少年野球の卒団式に記念品は何を贈る?感動する記念品の渡し方は?

スポンサーリンク
入学式・卒業式・卒園式・進級式・謝恩会・お別れ会
スポンサーリンク

 

頑張ってきた少年野球もいよいよ卒団を迎える……そんな少年野球の卒団式に、記念品を考えなければならないこともあります。

とはいえ記念品といきなり言われてもどういったものを贈れば良いのか、また感動する卒団式になるのかなどなど、考えていくとどんどん悩みだしてしまうんですよね。

そこで今回は少年野球の卒団式に用意する記念品についての参考例と、卒団式についてを詳しく紹介していきます。

はじめての卒団式を前にして記念品や卒団式について悩まれている方は、ぜひチェックしていってくださいね!

スポンサーリンク

【少年野球の卒団式とは?卒団式の流れは?卒団記念品を渡すタイミングは?感動する渡し方は?】

 

少年野球の卒団式は名前の通り少年野球を卒団する子ども達を労う行事であり、どのような流れになるのかはそれぞれの団やチームによって違うこともあります。

しかし大まかな流れとしては

・卒団生入場
・代表挨拶
・監督・コーチ挨拶
・チーム成績発表
・個人成績発表
・卒団記念品贈呈
・卒団生挨拶
・余興
・卒団生保護者挨拶
・主将引き継ぎ
・卒団生退場

このような流れになることが多く、時間については卒団生やチームの規模などにもよるものの、それなりにかかるものと思っておいたほうが良さそうですね。

卒団記念品贈呈などはこの流れの通りのときもあれば違うときもあり、渡し方についても人数次第で代表のみなど、それぞれの団の過去の卒団式を参考にするのが一番です。

いつどこでというルールも明確にあるわけではないので過去の例を参考に、過去にない場合はやはり卒団の季節に合わせるのが一番です。

誰が仕切るというのも主将の保護者というところもあれば卒団式の準備会を作るところもあり、無理のない程度に協力しあって用意していきましょう。

【少年野球の卒団記念品のおすすめ その1:名入れグッズ】

卒団式の記念品としては、やはり少年野球の卒団ということでチーム名や名前が入っているグッズを用意すると喜ばれます。

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/zakka-jz/zakka-003/

こちらは野球ボールのキーホルダーで裏面にチーム名や個人名を入れることができ、卒団の記念品として用意するアイテムとしておすすめです。

名入れのキーホルダーは素材などによって値段も様々ですがこちらの商品は500円と安く、高くともひとつ1,500円程度で制作できる、たくさん必要な記念品グッズとしても準備しやすい商品です。

【少年野球の卒団記念品のおすすめ その2:名入れフェイスタオル】

こちらも名入れできる記念品、しかもフェイスタオルということで実用性もあり、これからの活動にも使えるアイテムとしておすすめです。

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/emblem-shop/10-0453/

フェイスタオルになると若干値段も上がってこちらの商品は2,500円から、その他の似た商品も~3,000円程度で作れます。

実用性がある、チーム名などを入れることができる記念品となるということでフェイスタオルもおすすめで、ぜひ考えてみましょう!

【少年野球の卒団記念品のおすすめ その3:フォトスタンド】

卒団記念としてフォトスタンドもありで、フォトスタンドはそのままただ渡すのではなく、中にチームの写真や寄せ書きを入れて卒団の記念品とするのがおすすめです。

商品サイト:

【楽天市場】ガラスと真鍮でできたフォトフレーム(63270)【写真立て おしゃれ フォトスタンド アンティーク風 シンプル はがきサイズ ポストカード ゴールド フォトディスプレイ アートフレーム ガラスフレーム リゾート インテリア 塩系 縦置き アジアン雑貨】:アジア工房
写真立て フォトスタンド おしゃれ ディスプレイケース フォトディスプレイ 写真収納 縦置き アートフレーム アンティーク フレーム ヴィンテージ ギフト プレゼント リゾート 。ガラスと真鍮でできたフォトフレーム(63270)【写真立て おしゃれ フォトスタンド アンティーク風 シンプル はがきサイズ ポストカード ...

フォトスタンドは1,000円程度から高いものは万単位と相場も広いですが、卒団記念品の場合は金額的にはそこまで高いものを選ぶ必要はなく、むしろ中の写真にこだわりたいところです。

チームの集合写真を入れる、寄せ書きをいれるなどこのチームならではの卒団記念品を作っていくことができるので、フォトスタンドもぜひおすすめです!

【まとめ】

卒団式や記念品はそれぞれの少年野球チームで伝統があるところも多く、悩んでしまうよりは兄弟を持ち卒団経験のある保護者の方、また監督などと相談するのが一番です。

大切なのは卒団する子どもを労い今後の活躍を願うという気持ちであり、そのための卒団式と考えれば自然と失敗することもなくなると思います。

ぜひそのチームならではの記念品や卒団式の準備を整えていき、心に残る卒団式を作っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました