初午大祭2019!熊本・三重松坂・宮城竹駒神社の初午大祭のみどころまとめ!

毎年2月になると各地で行われる行事のひとつに「初牛大祭」というものがあります。

読み方は「はつうま」であり、2月の初めの午の日に開催されるから「初午」なんですね。

初午大祭は全国各地で行われていますがもともとの発祥の地は京都の伏見稲荷大社であり、全国各地でも稲荷神社で行われている行事となります。

初午大祭、そして初午とはどういう意味があるのか、また各地の初午大祭についてもチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

【初午大祭の季節・・・ ところで初午ってどういう意味?】


最初に「初午」の意味ですが、起源はなんと1300年ほども遡った京都の伏見稲荷大社となっています。

伏見稲荷大社では五穀を司る「宇迦之御魂(うかのみたま)」という農業の神様が祀られています。

この神様が稲荷山に降り立った日が「初午」であり、稲荷神社で初午の日にお祭りをするようになっていったんですね。

「宇迦之御魂」というと聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、「お稲荷様」というととても身近な、親しみのある神様になりますね。

お稲荷様は五穀を司る農業の神様であり、稲荷山に降り立った日に五穀豊穣、家内安全、そして商売繁盛を祈願するようになったのは自然な流れだったのかもしれません。

「初午」「午」は十二支でご存知の方も多いですが、日本では十二支だけではなく日付・時刻・方角全てを「十千十二支」という考え方で分類し、決められていました。

この決め方によって、「初午」「年が明けた最初の午の日」という意味になるのですね。

「じゃあなんで1月じゃなくて2月なの?」と思われるかもしれませんが、実は昔の日本では一年の区切りを立春→節分までとしていたんです。

ですから「初午」は立春から先の初めての午の日、ということなんですね。

2019年の初午の日は

2019年2月2日

となります!

本来は旧暦で考えていましたので、より正確に言うと昔の……本来の初午の季節というと「3月初旬」が正解だったようです。

少し暖かくなり農作業を始める目安にもなる…・・これが初午だったのですが、現在ではちょっと早い、寒い季節の行事ですね。


【全国の初午大祭紹介! 三重県松坂市の初午大祭とは?】


三重県松阪市で行われる初午大祭といえば「岡山寺継松寺」が有名で、こちらでは毎年3月に初午大祭が開催されます。

着物姿の女性らかごに乗り練る 松阪初午大祭



岡山寺継松寺の初午大祭は「春を呼ぶ行事」として厄年の方がもちろん、その他大勢の参拝者が訪れる大きなイベントです。

周辺は交通規制が敷かれた上でたくさんの露天が立ち並び、「厄をはじきさる」という縁起がある「猿はじき」「ねじりおこし」が販売されています。

見どころとしては動画でも確認出来る通り、「厄まいり宝恵かご道中行列」という厄年を迎えた着物姿の女性が練り歩く行事が開催されます。

これは「袖を振る」ことによって「厄を払う」「幸せを招き入れる」を祈願する、華やかな行事となっていますのでおすすめです!

2019年3月の初午は

3月10日(日)

となっています。

日程について公式ではまだ情報がありませんので、公式の情報もこまめにチェックしておくと安心ですね!

厄年の方はもちろん、その他大勢の方が訪れる人気のお祭りとなっていますので、平日であってもたくさんの方で賑わい、混雑します。

当日岡山寺継松寺へ行ってみようと思われる方は少し時間に余裕を持って、ゆっくり回れるようにしておきましょう!

公式サイト:
三重県で厄除けなら松阪市にある「岡寺山 継松寺」へ
三重県松阪市にある「岡寺山 継松寺」は日本最初の厄除観音の霊場です。3月の初午大祭をはじめとした行事を行っております。通称岡寺、あるいは岡寺観音と呼ばれ厄除けの観音さまの霊場として親しまれています。

【全国の初午大祭紹介! 熊本の初午大祭とは?】


熊本県での初午大祭といえば、やっぱり「熊本城稲荷神社」が一番有名でおすすめです!

熊本城稲荷神社 初午大祭 御神幸行列 (2015)



熊本城稲荷神社の初午大祭は初の訪れを祝い、吉祥縁起のお祭りとして一時間ごとに「福もちまき」が行われます。

邪気を払って長寿・無病息災を祈るものとして甘酒も無料で振る舞われており、1日中様々な行事を楽しめるんですね。

2019年の熊本城稲荷神社初午大祭開催日についてですが、こちらはもう予定が出ていまして

2月2日(土)

となっています!

動画や公式サイトを見ても分かる通り熊本城稲荷神社の初午大祭は人気も高く、特に「福もちまき」などでは身動きも取りにくくなるほどの参拝者が集まることになります。

その他開運太鼓や獅子奉納などたくさんの行事がありますので、ぜひスケジュールに余裕を持ってゆっくりお過ごしくださいね!

公式サイト:
熊本城稲荷神社は熊本県熊本市にある、加藤清正公が勧請した神社です。
熊本城稲荷神社は、1588年(天正16年)、加藤清正公が肥後の国主として入国するにあたり勧請した神社です。 現在では、安産と母子の健康を願う安産祈願やお子様にとって初めてのお参りとなる初宮参り、商売繁盛、家内安全などの各種ご祈祷をご奉仕させていただいてお...

【全国の初午大祭紹介! 宮城県竹駒神社の初午大祭とは?】


最後に宮城県で有名な初午大祭の場所ですが、宮城県の初午大祭といえば「竹駒神社」がおすすめです!

旧暦2月の初午の日から7日間かけて様々な行事が行われる竹駒神社にとっても最大のお祭りであり、3月には神輿渡御と竹駒奴の行列と、どちらも見逃せない見どころとなっています。

平成30年 竹駒神社 初午大祭 神輿渡御



開催日程についてはまだ詳細な情報がありませんが「旧暦の2月の初午の日」に合わせると3月10日(日)になります。

スケジュールも長いのでうっかり間違えたままですと大変ですので、公式サイトや情報のこまめなチェックをおすすめします!

竹駒神社の初午大祭も特に「神輿渡御」「竹駒奴」の人気は非常に高く混雑する可能性がありますので、スケジュールに余裕を持っておくと安心ですね。

参考サイト:

【まとめ】

初午大祭は「そもそもなんのお祭りだろう」と思われていた方もいらっしゃると思いますが、このように全国各地で開催されるお稲荷様の行事であり、楽しく過ごせる内容となっています。

まだ寒い季節にはなりますが、ぜひ次回の初午大祭はお近くの場所を探してみる、また今回ご紹介した場所へ行ってみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です