おわら風の盆2019見どころ総まとめ!前夜祭・本祭はどちらがおすすめ?

スポンサーリンク
8月のお祭り
スポンサーリンク

〝日本の祭り″といえば神輿(みこし)や山車(だし)といったような『動』のイメージを抱く人も多いと思いますが、「おわら風の盆」はそれとは正反対の『静』が似合う、しなやかで、優雅な祭りです

富山県と岐阜県の県境に位置する、越中八尾(やつお)で行われている「おわら風の盆」は300年以上も前から、ここ八尾に住む人たちに大切にされ、受け継がれてきた行事です。

風の強いこの地域で、風を鎮め五穀豊穣を祈願するための唄と踊りの「おわら風の盆」
決して観光目的ではなく、土地に住む人たちのためのお祭りが、見た人の心に残り伝えられ、今や人口約5,000人の町に、例年25万人程度が訪れるという、大きな祭りとなりました。

「おわら風の盆」は前夜祭と本祭にわかれて行われていますが、それぞれがどんなお祭りなのか、人々を魅了してやまないこのお祭りを、初めて楽しむためにはどうすればいいのか、今年の詳しい概要とこの祭りの魅力を兼ねてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

北陸の風物詩!おわら風の盆2019とその歴史

古銭

北陸新幹線が開通し、日本中から大いに注目されている北陸。

そんな北陸の風物詩といわれる「おわら風の盆」の歴史は古く、元禄15年今から300年以上も前に遡ります。

その言い伝えはこうです。

『米屋小兵衛という金貸しをしていた人が尽力して八尾町をつくり、藩主から『町建御墨文書』を頂いたが、八尾町に住む人たちに貸したお金が、なかなか返ってこないため、その文書を持ったまま引っ越してしまった。

それから数十年が経ち、八尾町の役人がその文書がこの町にないのはよくないと、代替わりしていた米屋の家に返してくれるよう頼みに行ったが、貸したお金を返してくれたら文書も返すと言って返してはもらえなかった。

そこで町役人たちは再び米屋の家を訪れ、花見と称して宴会を開き、その隙に文書を持ち帰ってきてしまった。

八尾町では『町建御墨文書』を取り戻したお祝いということで、三日三晩無礼講で唄い踊ったことから、「おわら風の盆」が始まった・・・。』

・・・借金踏み倒しておいて(;・∀・)勝手に宴会開いてお祝い?!・・・という疑問がはれませんが、そんな言い伝えがあることも確かなようです。

でも、現在はその米屋小兵衛さんの銅像が、諏訪町の城ヶ山公園というところにあり、毎年4月に町をつくった彼を称え「米屋小兵衛顕彰祭」が行われているようです。

なんだかホッとしましたね(*´ω`*)

でも、300年以上も前の話なので、タイムマシンでもない限り、言い伝えの真相はわからないのではないでしょうか。

この三日三晩華々しく踊り、練り歩いたことがきっかけとなり、盂蘭盆(うらぼん)も同じように踊り練り歩くようになりました。

それが風の厄日に行われるようになったことから、風の盆と言われるようになりました。

そして「おわら」は大笑いという言葉を唄に挟んで練り廻ったことから、あるいは豊作を願って大藁(おおわら)からきているなど、諸説あるようですね。

こちらが「おわら風の盆2019」の概要になります。

「おわら風の盆」は、本祭とその直前までの前夜祭の二つにわかれています。

おわら風の盆の内容とチケット購入方法

前夜祭

総合案内:おわら風の盆前夜祭|越中八尾 おわら風の盆
越中八尾おわら風の盆は、八尾に暮らす人々が大切に守り育んできた民謡行事です。
◆開催期間:2019年8月20日(火)~8月30日(金)

1.前夜祭「おわらステージ」

会場:八尾曳山展示館『観光会館』ホール(有料)
開場:午後5:30
開演:午後6:30~午後7:50(雨天決行)
料金:自由席 1,500円

2.前夜祭「各町内」

開催時間:午後8:00~午後10:00(降雨時中断)
内容:輪踊りと町流し

そしてこちらは八尾曳山展示館での前夜祭の様子です。

女性の流れるような踊りは艶やかで、男性はしなやかな踊りの中にキビキビとしたキレがあり、三味線・胡弓・太鼓がゆったりとした音楽を奏でていますね。

穏やかに、落ち着いた静かな時間が過ごせそうです。

【富山】おわら風の盆~風の盆ステージ(越中八尾観光会館) 2016.3.12

そしてこちらは昨年の町流し、今町というところの様子です。

見物人がたくさんいますね。

[富山]越中八尾おわら風の盆 前夜祭 2018-08-27諏訪町[UHD4K-High Angle View]

本祭

総合案内:おわら風の盆|越中八尾 おわら風の盆
越中八尾おわら風の盆は、八尾に暮らす人々が大切に守り育んできた民謡行事です。
開催期間:2019年9月1日(日)~9月3日(火)
1.風の盆「おわら演舞場」における演舞会
会場:富山市立八尾小学校グラウンド
日時:9月1日~3日 午後7:00~午後8:55 ※雨天中止(ペット同伴不可)
演舞場入場料:指定席3,600円 自由席2,100円

2.風の盆「各町内」 9月1日~3日の輪踊り・町流しについて

各町内(11支部)が決めたコースでの輪踊り・町流しがあります。
(降雨中の輪踊り・町流しはありません。)

9月1日/2日:午後3:00~午後11:00(但し、午後5:00~午後7:00は夕食・休憩のため踊っておりません。)

9月3日:午後7:00~午後11:00(午後7:00以前は、一切踊っておりません)

※演舞場出演中の支部は、踊っておりません。出演していない町内へ行くと町流しを見られる機会が増えます。

こちらは昨年の本祭初日、人気の西新町での様子です。

花笠を取ったキレイどころが勢揃い💛

全員見事な踊りですね! 人も踊りもキレイ~

おわら風の盆 2018 初日 西新町「妖艶 乙女の蛍狩り」越中八尾

チケット購入方法

①店頭での直接購入

②電話、インターネットで購入できます。詳しくはローソンチケット、チケットぴあのHPをご覧ください。

https://l-tike.com/event/mevent/?mid=294137
おわら風の盆 | チケットぴあ[チケット購入・予約]
風の盆「おわら演舞場」における演舞会と前夜祭「おわらステージ」

おわら風の盆の前夜祭、本祭でのみどころ3選

前夜祭の見どころ3選

本祭の前に行われる前夜祭は11日間毎日開催されています。

前夜祭は、いわば本祭の練習期間のような感じでしょうか。

その1.参加できる

なんといっても観光客も参加出来て「おわら風の盆」をしっかり勉強、しっかり踊りを体感出来るところ!

その2.11日間毎日開催

11日間毎日開催「おわらステージ」は雨天決行だから、予定が組みやすい!

その3.のど自慢大会

『のど自慢大会』の開催!

ノドに自信のある人は、参加してみて♪

本祭の見どころ3選

いよいよ本番です。

前夜祭で練習した成果を試すとき!

その1.洗練された日本の踊り

小さい頃から踊ってきた洗練された「日本の踊り」を見ることが出来ます!

その2.輪踊りが楽しめる

最終日9月3日はキレイどころと朝まで輪踊りを楽しもう!(23時過ぎても名残を惜しむよう朝まで踊ることもあり!)
(しかも花笠の下は25歳くらいまでの若い人たちが大半!💛)

その3.おわら天玉

名物「おわら玉天」を食べるべし!
(淡雪羹に黄身をつけて焼いたスイーツ)まつり期間中は売り切れることもあり!お早めに~

アクセス情報

富山市八尾町
会場:八尾駅前特設ステージ/曳山展示館特設ステージ/八尾小学校グラウンドおわら演舞場

駐車場は、利用者が多くなると満車となることが予想されます。

公共交通機関(JR・富山地方鉄道路線バス)をご利用願います。

前夜祭駐車場

使用期間:8月20日~30日
駐車場:町民ひろば
協力金:一般車 1台1,000円

おわら風の盆駐車場

対象車両:一般車、自家用マイクロバス
使用期間:9月1日~3日
駐車場:富山市八尾スポーツアリーナ駐車場・八尾ゆめの森テニスコート駐車場
協力金:一般車 1台  1,000円

便利なツアー情報

越中おわら風の盆ツアー特集2019 | 阪急交通社
おわら風の盆は、富山県八尾町で毎年9月1日〜3日の3日間行われる民謡行事。涼しげな揃いの浴衣と編笠を被った踊り手が町それぞれの個性をもって町を踊り歩く様は風情に溢れています。おわら風の盆2019年へ行く旅行・ツアー、ホテルのご予約はぜひ阪急交通社で!

混雑回避をするために穴場の時間帯は?

少しでも混雑を避けるにはどうしたらいいでしょうか?

混雑回避するには・・・

●交通規制がかかり駐車場も少ないことから、車より公共交通機関を利用する。
本祭の9月1日~3日まではシャトルバスの運行があるので利用する。(混む時間帯は15時前後と21時頃から)
●上級者は夕方着いて始発で帰る。
●日本の道100選に選ばれた諏訪町通りは人気、夜より夕方前に見る。あるいは最終日23時以降が狙いめ。
八尾の駅前は道幅が広く比較的見やすい。
●食事は飲食店が少ないので屋台などのお弁当を買って食べるのがおすすめ。

これらを念頭に置いて、混雑をなるべく避けて祭りを楽しんでくださいね。

まとめ

富士山 (2)

日本の祭り「おわら風の盆」についてまとめてみました。

○「おわら風の盆」は300年以上の歴史が息づいている越中八尾の伝統的なお祭りである。
○二つに分かれる「おわら風の盆」、一つ目の前夜祭は毎年8月20日から30日までの11日間、毎日開催!
本祭最終日はみんなで朝まで一緒に踊りあかそう!
○本祭での混雑を避けたいなら、電車も見物も15時と21時前後は避ける。

「おわら風の盆」に使われている楽器は三味線、胡弓、太鼓ですが、この「胡弓(こきゅう)」は『和胡弓(わこきゅう)』といって日本唯一の擦弦楽器だそうです。

外国の文化を取り入れ「日本らしいもの」というのが、どんどん少なくなってきている日本ですが、「おわら風の盆」には、こういった日本古来の良さが、色濃く残るお祭りだと思います。

かけ声をかけるでもなく、楽器や歌に合わせただ黙々と踊る姿に、私たち日本人が忘れてしまっていた女性は奥ゆかしさ、男性は凛々しさが「おわら風の盆」にはまだ息づいています。

私たちが忘れてしまいそうな日本の素晴らしさを思い出すために、越中八尾の「おわら風の盆」の祭りは、日本人なら誰もが一度は訪れ、日本を再認識してみるにふさわしいお祭りだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました