昆布の賞味期限はいつまで?生・乾燥昆布の賞味期限は?白い粉はあぶない?

スポンサーリンク
賞味期限・消費期限
スポンサーリンク

乾燥した状態で売られていることが多い昆布は、どの家庭でも、戸棚などで常温保存が当たり前ですよね。

賞味期限があるのかどうかは考えたことがない人も多いでしょう。

どうなったら腐っているのかも分からないでしょうし、生の昆布ならどのくらい持つのかも知らない人が多いんじゃないでしょうか?

今回は昆布の賞味期限についてご紹介します。

スポンサーリンク

昆布が戸棚の奥からでてきた!賞味期限はいつまで?

まず、一般的な乾燥昆布は、だしをとったり、煮物に入れたりするのに重宝しますよね。

でも、顆粒の出汁などを使う家庭も多く、意外と開封していても戸棚などに放置している場合があることでしょう。

乾燥昆布は乾物なので、カビが生えていない限りは、何年経っても大丈夫です。

もしも、昆布の表面にぽつぽつと白いカビが生えており、異臭がしているようなら、それは食べたら危険なサインなので廃棄しましょう。

最近の乾燥昆布には、パッケージに賞味期限が記載されていることも多いので、よくわからない場合は、賞味期限を目安にするのもいいでしょう。

しかし、昆布は通常、寝かせれば寝かせるほど、おいしくなるものですので、たとえ賞味期限が1年以内となっていても、3年でも4年でも寝かせて問題ありません。

ただし、賞味期限以内であっても、保存環境が悪く、昆布が水分を含んでしまうとカビが生えて食べれなくなることもあるので、カビがないかしっかりとチェックしてから食べるようにしましょう。

食べても大丈夫?昆布の白い粉の正体は?カビ?

先ほども記載した通り、もしも、昆布の表面にぽつぽつと白いカビが生えており、異臭がしているようなら、それは食べたら危険なサインなので廃棄しましょう

ですが、昆布はよく表面が白くなりやすいですよね。

これはマンニットと呼ばれる成分が、乾燥した昆布の表面に残っているからです。

このマンニットは全く危険なものではありません

食べても問題ないので、カビと間違えないようにしましょう。

カビの場合は、かび臭い匂いがするので、すぐに分かると思います。

昆布を美味しく保存する方法・場所は?冷凍は可能?

昆布は寝かせた方がおいしいと言いましたね。なので、昆布は長期保存が定番です。

乾燥しているので、通常は戸棚などで常温保存で問題ありません。

しかし、ベターな保存方法は、使いやすい大きさにカットして、ガラス瓶やタッパー、保存用の袋などに入れて、しっかりと密封して風通しの良い涼しいところで保存するのが良いでしょう。

この状態であれば、2年くらい置いておいても問題ありませんよ。

しかし、ガラス瓶やタッパーを使う場合は、昆布はにおいを吸収しやすいので、においがするような容器は避けましょう。

金属製の容器は昆布の塩分で錆びやすく、こちらもにおいを昆布が吸収しやすいため避けましょう。

また、昆布は冷蔵庫や冷凍庫で保存しても良いのですが、湿気などを昆布が吸ってしまうと傷みやすいので、梅雨であっても、常温保存の方が適しています

How to Utilise “Used Kombu”: Tsukudani だしがら昆布は冷凍保存して一品に!昆布の佃煮 Japanese Vegan Recipe

生昆布や、おでんの昆布の賞味期限は?

生昆布の場合は、さっと茹でておくと冷蔵庫で3日は持つでしょう。

もっと持たせたい場合は、昆布を洗って食べやすい大きさにカットした後、タッパーやラップに包んで、冷凍庫で凍らせておけば、3か月くらいは大丈夫でしょう。

食べる時はそのままお湯の中に入れれば大丈夫です。

おでんの昆布などは、他のおでんの具材と同じです。

鍋できちんと毎日2回は過熱しておけば、3日か4日は持つでしょう。

あまり温度が高い場所に長時間、常温で置いておくと腐ってしまうので、心配な場合は鍋ごと冷蔵庫に入れて、冷蔵保存するようにしましょう。

お弁当や作り置きにぴったり!細切り昆布の炒め煮をご紹介

まとめ

乾燥昆布はもともと乾物であり、長期保存に向いた保存方法がなされている食べ物です。

パッケージなどには規則などで短い賞味期限が記載されていますが、かなり長期間に渡って、常温で保存がききますよ。

長く置いた方がおいしいのも昆布の特徴なので、新しい乾燥昆布が手に入った場合は、少し食べずに置いてみてくださいね。

よく読まれている記事
賞味期限・消費期限
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました