未婚での出産、手当は給付される?未婚の母支援制度と手続きガイド

スポンサーリンク

150705210784

未婚なんだけど、妊娠が発覚した…。


一人で産むことを決意したのはいいけど、一人でやっていけるのか、かなり不安ですよね。


大丈夫です、日本には多彩な支援制度があるんですよ。


詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク

未婚で出産を決意!安心してください。こんなにある支援制度!

baby-165067_1280

病院では、出産は病気とは違うという扱いなので、定期健診の段階から保険は適用されません。


そのため、高い病院で出産のために入院すると、60万円もかかってしまう場合もあります。


その時に利用できるのが出産一時金で、国民健康保険や健康保険に加入している人なら、子供一人につき42万円支給されます。


また、一人で子供を育てていくことになったら、しっかりと手続しておいてほしい、片親向けの制度や助成金をご紹介いたします。


1.児童扶養手当

この制度は、片親の家庭の場合に受けられる制度で、所得に応じて支給停止額が決められます。


子供が一人の場合で、基本月額が41,720円です。


2.児童育成手当

こちらも片親の場合に受けられる制度で、児童が18歳まで支給されます。


一人につき月額、13,500円です。


3.母子家庭・父子家庭の住宅手当

20歳未満の子供がいる片親家庭で、家賃が10万を超えている場合に助成金が出ます。


4.ひとり親家族等医療費助成制度

この助成金は、各自治体が行っているものなので、個別にホームページなどでチェックしてください。



未婚で出産!戸籍はどうなる?出産後の手続きガイド

未婚で出産すると、子供は母親の戸籍に非嫡出子として登録されます。


子供の戸籍には、母親の欄にのみ情報が記入され、父親の欄は空白となります。


赤ちゃんが生まれたら必要な8つの手続き 妊娠中や出産後の必要な手続きをまとめました




赤ちゃんを認知してほしい、、認知されるとどうなる?慰謝料は?

baby-203048_1280

認知してもらうということは、子供の戸籍上の父親欄に相手の名前が載ることを意味します。

スポンサーリンク

しかし、名前が載るだけで、子供が非嫡出子となるわけではありません。


なので、子供の名字は母親のもののままです。


ただ、自分の子であると、相手が認めることを証明できます。


認知する場合は、認知届を子供の本籍地や住所地の市役所に出せば完了します。


この認知届は父親が未成年であっても、親の承諾なく、本人の意思で提出することが可能です。


慰謝料は、一般的に心に負った精神的苦痛に対する対価です。


結婚するとか、一緒に育てると約束していたにも関わらず、いざ子供ができたら逃げ腰になった場合などに請求できる場合がありますが、この場合は口約束がしっかりとした婚約となるかが論争点となります。


また、不倫関係にある男性との間の子で、「妻とは離婚して君と結婚する」などと約束していたのに、約束を破られた場合に慰謝料を請求すると騒ぐ女性もいます。


この場合は、妻である女性が離婚に同意していない限り、裁判などで婚約が認められることはないので、不可能です。


生活費や出産費用に関しては、認知請求した女性から、男性に請求することができます。


特に、女性が無給となっている場合は、出産費用の半額を請求することが可能です。



未婚の母だと色々不安、、国や市町村のサポート制度紹介!

baby-718146_1280 <p>シングルマザーに対して、自治体ごとに保育料の免除や減額をする制度があります。


細かいことは自治体によって異なるので、ご自分の地域で個々に調べてみてください。


児童扶養手当を受給している世帯には、上下水道の基本料金と粗大ごみ等処理手数料が減免になる制度もあります。


さらに児童扶養手当を受給している世帯は、交通機関の割引制度もあり、JRの通勤定期券は3割引きになり、公共バスが無料もしくは、割引になることもあります。



【最後に】

baby-623417_1280

このように、様々な支援が行われているので、シングルマザーの数は年々増えて来ています。


今後も増えていけば、女性の一つの選択肢となっていくことでしょう。


一人で子育てをしながら、育児も仕事もこなすのは大変なことですが、苦労して育てた子は、やがてあなたの大きな支えとなってくれるでしょう。


周りに助けを惜しまずに、頑張ってみてください。


スポンサーリンク