意外と多い!副業をしている看護師の実態は?単発バイトが人気?バレたらどうなる?


こんにちは!
元看護師ライターの「かなさ」です。

今回は、きつい看護師を続けていてもなかなか給料が上がらず、
ストレスが溜まり放題のあなたへ、副業の実態についてのお話です


「同じ病院で長年働いているのに全然給料が上がらない」
「重症度も高く残業ばかりやっているのに、給料が少ない」
など、給料に対する不満を抱えながら仕事をしている看護師はたくさんいます。


私も現役の頃は職場の同僚が集まると、毎回のように待遇面に対する愚痴大会。
特に、給与に対する不満を訴える人は多かったですね。
そして最終的には病院に対して仕事量と給料が見合っていないと感じ、
不満が蓄積した結果、退職してしまいました。


現在は主婦業の傍らライターとして活動していますが、
この仕事を通して副業をしている看護師が多いことを知りました。
正直、若いうちに副業のことを知っていたら、
もっと違った働き方が出来ていたのかなと、少し後悔しています。


今、この記事に目を通したことで、
看護師の副業の実態に触れることが出来たあなたはラッキーかも。
自分のスタイルに合った働き方を探してみましょう!


スポンサーリンク

意外と多い?看護師さんの副業実態。なぜ副業をしているの?


看護師という仕事をしながら本当に副業って出来るの?って思いますよね。
私が以前勤めていた病院では、「無理」でした。
その理由は、重症患者や救急患者が多く仕事内容がハードだったし、
副業禁止であったから


しかし、働いている場所によっては副業も可能なのです。

クリニックや療養型の病院で短時間のパートなど、
仕事量が少なく時間にゆとりがあれば、無理なく副業をすることができます。


私の友人は総合病院で働いていましたが、救急患者がなく時間にゆとりがあったため、ツアーナースの単発バイトを何度か行っていました。友人は子供が好きだったので、一緒に旅行も出来て楽しいと言っていましたよ。


このように看護師が副業を行う理由としては、

・年収をアップさせたい

・自分の体力に合った働き方をしたい

・気分転換をしたい、違う職業も経験してみたい

・旅行や車の購入など、急にお金が必要になった

というものがあり、働き方も様々です。



どんな副業をしている人が多い?単発の副業ってどんな内容?


意外に多い、副業をしている看護師。
その内容としては、


1. 単発のアルバイト

・コンサートやスポーツ観戦施設でのイベントナース
・修学旅行に引率するツアーナース
・健診・検診バイト


2. 福祉施設での短時間バイト

・デイサービス
・訪問看護(訪問入浴)


など、看護師としてのスキルを活かせるものや、

・夕方の数時間だけ飲食店でバイト
・キャバクラなどの水商売
・在宅ワーク
・モデル

など、全く違う分野まで幅広く選ばれているようです。


特に医療系の単発アルバイトは、
組織に属することなく気軽に行える上に給与も高いため、人気ですね。


このような単発の副業を探すには派遣・バイト専門の看護師求人サイトに登録して、探してもらうのが一番手っ取り早い方法です。


そして看護師とは全く違う分野のモデルのバイト
なんだか気になりますね。


看護師をしながらモデル業をしている人の多くは「サロンモデル」。
行きつけの美容師さんに声をかけられて始めている人も多いようです。
また、逆にモデル業のスキマ時間で単発の看護師バイトをしながら両立をしている人も。


このように、自分がやりたいことも実現しながら看護師を続けることで、看護師という職業を楽しめるという意見もあり、副業をすることにより金銭的にも精神的にもメリットが得られています。


実際に副業でどれぐらい稼いでいるの?稼いだら確定申告は必要?


では、実際に副業でどのくらい稼げるのでしょうか?


医療系の単発アルバイトの平均時給

医療系の単発アルバイトの平均時給は、

・デイサービス・・・1500円
・訪問入浴・・・1850円
・イベントナース・・・1200円(救護待機が主)
・健診ナース・・・2000円(採血) 1500円(測定)
・クリニック・・・1600円(エリアで開きがある)
・病棟日勤・・・2200円


医療系とは違う分野でのアルバイトの平均時給

医療系とは違う分野でのアルバイトの平均時給は、

・飲食系・・・950円
・水商売・・・エリアによりますが、3000~8000円
・モデル・・・サロンモデルの場合、時給ではなく謝礼として支払われており、全国平均は1日3000円。エリアでも開きがあり、ヘアショー、コンテストの謝礼は20000~30000円


こうしてみると、やはり稼げるのは医療系の単発アルバイトですね。


飲食系やキャバクラは職場の人が客として訪れたり、モデルに関しては拘束時間が長く、写真が紙面に掲載されることもありリスクが伴います


このような副業で、年間20万円以上(諸経費を除く)を稼ぐと確定申告が必要になります。


副業が禁止されている病院だけど・・・バレたらどうなる?バレない方法はあるの?


私の学生時代の同級生の男性看護師が、公立病院で働いていながら副業をし、それがばれてしまったために、大きな問題になったことがありました。


彼が行っていた副業とは…。
よりにもよって、いわゆる「マルチ商法」。
彼に多くの同僚看護師が声をかけられ、言葉巧みに商品を買わされ…。


そんな時、彼が私と連絡をとりたがっていることを知りました。
私はさすがに彼の副業に乗る気はなかったので、あらゆる手を使って彼からの連絡を遮断。


そんな時、彼の副業が本業の病院側にバレてしまい、
話し合いの結果自主退職を促されて看護師を辞めさせられてしまいました。


その時彼に声をかけられ、商品を購入した看護師すべてがマルチ商法の副業を疑われ、病院から取り調べを受けたとか。(彼と同じように退職を促されている人もいました)



本当に恐ろしい話です。彼のように、公立病院や副業禁止の病院でこのような行動をしてしまう人はほとんどいないと思いますが…。ただ、マルチ商法はハマってしまうと周りが見えなくなってしまうこともあり、注意しなければなりません。


副業禁止の場合はもちろんですが、
禁止でなくても周りに副業をバレたくないと思うこともありますよね。

そんな時は何を注意したらよいのでしょうか?


1. 副業は本業の病院から離れた場所で行う。

2. 年間の収入が20万円を超えたら、確定申告をおこなう。

3. 確定申告時、住民税の支払いを「普通徴収」にする。


これだけです。
あとは、マルチ商法に手を出さない。(笑)
マルチ商法に手を出すと、どんどん広がっていくので確実にバレてしまいますから。


【まとめ】


いかがでしたか?
看護師の副業の実態について、触れることは出来ましたか?


看護師が行う副業として、
・イベントナース
・ツアーナース
・健診バイト
・デイケア、訪問入浴

などの医療系のアルバイトからサロンモデルまで、単発のアルバイトが人気です。


そして、副業をしていることがバレることがないように、
・本業の職場とは離れた場所で副業をする。
・年間20万円(諸経費除く)以上の所得があれば、確定申告をする。
・住民税は「普通徴収」で支払う
ことが大切です。


やはり医療系の単発のアルバイトは、違う環境で看護のスキルを活かすことができ、自分の得意分野を見つけることも出来ます。副業をしているうちに自分のやりたいことを見つけて、いつの間にかそれが本業になっていた、なんてこともよくある話です。


もし、あなたが今の給与や環境に不満があり、ストレスを溜めているのなら…。
派遣、単発アルバイトの求人サイトに登録・相談してください

色々な働き方があることに気付かされると思いますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です