沖縄うるま市エイサーまつり2020の魅力総まとめ!みどころは?道じゅねーとは?

8月のお祭り

「エイサー」とは沖縄県と鹿児島県の奄美群島で行われる伝統芸能の踊りのことです。

なかでも人気があるのがうるま市の「エイサー」です。

なぜ人気なのかというと、うるま市は2005年に市町村合併により、具志川市、石川市、中頭郡勝連町・与那城町が新設合併して出来た新しい市ということで、エイサーが元々盛んだったこの地域が統合して一度に4つの「エイサーまつり」が見られるようになったからのようです。

よって、うるま市にはたくさんの青年会、子ども会、エイサー保存会が集結し、いろいろな踊りを見ることが出来るということで、観光客はもちろん、エイサー好きの沖縄県人たちからも注目されているのが「うるま市エイサーまつり」です。

例年どおり見どころ・魅力を紹介しようと思います。

今年は少し遅めの夏休暇を沖縄旅行にあてようと考えている人は、海や観光地巡りの他に、「うるま市エイサーまつり」に参加することを、プラスしてみませんか?

きっと本来の沖縄の姿を、存分に味わえる旅行になること、間違いなしです!

「うるま市エイサーまつり2020」の魅力と、沖縄独特の言い回し「道じゅねー」とは一体何なのか、詳しく紹介していきますね。

具志堅用高さんの「そっちゅねー」とは関係ありません^^

"ちゅねー"じゃなくて"じゅねー"ですから! 笑

青い空、透きとおる海、そして躍動感あふれるエイサー祭り!

人より遅く休みを取った分、思いっきり夏を満喫しに沖縄へ飛びましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました