新人看護師が4月・5月に抱える悩み4つ!解決方法は?

スポンサーリンク
看護師の人間関係
スポンサーリンク

国家試験も無事に終わり、気持ちは晴れ晴れ、フレッシュな気持ちで看護の世界に飛び込んだ新人看護師の皆さん!

初々しい表情と緊張した姿勢を見ると、なんとも可愛らしく、自分の新人時代が昨日の事のように思い出せます。

ですが、一日一日経っていくうちに、こんなはずじゃなかった、思うようにできない、もう行きたくない…などなど、多くの壁に当たってしまいますよね。

今回は、そんな、看護師になりたての4月5月に抱える悩みや解決方法に迫ってみたいと思います!

スポンサーリンク

【新人看護師が抱える悩み4選!その1:スタッフが怖い!】

新しい環境になり、周りは初対面の方ばかりです。最初は指導係であるプリセプターが付きっ切りで接してくれる場合もありますが、交代勤務なので、常に一緒とは限りません。

もちろん、仕事なので、他のスタッフに質問したり、教えてもらったりと、話す機会は山のようにありますよね。

ただ、スタッフ皆が親切とは限りませんし、プリセプター自身が、話しかけにくいタイプということもあるんですよね。

私の新人時代にも、聞いてもまともに教えてくれない、そっけない態度を取るといったスタッフがいました。怖いタイプの先輩って、いるものですよね。

そんな時は、質問などは他のスタッフにするようにしていました。どうしても、という場合以外は近寄らず、触らぬ神に祟りなし!の精神で、なるべく距離を置いていました。

ただ、私の場合、その先輩スタッフは、新人が好きではない・新人指導が面倒というタイプだったので、慣れてくると熱心に指導してもらえたり、仲良くなれたので良かったですね。

どうしても、怖くて辛い場合は、思い切ってプリセプターをはじめ、相談できるスタッフに打ち明けてみるのも、一つの方法ですね。味方になってくれるスタッフは必ずいるはずです!

【新人看護師が抱える悩み4選!その2:患者さんが怖い!】

働き始めた当初は、自分一人で行える事も少ないですし、分からない事だらけです。

しかし、患者さんにとって、一看護師には変わりありません。

患者さんの中では、新人だからと言って、露骨に嫌な顔をする人もいます。よくありがちなのは、注射に失敗した時に「上手な看護師に交代してくれ」「また、あんたか」と拒否される事です。

私も何回言われたか分かりません。自分の技術が足りないことは自覚していますが、やっぱり落ち込みますよね…。

それでも、避けて通ることはできないので、

・なんとか頑張ってトライする。
・注射など技術的な事を失敗した時は、早々に先輩看護師に交代を依頼する。
・誠心誠意をこめて、患者さんに対応する。
・超怖い患者さんの場合は、プリセプターに相談して、担当を外してもらう

担当を外してもらうことは、今後の事を考えると、あまり得策ではないかもしれません。

しかし、委縮しすぎて動けなくなる、患者さんの怒りが大きいなどの場合は、患者さんや自分自身にとっても良くないので、まずプリセプターに相談してみましょう。

【新人看護師が抱える悩み4選!その3:自信が持てない!】

4月5月は、新しい環境に慣れるだけで日が経ってしまいますね。

さらに、次から次と新しい技術などが出てきて、分からない事やできない事は山積みです!

その上、先輩看護師に注意され、患者さんに怒られ、医師に怒鳴られ、怒られてばかりいると、ますます自信がなくなってしまいますよね。

でも、大丈夫です!できない事なんて、まだまだ多くて当然です!

ありきたりな言葉かもしれませんが、本当に、最初からできる看護師なんて、いないんです。

数か月後には、余裕でできる技術も沢山増えますし、最初はできなくて苦労したな、って思えるくらいになっているはずです!

もちろん、自己学習や積極的な仕事ぶりなど、努力は必要です。なので、今は、自分にできる事、例えば、患者さんの訴えを一生懸命に聴く、誰よりも早くナースコールを取るなどなど、真摯に取り組んでいるうちに、きっと成長できますよ!

【新人看護師が抱える悩み4選!その4:仕事の事が頭から離れない!】

仕事に早く慣れようと頑張っているうちに、家に帰っても、休日でも、仕事の事ばかり考えてしまいます。

指導を受けた内容の復習、次に担当する処置の予習、看護過程、サマリー作成、新人チェックリスト…こなしてもこなしても終わる気がしません。

家に帰っても、ナースコールが聞こえたり、心電図モニターのアラームが鳴っていることはないですか。私は、新人時代に限らず、何年経っても聞こえてくることはありますが(笑)

これでは、ずっと仕事に追われているような感覚になってしまって、気が休まりませんよね。

そんな時は、同僚や友達、家族など気を許せる人達に話したり相談したり、趣味に没頭したり、思いっきり寝たり、などストレス発散が必要です。

ストレス発散してリフレッシュする事で、また仕事に頑張る意欲が出てきますものね!

【最後に】

新人時代は、仕事だけではなく、職場やスタッフに慣れるだけでも精一杯です。

そのうちに、だんだん職場にも慣れてきて、仕事も徐々にこなせるようになるので安心して下さい!

ですが、4月5月の山のような壁をなんとか超えようと、ストレス発散してみても、なんだかスッキリしない、気が重い、仕事を辞めたい…と思うことはありますよね。

人間関係などで、どうしても今の職場が合わない、仕事の事を考えると辛くて辛くてしょうがない、という場合は、思い切って転職してみる、という選択肢もあります!

私の友人にも、どうしても職場に足が向かず、早々に退職した看護師がいます。その後しばらくの休養を経て新たな職場で再スタートを切り、元気に看護師を続けていますよ。

ですので、新人看護師で、働き始めたばかりで転職なんて…と不安にならなくても大丈夫です!それに、看護師の求人はどこにでも沢山ありますし、転職サイトも豊富にあります。

無料登録ができるようなので、気軽に登録だけしてみて、どんな職場があるのか見てみるのもよいかもしれませんね。

よく読まれている記事
看護師の人間関係
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました