夏だ!海だ!日焼けにおすすめの時間帯と日焼け時間は?きれいな日焼け方法ガイド!

スポンサーリンク

girl-429380_1280

夏になると、冬の間は白くても気にならなかった肌が白すぎるように見えませんか?

ほどよく小麦色に焼けた肌を目指したいと思う方も多いことでしょう。

しっかりとポイントをおさえて日焼けすれば、肌にあまり負担をかけずに健康的な小麦色の肌を手に入れることができるんですよ!



スポンサーリンク

日焼けをする前に知っておこう!日焼けのメカニズム、メリットとデメリット!

まずは日焼けの仕組みを知りましょう。

日焼けとは何なのでしょうか?

分かりやすく言えば、日光による表皮のやけどです。

表皮とは、肌の一番上の層にある部分で、その下に真皮そして、さらにその下に皮下組織があります。

きちんとした生活習慣を送っていれば、日焼けしてやけどをした状態でも、肌が28日周期で生まれ変わることで、元の白い肌に戻ります。

なので、やけどだからと神経質になる必要はありません。

ほどよく日焼けすれば、健康的に見えて、かっこいいですよね。

さらに、日焼けした状態の表皮は、紫外線を吸収しやすくなり、紫外線がさらに下にある皮下組織に入って細胞を壊さないように、あなたの体を紫外線から守ってくれるのです。


日焼け対策&日焼け後の対処法!【紫外線予防】How to protect my skin from sunburn



もちろん、日焼けにはデメリットもあります。

肌を紫外線から守るために、日焼けした状態になると話しましたが、その際に肌はメラニン色素を生成します。

このメラニン色素はシミの原因になるものなので、あまり紫外線を浴び続けるのもやはりよくないのです。

なので、過度に日焼けしないようにしましょう。


夏、海辺での日焼け、何時ぐらいが良い?何時間ぐらい焼くのがよい?


海で日焼けしたい場合は、一日3時間を目安に日焼けを始めましょう。

さらに焼き始めは、紫外線量が多い午前10時から午後3時までの時間はさけた方が良いでしょう。

曇りでも紫外線は60~80%は降り注いでいるので、日焼けすることが可能ですよ。

一気に焼くことを考えずに徐々に日焼けするように心がけましょう。

スポンサーリンク

10日もすればわりと全身、きれいに焼けると思います。


夏、海辺で日焼けをきれいにするためのポイントは?オイルは?

まだ、肌が白い人は日焼け止めをフル活用しましょう。

日焼け止めを塗っていても、肌は少しずつ焼けるものなので、日焼けしたい人にもおすすめのアイテムなんですよ!


まず海できれいに焼きたい場合は、2~3日はSPF50の日焼け止めをしっかりと塗って日焼けします。

その後はSPF30の日焼け止めに落として、さらに海で数日焼き普段の生活ではSPF20の日焼け止めを使用します。

もちろん、この間はしっかりとアフターケアとして保湿クリームやアロエのクリームを使用しましょう。


もっと黒くしたい場合は、十分に焼けて来てから、サンオイルを使用するようにしましょう。

とにかく、日焼け止めはこまめに塗るのがポイントですよ。

サンオイルはSPF14~0のものがほとんどなので、とにかく最後の秘密兵器にしてくださいね。



ヒリヒリ日焼けや、日焼けによる火傷にならないために。もしなってしまったらどうする?

aloe-vera-262718_1280

まだ、肌が白い状態の人は、特に注意してほしいのが、日焼けでひりひりとした火傷を引き起こしてしまうことです。

これを防いできれいに焼くには、SPF値の低い日焼け止めをきちんと塗ることが大切です。

日焼け止めを塗っても、PA値の低い日焼け止めであれば、火傷を防いで肌を焼いてくれるので大丈夫ですよ。


さらに、日焼けした後は冷水を浴びて肌をクールダウンさせましょう。

炎症はアロエエキスの入ったジェルやクリームを塗るととっても効きますよ。

そして、しっかりと保湿しましょう。この時、髪もしっかりと保湿するように心がけましょうね。



【最後に】

maldives-666118_1280

いかがでしたか?

最近はとくに紫外線が強いので、日焼けは健康的であり魅力的ですが、しっかりと紫外線対策を考えた上で日焼けしないと後々、自分が後悔するような事態に陥りがちです。

きちんとアフターケアも行って、健康的に日焼けして、きれいな小麦色の肌を目指してくださいね。

スポンサーリンク