尾張津島藤まつり2017!見頃・開花状況予報!ライトアップなど見どころまとめ!

スポンサーリンク

001 愛知県津島市は昔から「藤浪の里」と呼ばれ、藤の名所で知られています。その津島市の天王川公園には「天下一と呼ばれる藤棚」があり、平成19年には「日本の歴史公園100選」に選ばれました。そこで毎年4月下旬から5月上旬に行われる「尾張津島藤まつり」が大人気なのです!


そこで今回は「尾張津島藤まつり」情報や藤の開花予想などを探している方へ、見所や駐車場情報などをまとめてみました。


スポンサーリンク

【天下一の藤棚!津島の藤まつり2017の概要は?】

津島の藤まつりでは幅12~30m、全長は275mで5,000米という国内有数の広さ・規模を誇る「天下一の藤棚」と呼ばれる藤棚が見られます!
平成29年の詳細は未定ですので、平成28年に開催された「第30回 尾張津島藤まつり
の詳細を参考までにご紹介します!


■平成28年尾張津島 藤まつり情報♪

・開催日程:平成28年4月21日(木)~5月5日(木) 会場:天王川公園(愛知県津島市 宮川町1丁目)
・来場者数:約25万人
・アクセス:名鉄津島駅から徒歩約15分。弥富ICより車で約15分。尾西ICより約35分。
駐車場事情のストレスがない電車での来園がオススメです!津島駅から津島市巡回バス”ふれあいバス”で老人福祉センター下車(運賃は100円)。ただし日曜日は運休ですのでご注意下さい!


・駐車場情報:天王川公園・臨時駐車場(4か所)8:30~17:00(17:00以降駐車可)料金1,000円(まつり会場で使える300円クーポン付 ライトアップ時駐車料金は無料)
※天王川公園内の駐車場は待ち時間1時間超という混み具合ですので、下記の土日祝日限定の臨時駐車場(園から徒歩15~20分)がオススメです。ライトアップをゆっくり見たいという方は、駐車場の時間にも注意して下さいね!
津島市立西小学校、津島市立南小学校、保健福祉センター:全て9:00~17:00(閉鎖18:00)(駐車料500円)


期間中、公園内では様々なイベントがあり、「津島・まちあそび」と題したイベントも市内の数カ所で開催されます。フリーマーケット、落語会、屋台、コンサートなどもあります。また、広い芝生広場があり、お子さんとボール遊びもできますよ!お子さんと言えば、5月5日の子供の日には先着800名で参加無料のスタンプラリーがオススメです!完走したら完走賞がもらえるそうです。


おまつり会場にはたくさんの屋台が出ています。地元の特産品やお弁当なども売られていますので、園内での食事にも困りません。出店の脇には遊覧船乗り場があります。(約30分間700円。)


動画「藤まつり(天王公園平成28年)



【津島の藤まつり2017!見頃・開花状況予想!】

お天気にも左右される開花ですが、2016年の状況で見てみましょう!

002

■藤の開花予測

藤の見頃は4月下旬(25日過ぎ)~5月初旬です。メインの「九尺藤」は2016年は4月28日頃が見頃でした!早咲きの藤は2016年は4月15日当たりから咲き始めたようです。
津島市観光協会のfacebookで開花状況をチェックできますよ!


天王川公園藤の開花情報(津島市観光協会のfacebook)

津島市観光協会 0567-28-8051(期間中は臨時ダイヤルへ)
003

【津島の藤まつり2017!見どころ3選!】

津島の藤まつりでの見所を3つご紹介します!

1.メインは「天下一の藤棚」

津島市は「藤浪の里」といわれたほどの藤の名所で、尾張津島藤まつりでは、幅12~30m、全長は275mで5,000米という国内有数の広さ・規模を誇る「天下一の藤棚」と呼ばれる藤棚が見られます。12種類114本もの色、形も様々な藤が咲き乱れています。


夜間はライトアップ(午後6~9時)され、房の長さが2mにもなるといわれる「九尺藤」が波のようにそよぐ姿がとても優雅です!


2.尾張津島藤まつりで見られる12種類の藤(色別)

〈濃い紫色〉
1キュウシャクフジ ②ノダフジ ③ムラサキカピタンフジ
〈濃い藤紫色〉
④ノダナガフジ ⑤コクリュウフジ
〈紫色〉
6ムラサキフジ
〈薄い紫〉
7ロクシャクフジ
〈薄紅色〉
8ウスベニフジ
〈濃い紅紫色〉
9ヤエコクリュウフジ
〈朱鷺色から白色〉
⑩アケボノフジ
〈白色〉
11シロノダフジ ⑫シロカピタンフジ


3.屋台や山車

津島の山車は秋祭りで有名ですが、春の藤まつりでも車楽船 (だんじりぶね) の屋台・能人形などを間近で見ることができます。能人形の豪華けんらんな衣装は必見です!イメージキャラクターのふじかちゃんも待ってます!


【藤まつりに行く前に知っておきたい「藤」の知識!】

「藤」の花は、日本最古の歴史書「古事記」の時代から鑑賞されている歴史のある花です。日本の藤は「ノダフジ」と「ヤマフジ」の2種類で、花房の長さとつるの巻き方が違います。一般的に日本で藤の花と呼ばれているのは「ノダフジ」という品種です。


ノダフジは、花房の長さが長く、つるは右巻き
種類:「九尺藤」「白野田藤」「曙藤」「八重黒龍藤」
ヤマフジは、花房の長さが短く、つるは左巻き
種類:「紫花美短藤」「白花美短藤」などです。名前に「短」が入っているのがヤマフジなのでしょうか?ひとつひとつ確認して見て回るのも楽しそうですね?


花の色は青紫、紫、ピンク、白があります。また、藤の花はよく公園で藤棚として見られますが、自宅でもちゃんと管理すれば育てることができます。自宅に藤棚も夢ではないです!(参考 藤の育て方
ちなみに藤の花言葉は「優しさ」「決して離れない」「恋に酔う」の3つで、「4月5日」と「5月31日」の誕生花のようです。素敵ですね?


■尾張津島藤まつり以外の藤の名所5選

1牛島の藤花園

[埼玉県春日部市牛島786]TEL048-752-2012 藤花園
江戸時代から粕壁のフジと呼ばれ、弘法大師が植えたといわれる推定樹齢1200年の老樹が見られます。
・東武野田線「藤の牛島駅」より徒歩10分 東北自動車道岩槻ICより約10分
・常磐自動車道柏ICより約20km(約30分)

2亀戸天神

[東京都江東区亀戸3丁目6番1号 TEL03-3681-0010]
東京都内の藤の名所です。新宿から約20分で行ける都心とは思えないほど落ち着いた空間です。東京スカイツリーと 藤のコラボレーションが見られます!
・総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分 総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車北口より徒歩15分 都バス亀戸天神前停留所下車すぐ

3白井大町藤公園

[兵庫県朝来市和田山町白井1008 TEL079-670-1636]
大町藤公園は、山陰随一の藤の名所と言われていて、藤棚の総延長が500mあります。しだれ桜で有名ですが、藤の夜間ライトアップが圧巻です。お仕事帰りでも見られますね?
・和田山ICより約10km ドライブインやくのより3.5㎞ 和田山ICより鯨峠経由約10㎞。

4白毫寺

[兵庫県丹波市市島町白毫寺709 TEL0795-85-0259]
花穂の長い藤で「白毫寺の九尺藤」が有名です。下まで咲くと、これまで最も長いもので180cmまで伸びます。ライトアップもあります。
・JR福知山線市島駅下車。タクシーで8分 舞鶴自動車道春日ICより福知山方面へ車10分。

5河内藤園

[福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48 TEL 093-652-0334]
海外で「世界の絶景TOP10」として紹介され、世界各国から多くの外国人のも大人気の観光スポットです。宣伝をしていないため、穴場です。
・北九州都市高速道路大谷ICから約20分 山路ICから約20分

004

【最後に】

尾張津島藤まつり2017の総まとめはいかがでしたか?毎年桜の時期があっという間に過ぎた後に、藤の花の見頃がやってきます!期間限定の藤の花を見に、ぜひ藤の名所「尾張津島藤まつり」へ足を運んでみて下さいね!お見逃しなく!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です