ホワイトデーのお返しが遅れる場合は何日後まで?遅れる場合の謝り方は?

ホワイトデー

ホワイトデーのお返しが遅れるのが明らかな場合、どうするのがベストなのか悩みますよね。

日にちが経っても、贈り物をした方がいいのか、流してしまったの方がいいのか考えてしまうでしょうが、遅れても渡すと決めた場合も、どのように渡すべきか考えてしまいますね。

ホワイトデーの贈り物が遅れてしまった場合について考えてみましょう。

ホワイトデー当日にお返しができない!遅れるのはマナー違反になる?

ホワイトデー当日にお返しができない場合はマナー違反になるのかどうかですが、別にマナー違反という程のことはないと思います。

女性はお返しをもらえないよりも、どんなに遅れてもお返しをもらえた方がずっと嬉しいものです。

当日に渡せない場合は、忘れていないことをしっかりとアピールした上で、後日、ちゃんと渡せばそれで大丈夫です!

たとえ忘れていたとしても、遅れてごめん、としっかりと謝って余計な言い訳はせずに、遅れたお詫びに小さなプレゼントも付けて、お返しを渡すと何ら問題なく、許してもらえますよ。

ちなみに、仕事が忙しくて当日に合えない場合でも、絶対に仕事が忙しくて会えないという風に言ってはダメですよ。

仕事優先か、と怒らせてしまいます。

ホワイトデーの延期をお願いします、とメールを送ってみるといいかもしれません。

ホワイトデーにお返ししますか?

どんな状況であれホワイトデー当日にお返しをした方がいい場合とは?

ホワイトデーに絶対渡すべきなのは、学生ですかね?

どんな状況であれ、顔を合わせることは可能でしょうから、さっと手短に渡してもいいので、当日にちゃんと渡した方がいいでしょう。

 

大人でも、同じ職場で必ず顔合わせるのであれば、お返しをさくっと渡すことができると思います。

でも、味気ないのが嫌な人もいるでしょうから、その場合は、その理由もしっかりと伝えてあえてずらして、ゆっくりと会える日がいいと提案してみるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました