喪中のマナーお年玉編!あげないのが正解なの?ポチ袋の書き方は?

スポンサーリンク
年末年始・お正月
スポンサーリンク

喪中にお正月を迎えてしまった場合、細かいことで疑問を持ってしまいますよね。

中でも、事前に用意が必要なお年玉は難題です。あげないのが正解なのか、あげてもよいのか分からないですよね。

そこで今回は喪中のお年玉について詳しくご説明しましょう。

スポンサーリンク

そもそも喪中とは?いつからいつまでが喪中なのか?

まずは喪中について説明しましょう。

喪中は服喪とも呼ばれ、二数が定められています。

昔は3年という長い月日でしたが、明治になって父母の場合は13か月と定められました。

父方の祖父母なら150日間、ひい祖父母なら90日です。

しかし、現在、この法令は廃止されているため、一般的に喪中は一年間とする場合が多いです。

そのため、誰かがなくなると、その年の終わりに喪中・年賀欠礼状を出して次の年のお正月を自粛するのが一般的です。

この喪中・年賀欠礼状は、周りが年賀状の準備に取り掛かるであろう11月の中旬から12月の初めまでには出さなくてはなりません

喪中はがきの出し方

喪中時のお年玉マナー:そもそもお年玉をあげたほうがいいの?

eto_hitsuji_otoshidama

さて、本題の喪中のお年玉ですが、そもそもお年玉は無病息災の祈りとして歳神様に奉納した鏡餅を分け与えたことから始まった風習であり、「年玉」という名前が付いたとされる説や、現在のお年賀と同じである、年初のありがたい賜物であるして「とだま」という名前がついたとされる説など諸説あります。

もともとお金ではなく、お餅や品物を送ることが一般的であり、年始の贈り物として浸透していました。

ただ、昭和30年代後半の高度経済成長期ごろから都市を中心にお金を主流とする動きが生まれ、目上から目下へ贈るようになったため、贈る相手も子供が中心となっていきました。

さて、由来に諸説あり、現在のお年玉の位置づけが「新年おめでとう」と言って渡すことから、もっぱら年始を祝う風習となったため、喪中のお正月にお年玉を渡すのは控えるべきという見解が一般的となっています。

しかし、それでは孫がかわいそうだという祖父母も多く、お年玉ではなく「お小遣い」として渡すのもまた一般的です。

喪中時のお年玉マナー:新札にする必要はある?

お年玉ではないので、喪中の際の「お小遣い」は、新札である必要が全くありませんが、マナーとして新札を用意しておく方がよいでしょう。

特に封筒などの袋に入れて渡すのであれば、新札にしてあげましょう。

喪中時のお年玉マナー:ポチ袋の表書きにはどのように書く?

IMG_8856

喪中でのポチ袋はやはりマナー違反なので、使用を控えましょう。

無地の白い封筒などに入れて、両親ならば「お小遣い」、それ以外の方なら「書籍代」や「文房具代」として渡す方が良いでしょう。
0I9A350615032140wakaranai

まとめ

地域や人によって、お年玉についての見解が異なるのですが、世間的にはすでにお年玉は年始を祝う事柄の一つとなっているので、あげるのを控えるようにしましょう

特に相手は子供なので、今後のマナー教育のためにも喪中にお年玉はあげられないことを教える良い機会としてとらえるとよいでしょう。

よく読まれている記事
年末年始・お正月
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました