京都壬生寺節分祭2020!狂言・出店・ぜんざい情報も!四方参りとは?

スポンサーリンク
2月のお祭り
スポンサーリンク

京都の節分祭として大人気なのが、壬生寺の壬生寺節分祭です。

狂言やぜんざい接待で人気があるんですよ。

「四方参り」の1つとして数えられる壬生寺ですから、ぜひ祭りの期間中に一度は足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

壬生寺節分祭2020!日程など概要は?

壬生寺(みぶでら)節分祭は、毎年2月2日~4日までの3日間で開催されます。

開催日:2020年2月2日(日)・2月3日(月)・2月4日(火)

2月2日~3日には節分という演目の狂言が13時から1時間おきに8回も行われます。

セリフのない劇なので、だれでも楽しめますよ。

さらに、ほうらく奉納という素焼きのお皿に願い事を書いて奉納する行事が人気ですよ。

奉納したお皿は4月21日に狂言中に割ることで願いがかなうそうです。

4日はぜんざい接待が行われます。

こちらも人気のイベントです。

毎年、このお祭り期間中には十数万人の参拝者が訪れるそうですよ。

壬生狂言「節分」

壬生寺節分祭といえば「壬生狂言」いい席で見るには?アクセス情報(駐車場はあるの?)

壬生狂言」は、2月2日~3日の2日間、13時から1時間おきに8回上演され、一回の所要時間は40分程度です。

誰でも無料で観ることができ、演目である「節分」には、勧善懲悪や因果応報を伝える内容になっており、参拝者の厄除けと開運を祈願してくれますよ。

狂言と聞くと、難しそうでつまらない?と思うかもしれませんが、セリフがなくて動きで表現されるものなので、想像力を働かせて見れば、とても楽しめるものですよ!

【住所】京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31

壬生寺

公共交通機関:阪急電車「大宮」または嵐電(京福電鉄)「四条大宮」いずれも徒歩10分。バスなら「壬生寺道」で下車後、徒歩3分。

日本でも珍しいセリフを用いない宗教劇「壬生狂言」【HD】

壬生節分祭といえば絶品の「ぜんざい」と出店!

2月4日の10:00から始まるぜんざい接待はとっても人気があるイベントです。

何が人気なのかというと、ぜんざいが無料で食べられるからです。

先着1,000名なのですが、大人気であり、節分祭の壬生寺は混雑するので、スタートからわずか40分ほどでなくなってしまいます。

10:00になる前から並ばないと食べられないので、注意してくださいね。

屋台も多く出店しており、たいやきたこ焼きべっこうあめなどの定番からおでんドーナツなども販売されていますよ。

京都の節分といえば「四方参り」

京都の節分と言えば、四方参り(よもまいり)が有名です。

これは節分の日に鬼が鬼門(北東)から現れ、北東の吉田神社→南東の八坂神社→南西の壬生寺→北西の北野天満宮の順番に追われて、最後の北野天満宮で閉じ込められると言われ、1,000年前から続く参拝方法として知られています。

4つ全部を回ると幸福をより得ることができるそうです。

そんな4つのお寺や神社の節分祭りは以下の通りです。

吉田神社

吉田神社節分祭は、2月2日~4日までの3日間で、2月2日に開催される鬼やらい神事が見所です。

さらに、2日~3日に出る800ほどの露店も人気。

年越しそば屋台は節分名物らしいですよ。

他にも、抽選付きの厄除け福豆も人気です。

吉田神社 公式サイト:

吉田神社
京都市左京区に鎮座し、節分祭や厄除詣発祥...

【住所】京都市左京区吉田神楽岡町30

吉田神社

公共交通機関:市バス「京大正門前」より徒歩5分。

京都・吉田神社節分祭参詣と神事・火炉祭2018

八坂神社

八坂神社節分祭は、2月2日~3日の2日間で、舞妓さんの舞踊奉納と豆まきが人気です。

八坂神社 公式サイト:

八坂神社
八坂神社 京都市東山区 祇園さんとも呼ばれています。由緒や年中行事、祇園祭について紹介。

【住所】京都市東山区祇園町北側625

八坂神社

公共交通機関:「京都駅」から市バス206系統「祇園」下車すぐ。京阪電車「祇園四条」から徒歩5分。阪急電車「河原町」から徒歩8分。

2018八坂神社の節分祭 舞妓さんによる奉納舞踊及豆撒き

壬生寺(みぶでら)

2月2日~4日までの3日間で開催され、2月2日~3日には節分という演目の狂言が13時から1時間おきに8回も行われます。

セリフのない劇なので、だれでも楽しめますよ。

さらに、ほうらく奉納という素焼きのお皿に願い事を書いて奉納する行事が人気ですよ。

壬生寺 公式サイト:

壬生寺
京都,寺,有名

北野天満宮

2月3日に行われる節分祭は、舞妓さんと芸子さんによる日本舞踊奉納や狂言を見ることができます。

舞妓さんや狂言師さんたちによる豆まきも人気ですよ。

福豆の数も多いので、入手しやすいと言われています。

北野天満宮 公式サイト:

北野天満宮
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は梅と紅葉で有名な京都の神社です。菅原道真公をお祀りした神社の宗祀であり、「天神さん」と呼ばれ、親しまれています。アクセス方法・地図、お守りやお札等も掲載しております。

【住所】京都市上京区馬喰町

北野天満宮

公共交通機関:JR京都駅から市バス50・101系統で30分「北野天満宮前」下車すぐ。

まとめ

壬生寺は新撰組にまつわるお寺として、京都ではとても親しまれているお寺なので、まだ行ったことがない方は、お祭りと合わせてお寺もしっかりとチェックしてみてください。

狂言を無料で気軽に見られる機会も少ないので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました