父の日に赤ちゃんからのプレゼント!保育園で作るアイデアプレゼント3選!





父の日は毎日の感謝を込めてお父さんにプレゼントなどを贈る日で、保育園でも赤ちゃんクラスから父の日のプレゼントを考えていらっしゃると思います。

特に赤ちゃんの場合は初めての父の日になることもあり、どんなプレゼントならお父さんに喜んでもらえるか悩んでしまいますよね。



もちろん赤ちゃんは自分からプレゼントを用意することはできないものの、赤ちゃんだからプレゼントできないなんてことはありません。



お父さんにとってもはじめての父の日となる日、せっかくなら盛大なプレゼントを考えてみましょう!

スポンサーリンク

【赤ちゃんの園児から父の日にプレゼントを贈ろう!そもそも父の日って?】



父の日は母の日が始まった1908年の翌年、ワシントン州のジョン・ブルース・ドット夫人が「父の日も作ってください」と牧師協会へ嘆願したのがはじまりです。



ドット夫人は男手ひとつで育ててくれた父親を讃え父の誕生月であった6月に礼拝したことがきっかけとなり、その翌年スポケーンで父の日の祝典が行われました。



「母の日があるなら父に感謝する父の日も欲しい」という願いがきっかけで始まったのが父の日であり、1916年頃から広く認知されるようになったんですね。



母の日といえばカーネーションが定番ですが父の日の花の定番としては「バラ」で、父親が健在の場合は赤いバラ、亡くなっている場合は白いバラをお供えします。



しかし日本の父の日の場合、仏教ではトゲのある花を供えることはできないので、トゲを取ってお供えしたり違う父親の好きな花を供えることも多いですね。

はじめて父親として父の日を向かえるお父さんにはやっぱり記憶に残る、感動する日にしていきたいところです。

そのためには適当にプレゼントを赤ちゃんからと言って渡すなどだけではもったいないので、「赤ちゃんから父の日に贈るプレゼント」として、この時期ならではの内容を考えていきましょう!


【父の日に赤ちゃんからのプレゼント3選!保育園で作れる! その1:シール貼り】


赤ちゃんが自分ひとりでシールを貼るのは難しいかもしれませんが、赤ちゃんの手にシールを乗せて一緒に貼っていく方法なら赤ちゃんでもペタペタと楽しめます。

1歳4ヶ月 初めてのシール貼り



このようにお手伝いしながらペタペタとシールを貼っていく方法なら赤ちゃんでも出来ますし、もっと小さな赤ちゃんの場合は一緒に手も動かしてあげましょう。

作り方はベースとなる土台に「父の日」「ありがとう」など描き、その上で赤ちゃんにシールをペタペタはってもらうだけなので簡単です。

◎材料

シール

画用紙など

用意するものはこれだけなので、せっかくの父の日、様々なシール(少し大きめが貼りやすくおすすめです)を用意し、赤ちゃんと一緒に楽しみましょう。

制作時間としても遊びながらになるため自由に設定できるので、赤ちゃんの父の日プレゼント制作としてぜひ考えてみてくださいね!

【父の日に赤ちゃんからのプレゼント3選!保育園で作れる! その2:合わせ絵】



合わせ絵はデカルコマニーとも言って、紙に絵の具を塗りつけて二つ折りにする、別の紙に押し付けるなどをして絵の具を転写する技法のことです。

このように言うと難しく聞こえるかもしれませんが、絵の具などで好きに色を付け、画用紙を合わせ押し付けるだけで作れるので赤ちゃんにも簡単でおすすめなんです。

【お絵かき】

折って開いて絵ができる♪ 合わせ絵


◎材料

色画用紙

絵の具

作り方は色画用紙をお好みのサイズに切り、あとは絵の具を思うままにつけていきます。

描き終わったら半分に折る、他の画用紙と合わせるなどしてしっかり押さえ、色が移ったら終わりなので簡単です。

まだ具体的なアイデアを元に描いていくのはむずかしい赤ちゃんでもこの方法なら好きに絵の具を塗っていくだけなので、ぜひ父の日プレゼントに使ってみましょう!

【父の日に赤ちゃんからのプレゼント3選!保育園で作れる! その3:足形メッセージカード】


赤ちゃんの足形や手形を取り、それにメッセージを描いて父の日のプレゼントとする方法もおすすめです。

父の日のプレゼントを作ろう♪足型メッセージカード



動画のようにシャツやネクタイなどの土台を作ってもいいですし、普通にメッセージカードにしてもお父さんに喜んでもらえると思います!

◎材料

色画用紙

絵の具

シャツなどを作る場合は動画を参考に、また赤ちゃんの手形や足形は絵の具などを使って取りましょう。

なかなかきれいに取れない場合は、お昼寝の時間などにこっそり取るときれいに取れるのでおすすめです。

どのようなメッセージカードを作るかによって事前準備の時間なども変わりますが基本的に時間をかけなければできないものはなく、スムーズに準備も進められると思います!

【まとめ】

「赤ちゃんだからまだ自分から用意できないし、0歳児の父の日は何もしなくてもいいか」ではせっかくの初めてお父さんとなった父の日、もったいないですよね。

赤ちゃんというこの時期ならではの贈り物をぜひプレゼントし、お父さんにも喜んでもらいましょう。

そのためには今回ご紹介したようなアイデアはもちろん、他にもたくさん喜んでもらえるアイデアがあると思います。

ぜひ初めての父の日だからこそ盛大に、お父さんに感動してもらえる父の日にしていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です