飛行機のリクライニングでトラブルにならないために!角度は?声掛けはどうする?


飛行機に良く乗る人は、エコノミーの狭い座席にうんざりしているのではないでしょうか?海外に行く時には12時間ほど乗っていることもありますよね?ただ、飛行機の座席の幅は航空会社や航路、客筋などで変わってきます。


それでもシートの背もたれの角度は客個人の自由であり、客が自分で調節するようになっています。なので、いろんな人が乗る飛行機の中、周りに配慮していないと、トラブルに発展しかねませんどうするべきなのでしょう?


スポンサーリンク

飛行機のリクライニングシート、倒す時は一言声をかけるべき?


日本人であれば、飛行機だろうと、新幹線だろうと、リクライニングシートを倒す際には、後ろの人に一声かけてから倒すのが常識ですよね。一言、「シートを少し、倒していいですか?」と尋ねるだけでトラブルを回避できますね。


ただ、飛行機には日本人以外の人が乗り合わせること多くあります。その場合は、そもそも尋ねたところで、それがマナーとして行っていると理解してくれることもありません。


外国人が多い国際線に乗る場合

国際線に乗る場合は、一段階、もしくは二段階までに留めて、食事中を避けて利用するといいでしょう。フルで倒すとトラブルになりやすいです。相手が日本人ではない場合、相手の納得がいくまで口論が続くでしょう。CAが間に入らないと解決しないことも多いでしょう。面倒だと思うのであれば、倒さない方がいいかもしれませんね。



私は経験上、海外の長時間のフライトほど、リクライニングシートの背もたれの角度に不満を感じたことがありません。短時間の安い航空会社のシートの方が角度がきついと思いましたが、新幹線ほどの直角だと感じませんでした。


シートを倒していいか英語でなんて言う?

ちなみに、英語で尋ねる場合は、

“Excuse me, may I recline my seat?”
“Excuse me, may I put my seat back?”
(すみません、シートを倒してもよろしいですか?)

です。
さらに、返答としてよくあるのが、

“Sure, no problem.”
もしくは、“Sure, go ahead.”

どちらも快く承諾してくれた時の返答です。

逆に、“No, sorry.” などと言われた場合は断られたことを意味します

日本人の場合は9割がた承諾してくれるでしょうが、外国人の場合は嫌なら嫌と言う文化ですので、承諾は6~7割程度でしょうか。


前の人に席を戻してほしい時は、

“could you put your seat up?” 
(席を戻していただけませんか?)

と言いましょう。



飛行機のリクライニングシートの角度、どこまで下げる?

まず、離陸や到着時は元の位置に戻さなくてはなりませんね。
さらに、食事の時間も後ろの席の人に迷惑がかかるので、席を戻すのがマナーです。


それ以外の時間に倒すかどうかなのですが、長時間のフライトでは寝る時間が設けられています、まずこの時間には、多くの人がフルに近い段階までリクライニングを倒すので、フルで倒しても大丈夫でしょう。


それ以外の時間であれば、1~2段階までに留めておいた方がいいでしょう。その程度であれば、断りを入れずに倒してもトラブルにならないことも多いと思います。


中国人観光客が座席のリクライニングめぐり大ゲンカ、飛行機から降ろされる―カンボジア



リクライニングシートを倒したら文句を言われてムカっ!どうするべき?


リクライニングシートを倒したら文句を言われた場合は、口論になりそうだと思ったらすぐにCAを呼びましょう。飛行機内でのトラブルはなんでもCA任せにした方が安全です。


CAが周りにいない時は、交渉を試みるといいでしょう。何も断りを入れずに倒したのであればまずはそれを詫びた上で、どの程度であれば倒してもいいのか後ろの席の人に確認しましょう。自分が冷静に下から尋ねれば、相手もすぐに冷静になってくれるでしょう。


それでも相手がひどく声を荒げているのであれば、CAを大声で呼んで、仲介してもらいましょう。


リクライニングシートの倒し方から口論へ・・・乗客同士のトラブルになったらどうする?


通常は、CAが間に入った時点で、互いの怒りのボルテージが下がります。冷静になったところでCAがお互いの言い分からちょうどよい解決策を見つけてくれるでしょう。


ただ、席を変えてくれるなどの対応はほとんど行いません。たまに、席が空いている場合に限り、席を変えてくれることもありますが、ほとんど航空会社では行わないでしょう。


過去には、リクライニングシートの口論から、CAではどうにもならず、機長が出てきて、空港まで引き返した事件もあったようです。こんなことにならないように、文句を言われたら、自分が引き下がるか、お互いの言い分の中間で交渉するようにしましょう。


【最後に】


飛行機の場合は、長時間のフライトや海外旅行の疲れなどでいら立っているケースも多く、また多国籍な空間になることも多いので、トラブルに巻き込まれることも多いです。


そんな時は、自分が引き下がってしまうのも一つの手です。自分の権利を主張しても、口論が長引くだけの場合もありますし、海外の航空会社であれば日本語がうまく通じない場合もあります。不利な立場で長時間言い争うよりも、さっと座席を戻す方が楽だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です