中秋節の香港へ幻想的なランタン・ファイヤードラゴンを見に行こう!

スポンサーリンク
10月のお祭り
スポンサーリンク

香港などの中華圏では秋の大きな行事として「中秋節」という伝統行事があり、旧暦の8月15日が中秋節に当たります。

中秋節の前日は香港の祝日でもあり、中華圏の四大節句(旧正月・端午節・冬至)と合わせてとても大切にされている日なんですね。

香港では中秋節のイベントとして街中のあちこちでランタンが飾り付けられ、その幻想的な雰囲気を楽しむことが出来ます。

また「ファイヤードラゴン」という100年以上もの歴史を持つ行事もあり、どのような行事なのかも気になるところですよね。

香港の秋の楽しみである中秋節、具体的にどのような行事なのか、どんなイベントがあるのかをチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

香港の秋といえば「中秋節」!どんな行事なの?

最初にお話した通り中秋節中華圏の四大節句のひとつであり、香港でもその前日が祝日に指定されている大切な日です。

中秋節はその年の収穫や神様に感謝をする日であり、家族が集って過ごす日となっているんです。

日本では十五夜やお月見がこの日に当たりますが、お月見が祝日であったり家族で過ごすなんて習慣はないので、ちょっと驚きですね。

中国や日本では古くから月を愛でる風習が続いていて、月餅を贈り合う風習などは明治頃から始まりました。

月餅の丸い形は家族円満を象徴していて、香港では中秋節に家族で食べて家族団欒を祈念し、家にも提灯を飾ります。

家族団欒の日ではありますがファイヤードラゴンなど派手な見どころがあり、この時期の香港のホテルはとても混み合います。

もし香港の中秋節を楽しみたいのであれば、ホテルの予約はできるだけ早めにとっておくことをおすすめします!

香港の中秋節といえば幻想的な「ランタン」・「ファイヤードラゴン」

幻想的なランタン、そして勇壮なファイヤードラゴン……と文章だけで見ても雰囲気が伝わりにくいと思いますので、まずは香港の中秋節の雰囲気を動画で見てみましょう。

香港 大坑 中秋節 舞火龍

ランタンは中秋節が近づいてくると街中のあちこちで、有名なチムサーチョイの香港文化センター前、コーズウェイベイのヴィクトリアパークなどにも展示されます。

様々なランタンがあり街中でもいたるところでとりつけられるので、中秋節が近づくと香港の街の夜はとても幻想的な雰囲気になるんですね。

そして動画でも目立っていたファイヤードラゴン、こちらは香港で100年以上もの歴史を持つ伝統行事なんです。

1880年に大坑村に流行った大規模な伝染病、これの理由が「蛇を殺したことへの復讐として竜王が怒っているから」と考えた村人が竜王を鎮めるために行ったのが元と言われています。

竜王を鎮めるために火龍を作り、それを持って三日三晩踊り続けた結果、伝染病が治まったという言い伝えがあり、今も続くファイヤードラゴンとなっているんです。

ですからファイヤードラゴンには無病息災の祈りがこめられていて、その火龍は龍の本体に線香をさしてつくられます。

火の粉を散らして勇壮に舞う姿は動画で確認した通りで、ぜひ香港の中秋節へ観光に行った際は見逃さないようにしてくださいね!

スターバックスやハーゲンダッツで月餅が売っている?

香港の中秋節では月餅は商機でありそれぞれの会社が趣向を凝らした月餅を作っているのですが、そんな会社のひとつ、スターバックスも月餅を作っているんです。

香港でも予約もしくは通販でしか手に入らないという限定商品であり、とても可愛くて人気が高いんです!

中秋節限定のスタバの月餅は専用のパッケージとなっていて、その他マグカップ、タンブラーなども限定品として登場しています。

ちなみにスタバの月餅はお値段が非常に高く、日本円で換算するとひとつにつき800円以上、さらに高いグレードも用意されているほどです。

お菓子であるため賞味期限もありプレミアがついてお高くなっていく……というような話はあまり聞きませんが、2019年もおそらく販売されるので機会がある方は狙ってみてはいかがでしょうか!

香港の中秋節は、中国本土や台湾と祝い方は違うの?

中秋節は中華圏の伝統行事ですので、中国や他の地域と香港は同じなのか、変わっているところがあるのかも気になるところですよね。

中国本土でも中秋節は祝日、香港でも中秋節の翌日が祝日となっていますが、香港も中秋節からお休みとしている会社などもたくさんあります。

ちなみに中国でも月餅を贈る習慣はあるものの、近年では月餅を一月以上前から配り、中秋節の頃になると月餅は食べ飽きてしまうなんて事態にもなっているそうです。

台湾では月餅のほかに文旦を食べたり周りの方に贈る風習、そしてバーベキューなどを家族で楽しむ風習があります。

観光というよりは家族で過ごす日という印象が強く、街のあちこちで家族や親しい友人などでバーベキューを楽しんでいる姿が見られるのが特徴です。

同じ月を愛でながら月餅を食べる「中秋節」、それぞれの国でちょっとずつ違っているのも楽しいですね!

まとめ

香港の中秋節は中国や台湾と比べると独自の進化を続けていて、月餅もアイス月餅など様々な珍しいタイプが積極的に販売されています。

家族団欒を祈念する日という基本は変わらないものの、ファイヤードラゴンやランタンなど街中も盛り上がるので、観光に来る方もとても多いんですね。

しかし祝い方が違えど中秋節がとても大切な行事であり、家族団欒を祈念する日であることにももちろん変わりはありません。

香港ならではの中秋節を大切にしつつ、ぜひファイヤードラゴンなどを一度見に行ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました