インフルエンザに4月でもかかる理由は?流行予測と花粉症と見分ける方法とは?

スポンサーリンク
健康・美容・ファッション
スポンサーリンク

「4月に風邪を引いたと思っていたら、インフルエンザだと診断された」

「職場の同僚が、こんな時期なのにインフルエンザにかかったと連絡してきた!」

などというように、4月以降にインフルエンザにかかってしまう、また身近にインフルエンザを発症する人がいて驚く……みたいなパターンがあります。

「インフルエンザは冬に流行するものだから、4月以降はかかることはない」
と思っている方も多いのですが実はそんなことはまったくなく、4月、また5月でもインフルエンザにかかる可能性はゼロではないのです。

4月以降に風邪を引いたけれどすごく症状が重いという方は、気をつけたほうが良いかもしれませんね。

インフルエンザかどうか、また見分け方などについても詳しくお話していきます!

スポンサーリンク

4月でもインフルエンザにかかる!そもそもインフルエンザって?

001

インフルエンザは11~3月頃に毎年流行し、その後は一気に収束していくかのように見えます。

インフルエンザとは「インフルエンザウイルス」によって引き起こされる急性感染症であり、流行性の感冒です。

小さい子どもやお年寄りがかかると重症化する可能性もある危険な病気で、インフルエンザによる死亡者は65歳以上のお年寄りの方がかなり多くなっています。

インフルエンザウイルスはA型、B型などよく言われますが、これはウイルスのタイプによる分類です。

冬によく流行するインフルエンザは「A型のソ連型、香港型」そして「B型」が多く、これもウイルスを詳細に分けたタイプのひとつです。

また記憶に残っている方もいらっしゃるかもしれませんが、2009年は「新型インフルエンザ」……今までになかったインフルエンザウイルスが世界的に流行し、日本でも5月頃から感染者が確認されていました。

どのタイプが流行するかというのは過去のデータを元に毎年発表され、それに合わせた予防接種が行われるようになっています。

とはいえ違うタイプのウイルスが存在しないというわけではなく、予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまう可能性が残ってしまうわけです。
(違うタイプの予防接種を受けたとしても意味がないわけではなく、軽症で済むという報告もあります)

インフルエンザが冬に流行する理由は、「冬の環境がウイルスにとって過ごしやすい」ということが関係しています。

冬場は寒いため換気をあまり行わない場合が多く、一人が持ち込んだウイルスがきっかけになり屋内で蔓延しやすい環境にあります。

また寒さで呼吸器官の抵抗力が下がるため、ウイルスを免疫力で撃退出来ないことも増えます。

そしてインフルエンザウイルスは低温・低湿度の環境を好みますので、ウイルスが存在する時間がどうしても長くなってしまうのです。

加湿が風邪やインフルエンザの予防・対策になるというのは、こういった理由からなんですね。

インフルエンザA型の症状

4月・5月に実はインフルエンザになる人が急増。その理由とは?

002

先程お話した理由によりインフルエンザは冬に流行しやすいのですが、どの理由もまた、逆に言うと「冬にしかかからない」という根拠にはなりません。

4月以降にインフルエンザにかかってしまう理由はたくさんありますが、大きく分けて3つになります。

4月・5月にインフルエンザにかかる理由1:季節の変わり目

4月になると気温は上がりますが朝晩はまだまだ冷え込む時期で、場合によっては分厚い上着が欲しいタイミングもありますね。

逆に日中は気温が上がり、汗ばむような陽気になることもあります。

こういった季節の変わり目に風邪を引きやすいということは有名でご存知の方も多いと思いますが、その理由は「外気温の変化に身体が追いつかず、体温調節がうまくいかなかったり自律神経が乱れてしまう可能性がある」というところにあります。

身体は外気温の変化に対応しようとすでに頑張っている状態ですので、どうしてもそれを優先してしまい免疫力が低下します。

そしてこの時期インフルエンザウイルスは減ってはいるものの、決して突然なくなったりはしていません。

免疫力が低下したところを狙ってウイルスが潜伏してしまうと、もちろん発症の危険が生まれてしまうのです。

4月・5月にインフルエンザにかかる理由2:環境の変化

4月といえば変わり目の月、仕事や学校など周囲の環境が大きく代わる時期です。

新学期、初めての職場、また職場の移動による新しい環境などなど人によって様々ですが、大きな変化がある方が多くなる時期ですよね。

最初は良いのですが4月の後半、特にゴールデンウィーク明けになるとこの変化にも慣れ、また疲れが溜まってくる方も多くなります。

5月は「5月病」言われる、気分が沈む症状も有名ですね。

これも「疲れ」などの同じ理由によって起こり、その結果免疫力が低下しているところをインフルエンザウイルスに感染してしまう可能性があるのです。

こういった状況を考えると、ゴールデンウィーク開けは特に、インフルエンザウイルスが近くにある可能性が高い時期とも言えます。

4月・5月にインフルエンザにかかる理由3:油断

「油断」といってしまうと身も蓋もないですが、やはりインフルエンザというと冬にかかるものと思っている方が大半です。

それまではインフルエンザの予防や対策を考えていた方も、4月以降まで対策を続けているという方はあまりいなくなりますよね。

しかし先程お話した通り、この季節は免疫力が低下しインフルエンザウイルスにかかりやすい時期でもあります。

またゴールデンウィークはお出かけを考えている方も多く、人の多い混み合う場所へ行き、飛沫感染、接触感染でうつる可能性があるインフルエンザウイルスをもらってきてしまうのです。

インフルエンザの予防というと手洗いやうがい、マスクなどがありますが、春先になるとどうしても油断が生まれます。

花粉症の方は違う理由でマスクをつける可能性も出てきますので、そういった意味では逆に予防にもなっているかもしれませんね。

春にインフルエンザにかかったから症状が軽い、または重いといったことはなく、症状の重さは冬と何も変わりません。

もちろん治し方も変わらず同じですので、インフルエンザかもしれないと思われたら出来るだけ早く病院に行くことが大切です。

インフルエンザ・風邪・花粉症の見分け方とは?

003

インフルエンザと風邪、花粉症は同じような症状が多く、自分では判断することが出来ないことが多いですね。

どの場合にも多い症状として「鼻や喉の痛みやくしゃみ、頭痛、倦怠感、発熱」などがあります。

しかし花粉症の場合は微熱以上に発熱することはほとんどなく、38.5℃以上の高熱が出ている場合はインフルエンザの可能性を疑ったほうが良いでしょう。

風邪の場合は高熱になることもありえますが、そこまで高熱が出るような風邪の場合はやはり病院に行くことをおすすめするので熱だけで判断しても良いと思います。

他に区別できる症状としては、インフルエンザの場合「関節痛、身体の節々が痛む」という症状がよく起こります。

吐き気や嘔吐、腹痛などの症状も花粉症で起こることはなく、これらの症状が出ている場合はインフルエンザを疑ったほうが良いと思います。

とはいえインフルエンザでも高熱が出ない場合もあり、自己判断だけでは安心しきれません。

やはり一度病院へ行き、医者にしっかり診察してもらってくださいね。

インフルエンザにかかってしまったら・・・

004

インフルエンザにかかってしまった場合、春だからといって冬と違う治し方などはありません。

処方されたインフルエンザの薬をしっかり飲み、6時間以上の睡眠、そして無理して食べなくとも良いので水分はきちんと摂るようしましょう。

熱は2~3日で引きますがインフルエンザだと診断された場合、解熱後2~3日は自宅でしっかり安静、そして休養を取る必要があります。

インフルエンザをしっかり治すため、そして二次感染を予防するためにもここはしっかり医師の言うことに従いましょう。

職場や学校にはインフルエンザであることを伝え、もし休む期間が定められている場合はこちらにも従います。

春にインフルエンザにかかった場合、「重い風邪か」と思い込んでしまって二次感染を招くこともあります。

重い風邪の場合はやはり病院で診察してもらったほうが良いので、無理をして自力で治そうとせず必ず病院に行くようにしてください。

またお出かけの際もインフルエンザウイルスがなくなっているわけではないことを忘れないように、手洗いやうがい、人混みに行く場合はマスクを着用するなど、予防しておくことも大切です。

まとめ

4月になってもインフルエンザにかかる可能性があると考えて行動している方は多くなく、どうしても油断してしまいがちです。

しかし寒暖差も激しいこの季節はインフルエンザにかかりやすくなっているとも言えますので、やはり数が減ったからといって油断してはいけないのですね。

また免疫力が低下することにより感染・発症してしまうものですから、免疫力を高めておくことももちろん大切です。

具体的には規則正しい生活、バランスの良い食生活、適切な睡眠時間などになりますね。

春は気分の浮き沈みも激しくなる方が多く、どうしても自律神経なども乱れがちです。
無理をせずしっかり休み、インフルエンザウイルスに負けない身体を作っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました