汗かきすぎの俺、ひょっとして病気?もしかしてパセドー病や自立神経失調症かも!?

スポンサーリンク

1

暑くなってくると、誰しも気になるのが


汗をかきすぎているんじゃないかと、男女問わず気になります。


でも、明らかに周りの人より汗をかきすぎていたりしませんか?


涼しい場所にいても、ふきだすような汗をかいているなら要注意!


もしかすると、病気にかかっている可能性もあります。


今回は、汗をかきすぎている場合の病気について、ご説明していきます。


スポンサーリンク

汗かきすぎの人が疑わしい3つの病気とは?


明らかに汗をかきすぎている場合、疑わしい病気があります。


今回は3つの病気について調べました。


汗かきの3つの病気

・パセドー病


・自律神経失調症


・糖尿病


某芸能人が公表したことで、有名な病名となった「パセドー病」、さらに「自律神経失調症」や「糖尿病」なども汗をかきすぎていると疑う病気のひとつです。


このひとつひとつの病気について、詳しく解説していきます。



汗かきすぎで疑わしい病気1:パセドー病

3

パセドー病とは?

体内の甲状腺ホルモンが過剰分泌され、新陳代謝が急激に上昇する病気


新陳代謝が活発化することで、汗をかきすぎたように異常にふきだします。


パセドー病の症状

・多汗

・動悸

・息切れ

・むくみ

・下痢

・疲労

・不眠

・体重減少

・甲状腺の腫脹や肥大

・眼球突出


パセドー病の対処法

病院で抗甲状腺薬の処方を受ける。


過労やストレスは避ける


・新陳代謝を促進するヨードを含む食事は大量に摂取しない。(海草など)


・唐辛子などの刺激物は避ける


エネルギー、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、亜鉛を積極的に摂る


完治する?

慢性的な病気のため、治療を一切必要としなくなる完治の状態になるのは、全体の約3割


気付いた時から、抗甲状腺薬の摂取、食生活などに注意し根気よく治療をすることが必要。


汗かきすぎで疑わしい病気2:自律神経失調症

4

自律神経失調症とは?

ストレスで自律神経が不安定になり、体に異変が起きた状態の病気。


自律神経を司るのは交感神経と副交感神経。


この交感神経がストレスを受けて活発化すると、汗をかきやすくなり、かきすぎと感じる。

スポンサーリンク

自律神経失調症の症状

・慢性的な疲労

・多汗

・だるさ

・めまい

・偏頭痛

・動悸

・ほてり

・不眠

・便秘、下痢

・微熱

・耳鳴り

・手足のしびれ


自律神経失調症の対処法

心療内科を受診


自律神経失調製剤、精神安定剤、ビタミン剤、ホルモン剤、漢方などを処方してもらう


20分程度の有酸素運動


・毎日寝る前に入浴する(湯船に浸かること)


・ストレスをためない、発散する


毎日の快眠


完治する?

あせらずゆっくりと生活改善することが完治への近道。


薬だけで完治するものではないので、長期的に日常生活を見直すことが必要です。


汗かきすぎで疑わしい病気3:糖尿病

5

糖尿病とは?

過食や運動不足が原因で、体内の血糖コントロールがうまくいかなくなり、体内のインスリン分泌の低下、インスリン感受性が低下しておこる。


また、最近は亜鉛の分泌量不足が原因のひとつともいわれています。


糖尿病の三大合併症として、糖尿病腎症・神経障害・血管障害があるが、この神経障害が自律神経を狂わせて、汗かきすぎの状態になる。


糖尿病の症状

・口渇

・多汗

・多尿

・体重減少

・体力低下

・疲労感

・倦怠感

・脱水


糖尿病の対処法

1日の摂取カロリーを1,600カロリー以内に抑える


週3回のウォーキング。1回30分~1時間程度が目安


・血糖値を下げる薬の投与


禁煙


完治する?

生活習慣病のひとつである糖尿病は、完治が難しい病気といわれています。


しかし、生活習慣を見直し、適切な対処をすることで、普通の日常生活を送るほどまで回復することもあります。


【結論!】


汗かきの3つの病気

・パセドー病

・自律神経失調症

・糖尿病


汗をかく理由

パセドー病…新陳代謝が活発化

自律神経失調症…ストレスで自律神経が不安定になり、交感神経が活発化

糖尿病…合併症の神経障害により、交感神経が活発化


病気の可能性は?

今回ご紹介した3つの病気ですが、汗をかきすぎる以外に併発する症状が様々あります。

汗をかきすぎだけの場合、多汗症の可能性もありますので、他の症状がないかよく確認してみましょう。



周りの人と明らかに違うほど汗をかいていると、自分がおかしいのでは?と気になりますよね。


気付いた時に、病院できちんと診察してもらうことが大切です。


自分の体を守るためにも、気になったら病院を受診してみてくださいね!

スポンサーリンク