高尾山分屯基地開庁記念行事のみどころ総まとめ!

スポンサーリンク

島根県松江市にある高尾山分屯基地は第7警戒隊が配置されている航空自衛隊春日基地の分屯基地ですが、ここでは毎年「開庁記念行事」が秋頃開催されます。


「高尾山レッドクラブ」という部活動が活発で、高尾山分屯基地の開庁記念行事ではこの高尾山レッドクラブの活躍も見ることが出来るんです。


高尾山分屯基地の開庁記念行事とはどのようなものなのか、何が見られるのか、そして高尾山レッドクラブは何を見せてくれるのか、ちょっと興味も出ていますよね。

高尾山分屯基地の開庁記念行事について、当日までに詳しくチェックし、ぜひ遊びに行ってみましょう!


スポンサーリンク

【高尾山分屯基地の開庁記念行事とは?】



高尾山分屯基地の開庁記念行事の雰囲気については動画でご確認いただくのが一番だと思うので、まずは動画でどのようなイベントなのかを確認してみましょう。


高尾山分屯基地 開庁記念行事 2012



自衛隊イベントならではの様々な展示、小さなお子様から大人まで楽しんでいる雰囲気が伝わる、とても和やかな行事が開庁記念行事なんですね!


高尾山分屯基地の開庁記念行事では毎年部活動である自転車チーム「高尾山レッドクラブ」による展示飛行が見どころであり、他にも高尾山山頂までバスで登ってレーダーサイトから周辺を見渡すなんて経験もできます。

貴重な自衛隊基地を知る機会であり、日頃触れることのできない世界を楽しむことができる日……これが開庁記念行事なんですね。


ちなみに今年の開催日


2018年9月9日(日)


となっています!


場所は航空自衛隊高尾山分屯基地となり、詳細なスケジュールはまだ何も決まっていませんので、当日までこまめに情報をチェックするようにしておきましょう。


高尾山分屯基地は航空自衛隊春日基地の分屯基地で、第7警戒隊が配置されているほか、部活動「高尾山レッドクラブ」が広く知られています。

高尾山分屯基地の住所やアクセスについては最後にまとめているので、ぜひ当日の移動の参考にしてくださいね。


【自衛隊イベント 初心者向けのみどころ3選!】



高尾山分屯基地は航空自衛隊の分屯基地でありながら航空機の配備がないという特色があり、レッドクラブも「自転車チーム」なんですね。

もちろん十分見応えはあり楽しめる高尾山分屯基地の開庁記念行事ですが、自衛隊イベントとはどのような雰囲気であるのかも知っておくとより楽しめます。


これから自衛隊基地が主催するイベントの見どころを幅広くお伝えしますので、ぜひこの機会に自衛隊基地のイベントを知っておきましょう!


◎見どころ1:展示公開

自衛隊基地の一般公開、自衛隊主催のイベントでは展示公開が行われていることが多く、日頃間近でみることのない自衛隊の雰囲気を味わうことができます。


自衛隊展示車両



ここまで近くで様々な展示を見られる機会は展示公開以外ではなかなかなく、機会を逃さないようにしておきたいですね!


◎見どころ2:訓練公開

日頃あまり見られない自衛隊、その訓練も公開展示されることがあり、自衛隊の日頃の訓練を間近で見られます。


大津駐屯地 訓練展示 2017 陸上自衛隊



人の訓練はもちろん装備を使った訓練、また犬の訓練などが見られることもあり、訓練展示も貴重なチャンスですね!


◎見どころ3:飛行展示

自衛隊基地のイベントといえばこれを楽しみにしている方も多い、航空機の飛行展示はやはりどこでも人気です!


陸上自衛隊 明野駐屯地航空祭2017 空自飛行展示



日頃見られない航空機の展示が間近で見られる機会、またあの有名なブルーインパルスの飛行展示が見られる場合もあり、自衛隊主催のイベントではぜひチェックしておきましょう!


【基地入場の疑問、身分証明書は必要?】



一般的な基地公開の場合や航空祭の場合も含め、自衛隊基地に入る場合は手荷物検査を受けないといけません。

身分証明書の提示が求められることももちろんあるので、高尾山分屯基地だけではなく他の航空祭などの自衛隊イベントに行く場合も、必ず持ち歩くようにしておきましょう。


持ち物についてもいくつか注意事項があり、ドローン、ペット、アルコール類は持ち込む事ができません。

他の来場者の迷惑になると判断された物もNGになりますので、注意されたり持ち込みを禁止されたら必ず指示に従うようにしてくださいね。


なお高尾山分屯基地では山頂での撮影は禁止されているので、当然ではありますが禁止などルールを必ず守ることも大切です。


更にもちろんのことですが、基地周辺への迷惑駐車やごみのポイ捨てにも気をつけましょう。


基地の外からドローンでの撮影したいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、基地周辺でのドローン飛行が確認された場合は即座に警察に通報されてしまいます。

安全その他必要あってドローンは禁止されているのであり、基地の外からのドローンの使用にも注意してください。


いずれにしても安全確保のためにも絶対に必要なことなので、「自分だけは」など思うのではなく、きちんと従うようにしてくださいね。


【基地までのアクセスは?駐車場はあるの?送迎バスはある?】



最後に高尾山分屯基地へ行く際に必要なアクセス方法、また駐車場の情報などをチェックしておきましょう。


高尾山分屯基地


◎住所

松江市美保関町森山632

◎アクセス

JR境港駅からシャトルバス など


となっています。


また残念ながら会場には駐車場が用意されていませんので、車で来場された場合は松江市役所美保関市所、もしくは宇井岸壁に駐車するようにしましょう。

シャトルバスは松江市役所美保関市所、そしてJR港堺駅から運行予定となっているので、シャトルバスの利用が一番便利です。


最寄り駅である境港駅はJR境線の駅で、別名を「鬼太郎駅」と呼ばれ親しまれている駅になります!


【まとめ】

高尾山分屯基地の開庁記念行事は大きな基地で開催される航空祭と比べると地味な印象を受けてしまうかもしれませんがそんなことはなく、様々な発表や展示を心ゆくまで楽しめます。

部活動「高尾山レッドクラブ」の展示飛行など見どころもありゆっくり一日楽しめるので、ぜひ当日までも情報を集めつつ、楽しみにしていてくださいね。


今年の秋のお出かけ先のひとつとして、ぜひ高尾山分屯基地の開庁記念行事をチェックしておきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です