鎌倉の萩の見頃2018!宝戒寺(萩寺)の混雑予想など萩の名所紹介!


鎌倉には、萩の名所がたくさんあるんです。ご存知でしたか?
まだ鎌倉に行ったことがない人も、ぜひ秋の花の代表格である萩を見に鎌倉を訪れてみてください。


歴史のある古寺の数々を巡りつつ、萩を堪能するなんてとっても贅沢な時間だと思いますよ。今回は、鎌倉の萩の魅力をご紹介します。


スポンサーリンク

9月の鎌倉といえば!「萩」。どんな植物?

萩は、古来から日本で親しまれて来た花です。秋の花の代表格であり、秋の七草の一つとしても有名です。通常は赤紫色の花が咲き、時には白色の小さな花も咲かせます。枝がしな垂れるので、無数の小さな花がまるではじけた花火のようでとっても華やかですよ。


月見草や鹿鳴草、鹿の花妻、風聞草、庭見草などの別称があることで知られています。芭蕉が詠んだ一つ家に遊女も寝たり萩と月』という和歌はとても有名です。『万葉集』にも秋の季語として萩にちなんだ和歌がたくさん収録されています。


萩の開花は通常、7月から9月の間で、地方によってはお月見の際に、月見団子に萩を添える風習があります。


萩の花は控えめながらもたくましいため、「思案」、「内気」、「柔らかな心」、「柔らかな精神」などの花言葉がつけられています。日本では、ヤマハギミヤギノハギが広く分布しています。


そんな萩の名所として、鎌倉があります。特に有名なのが、別名「萩寺」とも呼ばれている宝戒寺です。他にも、鎌倉の萩の名所として、浄光明寺海蔵寺浄智寺などがありますよ。


鎌倉観光 秋の花 萩と彼岸花、虫の声




鎌倉の萩の開花情報・見頃は?

鎌倉の萩の見頃は、例年9月の中頃です。
9月の下旬まで楽しむことができますが、萩の見頃の時期はとても短いので、名所によっては多くの観光客で賑わいます。


宝戒寺浄光明寺は特に、萩の名所として人気があるスポットなので、9月の中旬から下旬にかけて混雑が予想されます。なので、9月の上旬ごろではまだまだ七分咲きの場所が多いですが、混雑を避けたい場合はおすすめです。


萩と同時期に、フヨウシオンヒガンバナなども咲いています。
境内を散策して、他の秋の花も探してみると楽しいと思います。


いざ鎌倉!パワスポ女子一人旅♡【るるぶ鎌倉’18】



鎌倉の萩の名所といえば「宝戒寺(萩寺)」 どんなお寺?

鎌倉の萩の名所として特に有名なのが、宝戒寺(ほうかいじ)です。
秋のお彼岸の時期には、参道の両脇を白い花を咲かせた白萩が埋め尽くしており、萩寺の愛称で地元の人に親しまれています。高さのある白萩が参道を覆うように咲き乱れており、見ごたえがありますよ。


宝戒寺は、北条義時に始まり、代々の執権が住んでいた屋敷跡であり、鎌倉幕府滅亡後に、北条高時を供養するようにとの後醍醐天皇の命を受けて、足利尊氏が宝戒寺を創建しました。萩を見に行く際には、そんな歴史も感じて境内を散策されると良いでしょう。


拝観料やアクセス情報

宝戒寺の開門は8:00で、閉門が16:30です。
拝観料が高校生以上は200円、小・中学生が100円となっています。


JR・江ノ電の鎌倉駅が最寄りの駅となっており、駅からは徒歩で約15分です。

車で行かれる場合は、横浜横須賀道路「朝比奈インター」から20分です。ただ、宝戒寺には、専用の駐車場がないので、駅前周辺で車を置いてくるとよいでしょう。


宝戒寺 公式サイト
宝戒寺の公式サイト。縁起、年中行事、境内、季節の花、アクセス情報などをご覧頂けます。


鎌倉の彼岸花とハギ見ごろ ~宝戒寺・英勝寺・瑞泉寺・・・



萩を巡っての散歩はいかが?宝戒寺以外の鎌倉「萩」名所3選!

浄光明寺

鎌倉の観光ガイドにも載っている萩の名所の一つです。
境内の様々な場所に萩が咲いており、控えめながらぱっと華やかな萩を楽しめます。


本堂の縁側に座ってのんびりと萩を眺めるのがおすすめです。
宝戒寺と共に、足利尊氏にゆかりのある場所であり、海蔵寺と宝戒寺に挟まれているので巡りやすいと思います。


【鎌倉の寺】浄光明寺



海蔵寺

こちらのお寺は、梅や桜、ツツジ、あじさい、花菖蒲、ノウゼンカズラ、紅葉など四季折々の植物がバランスよく栽培されており、見どころ満載のスポットですが、萩の名所としても知られています。

山門前の階段を覆いつくすように萩が咲き乱れており、まるで萩のトンネルのようです。


浄智寺

浄智寺の萩は、古寺とススキとセットで堪能できるスポットです。
風情のある写真を撮るのにとってもおすすめですよ。


浄智寺には、長い歴史を経て、なめらかに削られた鎌倉石の参道があり、それを上ると山門とススキと萩という光景を楽しむこともできます。


【最後に】


萩の名所は全国的にも珍しいと思います。鎌倉には、萩の名所がたくさんあり、どのお寺も近しい場所にあるので、ルートを決めて名所めぐりをされるととっても楽しいと思いますよ。


お寺によっては周辺で販売しているおはぎを食べられる場所もあるので、おはぎを食べながら、萩の花を眺めて、お彼岸を堪能してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です