夏の大三角形と冬の大三角形が肉眼で最も美しく見える場所は?時期は?

スポンサーリンク

1FotorCreated

そろそろ七夕の季節ですね!七夕といえば、織姫と彦星。そもそも織姫と彦星はどんな星なのでしょうか。この夏の季節の星空に見える夏の大三角形について調べてみました。


七夕2016関連記事はこちら!

織姫衣装の作り方!もうすぐ七夕!七夕祭りは手作り衣装で参加しよう!
七夕飾りの作り方を全部解説!おりがみで子供と一緒に作れる七夕飾り!
平塚七夕まつり2016!駐車場情報と地元民が教える見どころまとめ!
夏の大三角形と冬の大三角形が肉眼で最も美しく見える場所は?時期は?
浅草ほおずき市2016!開催時間は?江戸っ子の粋を感じる見どころとは?

スポンサーリンク

夏の大三角形とは?

4FotorCreated

夏の夜空に輝く星に、ことさら光っている星があります。こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブを結んだものを「夏の大三角形」と呼んでいます。この3星のうち、ベガとアルタイルは、七夕伝説の織姫と彦星に当たります。


夏の大三角形と言う呼び名は、1950年代、イギリスの天文普及家サー・パトリック・ムーアが使うようになってから一般的になったといいます。それが日本にいつ入ってきたのかはわかっていません。


日本では、春先から11月の宵まで見ることができます。特に夏には最も良く見えます。七夕伝説のもとになった星を含んでいますが、7月7日の七夕の頃は、午後10時ぐらいになっても、まだ夏の大三角形は昇ったばかりで、あまりきれいに見えないことが多いようです。しかも、ちょうどこの時期は雨や曇りの日が多くなる時期でもありますね。夏の大三角形が最もよく見えるのは、8月上旬から9月にかけてのようです。


冬の大三角形とは?

4FotorCreated

夏の大三角形に対して、冬の大三角形は、冬季に南東の空に見ることができます。おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスの3星がそれに当たります。


冬の大三角形が見える時期は11月下旬から3月月下旬までです。


日本で星がきれいに見える場所は?

3FotorCreated

日本で星がきれいに見えると有名なスポットを探してみました。


埼玉県・堂平天文台 星と緑の創造センター

昭和37年に設置された天文学施設です。現在はリニューアルされ、宿泊することも可能です。





千葉県・九十九里

デートスポットとしても人気がある、九十九里浜ですが、星空スポットとしてもよく知られています。中でも、東浪見海岸は一番の観測スポットです。






兵庫県・峰山高原

兵庫県のほぼ中央にそびえる暁晴山の周りに位置しています。標高1,000mの高さがあるので低地よりも済んだきれいな星空を見上げることができます。





和歌山県・星の動物園 みさと天文台

105㎝の大型望遠鏡をのぞいて、星空を観測することができます。展望デッキからは360度のパノラマで星空を満喫できます。





香川県・小豆島 星ケ城山

瀬戸内海の島々の中で一番高い山です。まさに満天の星が楽しめます。





岡山県・美星天文台

吉備高原の高台にある天文台で、国内でも最大規模の公開天文台です。この天文台がある美星町は、星が美しく見える町として、光害防止条例で守られています。








【おまけ:夏の大三角形(NICO Touches the Walls)の紹介】

最後に2004年に結成された、ロック・バンドNICO Touches the Walls(ニコタッチザウォラス)の曲で「夏の大三角形」という歌があります。歌詞とギターコードを紹介しておきます♪






スポンサーリンク