萩椿まつり2017!25000本の椿開花状況・見頃は?駐車場はあるの?

スポンサーリンク

山口県の萩市の笠山、ここでは25000本もの椿が見れる場所があるということをご存知でしょうか?
また「萩椿まつり」が椿の見頃に合わせて開催され、鮮やかな椿を鑑賞しながら様々なイベントを楽しむことも出来るのです。


地元の特産品の販売や出店はもちろん、有料ですが抹茶の席も用意されています。
まだ寒い季節ですが、美味しい抹茶をいただきながらゆっくり椿を愛でる……こんなことも出来る、ぜひオススメしたいイベントなのです!


そんな萩の椿まつりの詳細、また椿の見頃の時期やアクセス方法など、足を運ぶために必要な情報をまとめてご紹介します!


◎こちらの記事も読まれています!
・2月のお祭り・節分・バレンタイン・梅まつり特集!

スポンサーリンク

【萩椿まつり2017!日程は?祭りの歴史は?】

001

まず最初に、萩の椿まつりの日程などについてお話します。


開催日時:2017年2月11日(土・祝)から3月20日(月・祝)まで
場所:笠山椿群生林(越ケ浜)
連絡先:萩市観光課(0838-25-3139)
公式サイト:

  萩市観光協会「ぶらり萩あるき」
山口県・萩のみどころ、お食事処、陶芸品、祭り、季節の話題や宿などの情報を満載した公式ウェブ。交通情報や地域の便利リンク集などもある。


椿まつりの雰囲気・景色は、こちらの動画後半部分をご覧いただければと思います!


笠山の花:萩 椿まつり( ♪そっと おやすみ:オリジナル)


笠山は鬼門の方角に当たるということで、古くは樹木の伐採や鳥や獣の捕獲は禁止されていました。
そのため完全な原生林状態だったのですが、明治時代になってからようやくその禁が解かれて人の手が入るようになったのです。
たくさんの大木や雑木類が一気に使われるようになり、原生林の姿はすぐに消えてしまいました。


この状態から変化があったのは昭和40年以降のことで、萩市が雑木の伐採や道路の整備を積極的に行った結果、現在の椿林になったのです。
この椿林は平成14年8月1日に市指定の天然記念物に指定され、今もなお愛され続けています。


椿まつりの期間中の土日祝は地元の特産品や飲食物の販売、また椿の見どころを無料で案内してくれる無料ガイドサービスもあります。
また日曜祝日は郷土芸能の披露や音楽ライブ、そして抹茶の席が用意され、ゆっくりと椿を眺めながら楽しむことが出来るのです。


大きな混雑があったという情報は見かけませんし、行った方の口コミも「ガイドさんの案内で楽しめた」と、ゆっくり楽しめたという情報がほとんどです。
混雑はさほど気にすることなく、ゆっくりした時間を過ごせるのではないでしょうか!

【25000本の椿の見頃時期・開花状況/予想は?】

002

萩の椿の開花期間は長く、12月上旬から3月下旬頃まで長く楽しむことが出来ます。
特に見頃となるのは毎年2月中旬から3月下旬頃なので、遠くから見に行く方はぜひこの見頃時期を逃さないようにしてくださいね!


昨年は椿の開花が早く、11月の終わりには開花宣言がありました。
今年は急に寒くなったので早くはならないかもしれませんが、開花宣言が楽しみですね!


ちなみに萩市観光協会公式サイト「花ごよみ」では、随時開花の様子を伝えてくれています。
花はやっぱり出来るだけ近い情報がベストなので、椿まつりに行く前に一度チェックしておきましょう!

花ごよみ  萩市観光協会「ぶらり萩あるき」
山口県・萩のみどころ、お食事処、陶芸品、祭り、季節の話題や宿などの情報を満載した公式ウェブ。交通情報や地域の便利リンク集などもある。


萩の椿まつりは混雑情報もあまり聞きませんし、日曜の無料ガイドも受けられます。
比較的ゆっくりじっくり、椿を楽しめるのではないかと思います!


【萩椿まつりの楽しみといえば地元特産品と萩椿小町!】

003

萩の椿まつりの楽しみはたくさんありますが、特に週末の「地元特産品」と「萩椿小町」をオススメします!


地元の特産品はたくさんありますが、やっぱり海産物がオススメです。
焼きイカやサザエのつぼ焼きなど、ぜひ食べておきたい一品ですね!
また寒い季節なので、うどんなど温かい食べ物も食べてホカホカになっておきましょう。


その他としては地酒や地ビール、またもちろん椿も販売されています。
お好みに合わせて、ぜひお土産に買って帰ってくださいね。


着物を着た「萩椿小町」と一緒に写真が撮れるのも、椿まつりなではの嬉しいところです。
会場内のインフォメーション、そして写真撮影に応じてくれる彼女たちは土日祝の10:00~16:00に見かけることができます。
一緒に写真を撮れる場所は萩椿小町たちが案内してくれると思いますので、聞いてみてくださいね。


たくさんの椿があるので写真撮影をする場所、したい場所もたくさん出てくると思います。
萩の椿まつりといえば、やっぱり「椿の絨毯」を狙いたいですね!
たくさん椿が落ちて地面が赤くそまった状況は、鮮やかであり物悲しさも感じられる、ぜひ写真におさめておきたいところです!


【駐車場は?おすすめのアクセス方法は?】

004

会場に駐車場はあるのですが、土日祝のみ有料(300円)となっています。
過去は無料でしたので、「久しぶりに行ってみようか」という方はご注意くださいね。
平日は変わらず、無料で停めることができます。


また、無料のシャトルバスも運行されています。
越ケ浜市営駐車場から椿の群生林まで、平日は1日5便、土日祝は朝9時半から16時半まで随時運行となっています。
詳しくは公式サイト、もしくは萩市観光課までお問い合わせください。


自家用車で行く場合は、小郡萩道路絵堂ICから国道490号→県道32号→国道262号→県道32号経由、大体40分くらいかかります。
道が狭い場所もありますので、十分気をつけて向かってください。


公共交通機関で行く場合は、JR東萩駅からバスで13分「越ケ浜」で下車して、無料シャトルバスをご利用ください。


【まとめ】

椿は花がまるごと落ちるので、ひとつ落ちているだけでも目立ちますよね。
椿群生林でたくさんの花が落ちている姿は圧巻で、「椿の絨毯」はぜひ一度直接見ていただきたい魅力があります。


もちろん咲いている椿も見事ですし、椿まつりでは物産展やイベントも充実しています。
平日は人も少ないかもしれませんし駐車場も無料ですが、やはり盛り上がる週末を狙って遊びに行きたいところですね!


まだ寒い時期ではありますが、ぜひ一度ご自身の目で見ていただければと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です