おびひろ平原まつり2019!夢降夜・盆踊り・大道芸などみどころ完全ガイド!

スポンサーリンク
8月のお祭り
スポンサーリンク

十勝管内最大の夏まつり「おびひろ平原まつり」

参加して楽しむものや見て楽しめるイベントが盛り沢山です!

帯広の夏が最も熱くなる3日間に注目!

そこで今回は「おびひろ平原まつり」について紹介します。

スポンサーリンク

北海道帯広の夏といえば「おびひろ平原まつり2019」!どんなお祭り?歴史は?

どんなお祭り?

全道各地より、参加団体が集まり開催される迫力満点の太鼓まつりや、若者を中心に作られたおまつり夢降夜(ゆめふるや)など、まつりは最高潮に盛り上がります。

夜の盆おどりは、工夫を凝らした衣装や踊りが見所で、飛び入りでの参加もできます

また子ども盆おどりもありますよ。

そのほか地元の中学校や高校の吹奏楽部による演奏会、子供が楽しめるミニ縁日、お祭りを楽しむ大人のためのビアガーデンなど、地元の人達が世代を超えて作り上げる内容が目白押し!地元愛がたくさんつまったお祭りです。

歴史

おびひろ平原まつりは、1947年という太平洋戦争が終わって間もないころに平和を願って開催されました。

そのため、開催当初は「帯広平和まつり」と呼ばれていました。

その後、祭はどんどん進化し、今では十勝エリア最大規模の夏祭りといわれています。

3日間で約20万人が来場します。

おびひろ平原まつり 開催概要

開催日:2019年8月14日(水)~8月16日(金)

開催場所帯広市西2条南7丁目~11丁目及び広小路

開催時間:11:00~22:00(最終日は18:00まで)

主なイベント

夢降夜:8月14日 19:00~20:30

平原・太鼓まつり:8月15日 15:00~17:00

おびひろ盆おどり:8月15日 19:00~21:00

◆全道阿波踊り大会8月16日 13:00~16:30

※詳細は公式ホームページに記載をご確認ください。

公式サイト

第72回おびひろ平原まつり特設ページ|とんとん(TONxTON)- 帯広・十勝のチラシ・クーポン・口コミ満載♪
北海道帯広市のおびひろ平原まつりの紹介ページです。夢降夜、盆踊り、平原太鼓まつりの紹介、当日の行事(イベント)情報を随時更新いたします。

おびひろ平原まつりのみどころ!

それでは、おびひろ平原まつりの見どころを紹介します。

みどころ1.夢降夜とは?

おまつり初日の夜に開催される夢降夜

十勝の大地を切り拓いた先人たちと豊かな自然の恵みに感謝し、五穀豊穣と子孫の繁栄を願います

通常の神輿とは異なり、丸い形の神輿には大きく「五穀豊穣」の文字と、農業王国十勝で採れる野菜たちが描かれています。

夜の街でライトがあたると浮かび上がる鮮やかな神輿です。

男神輿女神輿のほか、たくさんの夢を乗せた子ども神輿も合わさって太鼓の演奏とともに平原通りを練り歩きます。

観客が願いを込めてみこしに十勝の恵みである小麦を投げ入れる黄金穂投げ入れや、西暦の数のパン(十勝産小麦100%)をみこしからまく夢パンまき

十勝近郊の若者が中心となって帯広を盛り上げようという、若さと活気溢れるイベントになっています。

当日、募集していれば観光客も参加可能ですよ。

参加したいときは、公式ホームページでチェックしてみてくださいね。

この御輿に向かって、麦の穂を投げ入れると願いが叶うそうです。

「年に一度の夢降る夜」と呼ばれるイベントならではですね!

第70回おびひろ平原まつり夢降夜(ゆめふるや)2017/08/14

みどころ2.おびひろ盆おどり

帯広の夏の風物詩として欠かすことのできない一大イベントとして多くの方々に親しまれている「おびひろ盆おどり」。

三笠市幾春別の炭鉱が発祥の地であり、北海道各地でお盆になると盆踊り用の曲として用いられる「北海盆唄」に合わせて毎年多くの参加者が、浴衣を中心とした様々な衣裳で帯広のメインストリートを彩ります。

当日の飛び入り参加もOK!

子ども盆おどり」も開催されます。

第59回 おびひろ盆踊り

まとめ

子どもから大人まで、老若男女問わず楽しめるおびひろ平原まつり

開催日:2019年8月14日(水)~16日(金)

地元への思いをいっぱい表現されていて、愛がひしひしと伝わってくる。
そんなお祭りです。

帯広が大好きになること間違いなし!

ぜひ足を運んでみてくださいね。

よく読まれている記事
8月のお祭り
スポンサーリンク
yishikawaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました