夏だ!海だ!日焼けにおすすめの時間帯と日焼け時間は?きれいな日焼け方法ガイド!

7月のお祭り

夏、海辺で日焼けをきれいにするためのポイントは?オイルは?

まだ、肌が白い人は日焼け止めをフル活用しましょう。

日焼け止めを塗っていても、肌は少しずつ焼けるものなので、日焼けしたい人にもおすすめのアイテムなんですよ!

まず海できれいに焼きたい場合は、2~3日はSPF50の日焼け止めをしっかりと塗って日焼けします。

その後はSPF30の日焼け止めに落として、さらに海で数日焼き普段の生活ではSPF20の日焼け止めを使用します。

もちろん、この間はしっかりとアフターケアとして保湿クリームやアロエのクリームを使用しましょう。

もっと黒くしたい場合は、十分に焼けて来てから、サンオイルを使用するようにしましょう。

とにかく、日焼け止めはこまめに塗るのがポイントですよ。

サンオイルはSPF14~0のものがほとんどなので、とにかく最後の秘密兵器にしてくださいね。

ヒリヒリ日焼けや、日焼けによる火傷にならないために。もしなってしまったらどうする?

aloe-vera-262718_1280

まだ、肌が白い状態の人は、特に注意してほしいのが、日焼けでひりひりとした火傷を引き起こしてしまうことです。

これを防いできれいに焼くには、SPF値の低い日焼け止めをきちんと塗ることが大切です。

日焼け止めを塗っても、PA値の低い日焼け止めであれば、火傷を防いで肌を焼いてくれるので大丈夫ですよ。

さらに、日焼けした後は冷水を浴びて肌をクールダウンさせましょう。

炎症はアロエエキスの入ったジェルやクリームを塗るととっても効きますよ。

そして、しっかりと保湿しましょう。この時、髪もしっかりと保湿するように心がけましょうね。
maldives-666118_1280

まとめ

いかがでしたか?

最近はとくに紫外線が強いので、日焼けは健康的であり魅力的ですが、しっかりと紫外線対策を考えた上で日焼けしないと後々、自分が後悔するような事態に陥りがちです。

きちんとアフターケアも行って、健康的に日焼けして、きれいな小麦色の肌を目指してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました