会社の新年会に行きたくない!スマートな断り方とは?強制参加はパワハラ?

スポンサーリンク
仕事の人間関係・近所の人間関係
スポンサーリンク

年末年始は仕事やイベントなど盛りだくさんで忙しく、そんな中「会社の新年会」なんて出てきたら……正直なところ、行きたくない、断りたいと思ってしまうことも多いですよね。

普段あまり会えない別部署の人に会える、仕事以外の話題で盛り上がれるなどメリットも考えられるものの、会社の新年会なんて行きたくないと考える方は多いです。

とはいえ会社行事と言われたら断れない気がする、また会社が「強制参加」と言ってくるなどなど、新年会についてもなかなか簡単に逃げることができません。

ここでは会社の新年会に行きたくない場合のスマートな断り方、また強制参加はパワハラに当たらないのかなど、新年会にまつわるあれこれについてチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

会社の新年会にどうしても行きたくない!スマートな断り方は?

会社の新年会に行きたくない理由は人それぞれですが、そもそも最近は会社の飲み会自体を避ける方もとても多くなっています。

例えば新年会で顔を合わせたくない人がいる、一度断りきれず行ったらまったく楽しくなかった、お金がもったいない、奥さんに嫌味を言われる……など、行きたくない理由は本当に様々です。

会社の新年会に行きたくない場合のスマートな断り方として、最初に大切なのは「即答しない」ことです。

即答しないのがスマートというのはちょっと意外に見えるかもしれませんが、新年会に誘われて即答してしまうと、「ああこいつは行きたくないんだな」と思われてしまう可能性もあるんですね。

一度返事を保留したら架空の予定を考える、先約を見つけるなど対策をし、その上で「先約があったので」などと断ると断られた側も不愉快にならずに済みます。

またその際、まず最初に「誘ってくれたことに対するお礼」、そして「もうしわけないですが……」と断り、改めて「誘ってもらったのにすみません」という流れを作ることがおすすめです。

この会話の流れに持っていけば断っても不愉快に感じられることがなくスマートに断れる、そして相手も「また今度誘おう」と思えますね。

直接誘われたのではなくメールなどで受け取りメールで返信をしなければならない場合も基本の流れは同じで、また長文にする必要もありません。

シンプルに断りを入れるだけで十分なので、先程の会話の流れも踏まえつつ以下の返信文なども参考にしてみてくださいね。

「新年会にお誘いいただきまして、ありがとうございます。申し訳ありませんが、○○のため今回の新年会は欠席させていただきます。よろしくお願いいたします。」

新年会に行ってもいいけど余興はやりたくない!余興の断り方は?

新年会が憂鬱な理由のひとつとして「余興をやらされる」という方は少なくないと思いますし、「新年会に行くだけなら良いけれど余興は絶対にやりたくない」という場合もありますよね。

しかし宴会の席の余興は新入社員などが当てられることが多く、より一層断りにくい雰囲気なときも……。

そもそも宴会の余興というのは場を盛り上げるため、空気を楽しませるために行うものであり、それを強制されてやっている段階で本当の目的としては外れているんです。

逆に余興を「無理に付き合って笑わなければならない場所」と認識している方もいるほどで、会社の社風はどうしてもあるものの、絶対にやらなければならないものではありません。

余興をやってくれと言われて断る方法については、新年会に参加している以上理由を作っても意味がないので、きっぱりと断ってしまいましょう。

余興は出す側も楽しめる人がやれば良いですし、本来はむしろ「やりたい」と上司に相談するなどして行うものですよね。

「そういったことはやりたくないです」ときっぱり断ってしまう、「会社のルールだから」など強制されそうになったら人事や風紀を取りしまる方に相談するなど、はっきりした行動で示しましょう。

どうしても会社の社風がある、新入社員が毎年やっているもので一人だけ抜けるほうが厳しいという場合もあり絶対に断りきれるとは言えませんが、基本的にはこれで大丈夫だと思います。

新年会は強制参加と言われた!余興をやれと言われた!これってパワハラにあたるの?

「新年会に強制参加、更には余興を強制される。これはもうパワハラでは?」など、強制だと言われるとそれはもうパワハラではと思ってしまいますよね。

ちなみにパワーハラスメントとは具体的に「職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・肉体的苦痛を与えたり職場環境を悪化させる行為」を指します。

改めてパワハラの定義を見ると、忘年会の参加・余興を強制させる行為は少し外れている雰囲気もあり、仕事の延長線上にある忘年会はパワハラには当たりません。

逆に「一人だけ誘われなかった」パターン、仕事と全く関係のない飲み会などの強制はパワハラになるので、覚えておいて損もないです!

忘年会の強制の場合はパワハラではなく「モラハラ」……「モラルハラスメント(精神的な暴力・嫌がらせ)」に当たる可能性があります。

強制することによって参加しないというだけで理不尽な非難を受けているですから、言葉としてもこちらのほうが適切ですね。

しかしモラハラの基準は正直あやふやですし労働基準法による規定もなく、まずは人事部などと相談し、会社内で丸く収められれば一番ではあります。

どうしても解決しない場合、各都道府県の労働局総務部企画室に相談することも考えてみましょう。

会社の新年会参加、余興の練習は業務に入る?残業代は請求できる?

忘年会であろうが新年会であろうが会社行事として強制である、参加しない場合は「評価に響く」などのペナルティがある場合は、間違いなく労働時間とする必要があります。

新年会に参加することにより法定労働時間を超す場合は、もちろん割増の賃金が必要になります。

余興についても同様で「会社の行事として強制されている」場合は、練習時間や買い出しの時間なども業務となりますね。

ですからよくある新年会は強制参加、だけど費用は個人負担なんていうのは本来許されるものではなく、むしろ会社は賃金を払う必要があるんです。

とはいえ昔からの「会社中心」「会社は何よりも優先」としてきた人たちは「強制とか任意以前に、会社のイベントに参加しないわけがない」というのが当たり前という風潮になってしまってもいます。

会社全体の空気を変えていくところからはじめる必要があり、一人で賃金を払うべき」などと言っても逆に疎まれる可能性もあるので、まずは周囲に相談から始めることをおすすめします。

まとめ

会社の新年会は強制参加という雰囲気も多いので断りにくく、結局は我慢して嫌々毎年参加しているという方も少なくないと思います。

本来は強制するものではないものの社風的に言い出しにくいときもあるので、まずは周囲や上司に相談し、少しずつ言いやすい環境にしていけると良いですね。

最終的には外部に相談を持ち込むなど大事にする可能性ももちろんあるものの、できれば穏便にスマートな断りを入れていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました