さくらんぼの食べ過ぎで腹痛になる原因は”ソルビトール”が原因!ソルビトールとは?

健康・美容・ファッション

さくらんぼの食べ過ぎで腹痛・下痢になる原因は”ソルビトール”!

FotorCreated31

さくらんぼに含まれているソルビトールは、消化されにくい低アルコールです。

このソルビトールを摂取すると、お腹が緩くなるので、下痢のような症状を引き起こします。

このソルビトールはシュガーレスのガムやキャンディにも含まれており、よく注意書きが書かれていますよ。

そんなソルビトールは、さくらんぼ200gで4.6gにもなり、結構な量となります。

一日20gの摂取で便秘が解消されたという実験結果が出ているほどなので、さくらんぼの食べ過ぎには気を付けてください。

さくらんぼ狩りに行ってきました♪

さくらんぼの食べ過ぎで腹痛になったらどうする?市販薬でOK?

さくらんぼを食べ過ぎてお腹が痛くなったら、市販の整腸剤を飲んで安静にしているのが一番です。

しばらくは水分を取らないようにするのも大切ですよ。

ソルビトールはお腹が緩くなるので、それ以上に緩くする水分はご法度ですので、気を付けてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました