秋田の大晦日といえばなまはげ!なまはげの正体・由来・起源は?

スポンサーリンク

namahage_aka

なまはげって全国的に有名ですよね。秋田の伝統行事ですが、子供が大泣きしているシーンといっしょに思い浮かびますよね。でも、秋田県の人じゃなければ、あまりよく知らないという人も多いことでしょう。


今回はなまはげについて詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク

秋田の大晦日といえばなまはげ!なまはげの正体は?

まずそもそもなまはげってどんな行事なんでしょう。


秋田県の男鹿市や潟上市などの大晦日の晩に、包丁を持った赤くて怖い鬼のお面を付けた怪物が「悪い子はいねがー!」と声を上げながら家々を回って、子供や初嫁を脅かすのが、なまはげと呼ばれる存在です。


昭和53年には、国の重要無形民俗文化財にも指定されました。「ナモミ(低温火傷)を剥ぐ」というところから、なまはげという名前が付いたそうです。低温火傷は冬に囲炉裏に座りっぱなし手足にできるものなので、怠けているものを戒める意味が込められています。


鬼に子ども大泣き「なまはげ」




なまはげの歴史、由来や起源は?

ook92_onigekioko20150201190024

なまはげの起源には諸説ありますが、代表的なものが漢の武帝が日本に不老不死の薬草を求めて5匹の鬼を従えてやってきて、一年に一度だけ自由になる日に、畑を荒らして娘をさらったので、村人は鬼たちに賭け事を持ち掛けます。朝が来る前に石段を1000段作れるかというものです。


もうすぐ完成するという時に、村人たちは鶏の鳴きまねで鬼たちにタイムアップだと勘違いさせ、騙し勝つことができましたが、逃げ帰った鬼たちの祟りを恐れ、鬼に扮して村を訪れる人をもてなし、山に帰ってもらう祭りを考えたのでした。

スポンサーリンク

ほかにも、日本に流れ着いた異国人が寺に仕えて、年に一度村人を訪れて回った際にその異国の風貌が鬼のように見えたとか、当時派遣された役人が農閑期でだらけた農民を戒めるために家々を回った際の顔が鬼のようだったことから来た説などもあります。


なまはげは秋田中の家庭にくるの?どうしたら来てくれるの?

pps_tokkuritomasu

なまはげは男鹿市内の各地域で行われます。神社や公民館でお祓いをして、お神酒をいただいた後になまはげになった若者が2人と家に迎えるかどうか聞いて回る先立ち1人と心づけやお餅を入れる袋を担ぐ叺かつぎの4人で動きます。


家に呼ぶ際は、正装した家長が迎え入れて、問答をしてなまはげに酒を勧めて、心づけを渡して帰ってもらうのが一連の流れです。


観光客がなまはげを体験するには?ツアーはあるの?

るるぶとらぶる、近畿日本ツーリスト、日本旅行、クラブツーリズム、四季倶楽部などが扱っているツアーがありました。どれも、なまはげが見られる「なまはげ紫灯まつり」を見に行くツアーです。


細かい情報の比較は、どこから行くかにもよりますし、いつから行くかにもよると思うので、各自で調べた方が良いでしょう。また、会社によっては早くから募集する場合もあれば、近々まで出ない日帰りのものもありますので、何度かチェックしてみてくださいね。


50匹のなまはげに圧巻!!男鹿の「なまはげ柴灯まつり」



【最後に】

namahage_ao

なまはげについて語ってみましたがいかがでしたか?自分の地域になまはげがいなくてよかったと思った人もいるのではないでしょうか。


怖いもの見たさで一度、大晦日をめがけて、秋田に遊びに行ってみるのも良いと思います。最近は小さいお子さんを連れて、なまはげに会いに行く家族もいるようですよ。

スポンサーリンク