浅草鷲神社酉の市2018!初心者向け粋な歩き方・熊手の買い方完全ガイド!


浅草の年末の風物詩といえば、鷲(おおとり)神社の酉の市です。
関東各地で開催されている中でも、浅草は一番の規模を誇ります。


酉の市で売られている熊手は、ぜひとも経営者など商売人の方には購入して頂きたい縁起物です。とはいっても、初めて酉の市に行かれる人は、どれくらいの金額のものを買ったらいいのか、買い方に作法があるのかなど、分かりませんよね。


そんな人でも安心して酉の市に参加できるように
酉の市ってそもそもどんなお祭りなのか
熊手はどうして縁起物として売られているのか、買い方、飾り方
2018年の開催予定
浅草の酉の市の見どころ

などについて、確認していきましょう。


スポンサーリンク

11月の風物詩:酉の市ってどんなイベント?由来は?

酉の市ってどんなお祭り?

酉の市は江戸の近郊にあった大鷲神社(現在の足立区花畑)で農民がはじめた収穫祭が起源とされます。今では「酉の市」と広く知られていますが、「酉の祭(トリノマチ)」と呼ばれた神祭の日です。


大鷲神社で祀られてるヤマトタケルノミコトの命日が11月の酉の日だったため、その後も11月の酉の日に酉の市が開かれるようになりました。


関東で酉の市が多い理由は、鷲(おおとり)を祀る神社が多かったため、江戸で始まった酉の市が関東各地に広まりました。今では、関東だけでなく、西日本の鷲を祀る神社でも開催されるようになりました。


なぜ熊手なの?

酉の市といえば、縁起物の「飾り熊手」です。現在では福を招く縁起物を飾って「様々な装飾を施した熊手を販売するお祭り」となっています。


熊手といえば、落ち葉を掃いたりするための掃除用具をイメージするのではないでしょうか。でも、酉の市で売られる熊手は掃除用ではありません


もともと農民の収穫祭だった酉の市です。当初は普通に鍬などの農具を売っていました。しかし、お祭りですから、おまけで七福神やおかめなどを付けるようになりました


ここで注目されたのが、熊手です。
熊手の形が、ワシの爪のようだったことから「幸福を鷲掴み」。
落ち葉を掃いて集める様子から、「客や幸運をかき集める」。
と縁起のいいものとされるようになりました。



浅草鷲神社の酉の市、みどころ・歩き方!

他でも同じ日に酉の市が行われているのに、浅草に人が集まるのはなぜなのでしょうか。浅草の酉の市のみどころなども踏まえてみていきましょう。


浅草の酉の市が人気の理由

浅草 鷲神社の酉の市の歴史は古く、江戸時代から続く由緒あるもので、近隣の人からは「おとりさま」の名で親しまれてきました。


浅草 鷲神社の近くには新吉原という遊郭があり、酉の市には新吉原が開放されたこともあり、昔から大変なにぎわいだったようです。それが現代でも続いており、例年70万人以上の人出でにぎわう関東で一番の集客数を誇る酉の市になりました。


一昨年の様子です
平成27年浅草酉の市 一の酉 鷲神社(おとりさま)ASAKUSA TORI NO ICHI



浅草ならでは

浅草の酉の市では、熊手を売るお店が約150店食べ物などを売る屋台が約750店もの数が並びます。


屋台は、普通のお祭りで出店される焼きそばやチョコバナナ、フランクフルト、クレープなどの定番から、金太郎飴やべったら漬け、雷おこしなど浅草の老舗の味を販売するお店もあります。


その中でも、浅草の酉の市に来たらぜひ買って頂きたいのがこの2つです。


1 頭の芋(かしらのいも)


生のサトイモです。これを食べると、出世して人の頭(かしら)になることができるといいます。また、芋は一つの株に多く実を付けることから、子宝にもいいとされています。


今では頭の芋を売るお店は1店のみになってしまいましたが、今年も出店すると思いますので、ぜひ足を運んでみてください。


2 切山椒

団子などに使われる上新粉に山椒(刻んだものや汁)などを練り込んで砂糖で甘くしたお菓子です。


本来は正月に食べるものらしいですが、酉の市で売られる切山椒は、オカメや熊手の古風な絵が描かれた袋に入っているので、酉の市のお土産にはもってこいの食べ物です。


どこら辺に出店しているの?

熊手が150、屋台が800。もちろん境内に入り切りません。


主に屋台は鷲神社が面している国際通り沿いに三ノ輪駅の方まで、国際通りを挟んだ路地の方にも出店されています。


熊手は、50店程は境内に出店されます。


切山椒と頭の芋は境内に入ってすぐのところに出店されますよ。


おすすめの歩き方

浅草の酉の市は熊手を買うのももちろんですが、膨大な数の屋台も楽しんでほしいところです。


できれば、三ノ輪駅で降りて国際通り沿いの屋台を楽しみながら鷲神社へ歩きます。境内で飾り熊手を買い、神社をお参りしましょう。帰りに神社の入り口にある、切山椒と頭の芋をお土産に買って帰ります。


当日は「なでおかめ」が社務所入り口でお披露目されます。
「なでおかめ」は顔の各場所により違うご利益を授かると伝えられており、鷲神社は商売繁昌の神様なので金運の鼻が多くの方に撫でられているようです。お出かけの際には忘れずに「なでおかめ」に触れてきてくださいね。


純金の根付がもらえる!?

また、本祭の日の午前0時ちょうどに、境内に3か所ある札所で一番に熊手守りというものを買うともらえる一番札というものがあります。そのうち1つは、なんと純金の根付と交換してもらえるんだそうです!


深夜だと屋台や熊手のお店はやっていない所もありますが、どこの御札場から出るのかは秘密になっていますので、深夜に行ける人は来年の運だめしに一番札をゲットしてみても楽しいですね。


ページの下の方に根付の写真があります。
今年の酉の市 – 浅草 鷲神社公式ホームページ

今年の酉の市 - 浅草 鷲神社公式ホームページ
酉の市 起源発祥 浅草 鷲神社の公式ホームページへようこそ


今年の酉の市は?

2018年の浅草 鷲神社 酉の市の開催日程は下記の通りです。


御例祭日 平成30年酉の市は

11月 1日(木)一の酉

11月13日(火)二の酉

11月25日(日)三の酉

開催時間(各日とも) 午前0時から午後24時まで
平成30年は、三の酉まで執り行われます。


酉の市御祭儀

酉の市御祭儀(宵宮祭・当日祭)は、下記時間に斎行されます。


参列ご希望の方は、各時間の15分前までに受付をお済ませ下さい
午前0時の一番太鼓と共に御例祭(酉の市)が始まり、丸一日24時間執り行われます。


宵 宮 祭
11月31日(水) PM 11:15~
11月12日(月) PM 11:15~
11月24日(土) PM 11:15~

当 日 祭
11月 1日(木) PM 1:00~
11月13日(火) PM 1:00~
11月25日(日) PM 1:00~


はじめてでも大丈夫!浅草酉の市で熊手の買い方!選び方!


せっかく酉の市に行くなら、ぜひ熊手はゲットして頂きたい!
でも、初めて行く人はどんなものを選んだらいいか分からないですよね。


飾り熊手の買い方

①予算を決めます。

初めて購入する場合は、できるだけ安く小さいものを
個人の場合は500円~2、3000円位会社用・経営者なら~10,000円位


熊手は、より多くの福を招くように、年々大きく高いものに買い替えるのがいいとされているので、最初の年はできるだけ安いもの、小さいものを選びましょう。前年より大きな熊手を求めるのが厳しい場合は、二年続けて同じ大きさの熊手を買っても良いとのことです。


②気に入ったデザインの熊手を選ぶ

熊手にも色々な種類があり熊手屋さんの数だけ個性が出ます。付いている飾り物の種類、数によって同じ大きさの物でも値段が違ってきます。じっくりと一番気に入った熊手を見つけて下さい。


③店の人と価格交渉

熊手購入の醍醐味、値切りです。
最初の値段から2~3回程値切ります。


④支払い

支払いは、最初に言われた定価分を払います。
差額分はご祝儀としてお店にあげちゃいます。


「釣りはいらないよ」
タクシーとかで一回やってみたいけど、恥ずかしくて中々できないやつですね。


せっかく値切ったのに、もったいないと思うかもしれませんが、これが熊手を買う時の粋なマナーなんです。買った方は大尽気分を、売った方は得した気分を味わえます。


買った熊手は、家や会社の玄関や神棚、仏壇などに飾るといいです


高額なものには手締めの特典が

大体1万円以上の熊手を買うと、手締め(三本締め)をしてもらえます。
最初の年から1万円以上のものを買うと、のちのち苦しくなるので、おすすめできませんが、毎年通って何年後かには手締めをやってもらえると思ったら、行く楽しみが増えますよね。


時間に注意

全部のお店が24時間営業しているわけではありません。
深夜3時~早朝までは休んでいるお店もあるので、できれば日中~深夜2時位までに行った方が色々なお店で見られるのでおすすめです。


東京都内のおすすめ酉の市3選!新宿花園神社もおすすめ!

家や会社から浅草は行きづらい、もっとゆっくり見られる所はないの?という人に、都内で行われる他の酉の市も紹介します。


新宿 花園神社


新宿三丁目駅のE2出口を出てすぐのところにあります。
芸能の神様、食べ物の神様、縁結びにもご利益がある、一石二鳥ならぬ3~4鳥位はお得感のある神社です。

最近ではあまり見られなくなった見世物小屋も毎年出店されます


目黒 大鳥神社

浅草と並ぶ江戸時代から続く歴史ある酉の市です。
商売繁盛、火難除けの神様として信仰を集めています。


練馬 大鳥神社

神楽投餅も行われます。
人出は毎年数万人程で、浅草、新宿、目黒よりは比較的ゆったりと見られると思います。


忙しくて酉の市に行けないよ・・という方はネットで!

・いつも縁起物で買っている熊手、
今年は酉の市開催の曜日に予定がギッシリで行けない。

・今年こそは酉の市で熊手を買うぞ!と意気込んで神社に行ったけど
あまりの人手の多さを寒さで心が折れた・・・・

・熊手は買いたいけど、荷物になるから持って帰るのが億劫・・・

・なるべくカードで支払いたい、ポイントをためたい!

という方は、楽天市場でも販売していますのでネットから購入をしてみるのもいいですね


色々なサイズが揃ってますし、ふるさと納税の返礼品として熊手があるようなので
今年のふるさと納税に間に合わせたい人にも使えますよね!










私は忙しくて行けなかったので小さいサイズをネットで買いました!
ご利益に期待♪


【まとめ】

浅草 酉の市は江戸時代から続く伝統あるお祭り
熊手は、お客や幸運を招く縁起物
浅草の酉の市は東京随一の規模と人出
熊手、頭の芋、切山椒は必須アイテム

都内で他におすすめの酉の市は、新宿、目黒、練馬


浅草の酉の市は歴史と規模のあるお祭りです。
是非とも酉の市起源発祥の浅草 鷲神社に足をお運び頂き江戸の風情を味わって頂きたいと思います。


ザ お祭り!を味わいたい方にはおすすめの酉の市です。
ただでさえ混雑しますが、二の酉は相当混雑が予想されます
千客万来、幸運招福のため、熊手をゲットしに浅草の酉の市に出掛けましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です