!2:ロゴスのロングレインコート


こちらもロゴスのレインコートです。上下タイプのレインウェアはしっかりと防水できますが、やはり着たり、脱いだりするのが面倒ですよね。そんな人におすすめなのが、レインコートタイプです。


機能性に重点を置いているので、あまりファッショナブルではありませんが、変に派手で目立つデザインではないので、男性の通勤や通学におすすめだと思います。色は単色の黒と白のみです。


脱ぎ着が楽なのに裾が長くて足元は完全防備!

このレインコートの一番のポイントは普通のものより、裾が長いことです。長靴を履いて切れば、ほとんど体が隠れてしまうでしょう。この長い裾のおかげで、自転車にまたがっても、足を濡らす心配がありません。


また、またがった際にできる股の間の隙間にも、大きな三角マチを広げることができるので、雨から足を完全防備できるんです。三角マチはチャックでの着脱が可能なので、歩く際にはチャックを外して収納することも可能です。


メッシュ裏地なので蒸れにくいですし、袖やフード、腰元も搾れるので、雨がレインコートの中に入ることもありませんよ。ポケットは両サイドにあり、ボタン式になっています。


さらに、コートの前後に反射パイピングが施されているので、夜道でもレインコートの輪郭が浮かび上がるので安全です。値段は4,644円で、機能性の良さと長く使うことを考えれば、高くない買い物だと思います。


レインコート ロング 『 足元が濡れにくい!ロングレインコート』


レディースはこちら!



自転車レインコート!メンズおすすめ3選!3:タルテックスのレインパーカー


機能性も重要なんだけど、やっぱりかっこ悪いレインコートは着たくないという人におすすめなのが、このレインパーカーです。シルエットもかっこいいんですが、色や柄のデザインもかっこいいんです。色は赤、黒、ベージュ、グレー、迷彩があります。


値段は3,229円と機能性とデザイン性を考えると、かなりリーズナブルなパーカータイプのレインウェアです。同じ柄と色の収納袋は小さめなので、コンパクトに持ち運びできますよ。


リーズナブルなのにシルエットや機能性も抜群!

両サイドに着いたポケットはマジックテープ式です。裾も長めで、なおかつ広がっているので、自転車のかごにかぶせて足も守ることができると思います。パーカーの縫い目はテープで補強されているので、雨も浸透しにくいですよ。フードも搾れます。


背面肩にはリフレクター反射テープがあるので、夜道での自転車走行も安全です。ゆったりサイズを買うと、服の上から着てもとても快適に過ごせますよ。


★TULTEX★雨の日のアウトドアや野外フェスに!カラフルな総柄ZIPレインコート!


カッパ・レインコート、何が違う?傘をさしたらダメなの?

カッパとレインコートの違いって、ちょっと気になりますよね。そもそも違いはあるのでしょうか?
結論から言うと、違いはありません


現代では、合羽というと安価なビニール製のものや子供用の可愛い物をカッパと言って、大人のおしゃれでちょっと高めのコートタイプのものをレインコートと呼んでイメージに差をつけているにすぎません。


カッパの語源はポルトガル語!

そもそも、カッパって言葉には、漢字がありますよね。「合羽」と書きますが、これはポルトガル語の「capa」という言葉が語源で、外套を意味していたそうです。16世紀に日本に伝わって、日本人もcapaを重宝していたところ、厚手のため防水性も良く、雨具としても使用されていたそうです。明治時代になって、防寒具はマントと呼ばれるようになったために、カッパは雨具の呼び名として定着したんだそうです。


当て字である「合羽」は、カッパを着た時の姿が、鳥が両の翼を広げている姿に見えたからだそうです。レインコートという言葉は、ロンドン発祥と言われ、イギリスやアメリカとの交流が増えたことで、広まった言葉です。


自転車で傘さしは道路交通法違反

自転車での片手で傘さしは道路交通法違反となるのでNGです。ただ、最近、話題のハンドルなどに傘を取り付ける商品の使用は地域によるんだそうです。なので、違反が怖い場合はレインコートの使用をおすすめします。


自転車の傘、合羽、ポンチョ、雨具、レインコートの子育てグッズ



【最後に】


レインコート、レインパーカー、レインウェアといろんなタイプの雨具をご紹介しましたが、気に入ったものは見つかりましたか?通勤や通学時ですから、一番守りたいのは服ですよね。目的地に着いても、足元が濡れているようなことがあれば、テンションも下がります。デザインも重要ですが、やはり機能性で選ぶ方が良いかもしれません。ぜひ、自分に合ったアイテムを発掘してくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です