5歳児におすすめ!紙コップ製作アイデア4選!作り方の動画つき!

スポンサーリンク
保育園
スポンサーリンク

6月ともなると、梅雨の時期なので、園児たちが外で遊べる機会も減りますよね。そんな時には、紙コップで簡単に作れる制作物なら、作った後に遊べるので、退屈している園児も喜んでくれると思いますよ。どれもデザインのアレンジが可能なので、子供たちの好きなように作らせるといいでしょう。

スポンサーリンク

5歳児向け紙コップ製作アイデア! その1:動くペンギン

子供が喜ぶ動く系のおもちゃです。
ペンギンじゃなくても、子供が好きな動物で作らせてもいいと思います。
作り方も簡単なので、5歳児でも大丈夫ですよ。

マジックで紙コップに直接、イラストを描いてもいいですが、色画用紙を切り貼りして、立体的に作るのもいいでしょう。両面テープを使ってコップに張り付けると簡単ですよ。

紙コップ製作の作り方

空になった乾電池を一つ用意します。
家から持って来てもらうといいでしょう。

単三電池に輪ゴムを一つセロハンテープで貼り付けます。両端はセロハンテープでとめないように注意しましょう。紙コップの淵に4か所の切り込みを入れて、輪ゴムをひっかけます。

ひっかけたら、外れないようにセロハンテープで固定しましょう。
これで完成です。

遊ぶ時はペンギンをひっくり返して、乾電池をくるくると回して、素早く元に戻して、床やテーブルに置けば、高速でひょこひょこ動くペンギンを楽しめます。

動画でチェック!

【工作】紙コップで動くペンギンを作ろう【作り方】

【工作】紙コップで動くペンギンを作ろう【作り方】

5歳児向け紙コップ製作アイデア! その2:紙コップストロー笛

カッターを使う部分があるので、そこだけは先生が行う必要がありますが、出来上がった笛は音が鳴るので、子供たちが喜んでくれると思いますよ。

紙コップ製作の作り方

必要なものは、紙コップカッターストローマジックセロハンテープです。

まず、紙コップの側面の真ん中に小さな四角をマジックで書いて、カッターで切り取ります。ストローの先端を指で平らに押し潰してから、四角い穴の近くでセロハンテープで固定します。

息を吹き入れて、ちゃんと音が出る位置を見つけてから、セロハンテープで固定した方がいいでしょう。コップの淵を手で覆うことで、音階を出すこともできますよ。

動画でチェック!

「ウキウキさん」 紙コップストロー笛

YouTube

5歳児向け紙コップ製作アイデア! その3:紙コップロケット

紙コップを2つ使って作ります。軽く飛び上がる程度ですが、動くのできっと子供たちは楽しんでくれると思います。

紙コップ製作の作り方

紙コップ2つの他には、輪ゴム2つはさみセロハンテープが必要となります。

まず、一つの紙コップの淵に十字型になるように、4か所の切り込みを入れます。輪ゴムをクロスを作るように切り込みにひっかけます。輪ゴムが外れないように、セロハンテープで固定します。

出来上がった紙コップには折り紙や色画用紙、マジックでロケットを描くと良いでしょう。ロケット以外にも、カエルやウサギでもかわいいですよ。

何もしていない紙コップの淵側を床に接して置き、作ったロケットの紙コップを重ねます。ゴムのバネでロケットの紙コップが跳ね上がりますよ。

動画でチェック!

子どもが喜ぶ手作りおもちゃ!紙コップロケット!

子どもが喜ぶ手作りおもちゃ!紙コップロケット!

5歳児向け紙コップ製作アイデア! その4:ビニール袋のオバケ

ストローでビニール袋を膨らませて遊べるおもちゃです。ビニール袋にオバケを描くのが定番ですが、子供が好きなデザインを描くのがいいでしょう。

紙コップ製作の作り方

必要なものは、ビニール袋ストロー紙コップセロハンテープマジックカッターです。

まずは、ビニール袋にマジックで好きなイラストを描きます。袋の口にストローを差し込んでセロハンテープで空気が漏れないようにしっかりと固定して、コップの底にカッターで穴をあけて、そこからストローを差し入れます。

遊ぶ時はストローから息を吹き込んで、袋が膨らむようにして遊びます。普通のビニール袋でもいいのですが、少し小さめにカットした袋や紙袋で作ると子供でも袋をパンパンに膨らませやすいので、遊びやすくなりますよ。

動画でチェック!

オバケだぁ‼︎ビニール袋と紙コップでオバケを作ったよ♩工作にも☆

オバケだぁ‼︎ビニール袋と紙コップでオバケを作ったよ♩工作にも☆

【最後に】

紙コップを使った制作物のアイディアはたくさんあります。多くの制作物は動いたり、音が鳴ったりするので、子供といっしょに作るととっても楽しいと思います。紙コップは安価で気軽に手に入るものなので、ぜひ園児といっしょにチャレンジしてみてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました