いわて雪まつり2018の楽しみ方ガイド!服装の正解は?コンテストは?

スポンサーリンク

いわて雪まつりは毎年冬に岩手で開催される大きな雪まつりイベントの一つで、2017年に50回目を迎えた歴史の長いお祭りでもあります。


そんないわて雪まつり、次回51回目の開催についてもやっぱり気になりますよね。


51回目のいわて雪まつりは「もっと楽しく、もっとつながる、もっと広がる」新型いわて雪まつりとして更にバージョンアップするとなっていて、聞いた方も今からそわそわしてしまうのではないでしょうか。


次回2018年に開催される51回目のいわて雪まつりについて、今のうちから情報をチェックしておきましょう!


スポンサーリンク

【岩手県の2月といえば!いわて雪まつり!】



いわて雪まつりは岩手県で毎年2月に開催され、「八戸えんぶり」「弘前城雪燈籠まつり」「なまはげ柴灯まつり」「横手かまくら」と合わせて「みちのく五大雪まつり」のひとつとなっています。


様々な雪像が有名ですがそれだけではなく、ステージショーや屋台村など、様々な年代の方が幅広く遊べるイベントとして地元の方にとっても愛されています。


そんないわて雪まつりの51回目、「新型いわて雪まつり」としてバージョンアップする次回開催は会場などにも変更点があります。

現在出ている新型いわて雪まつりの日程・概要についてを以下にまとめていますので、今のうちにチェックしておきましょう!


日程:2018年2月14日(水)から18日(日)まで

会場:岩手山南麓エリア


第一会場:岩手高原スノーパーク

・大雪像

・テーマ雪像

・ステージショー

・グルメロード

・天空の花火 など


第二会場:網張温泉スキー場

・雪見風呂

・雪燈籠


第三会場:雫石スキー場

・ソリ遊び



・雪原クルーズ

・チュービング など


第四会場:小岩井農場

・かまくらジンギスカン



・臨時駐車場


第五会場:盛岡手づくり村

・雪見酒、地酒まつり

・物産、工芸


第六会場:たきざわ自然情報センター

・スノーシュートレッキング

・雪体験


こうして会場、行われる内容を見るだけでもイベントが本当に多く、全部楽しめるのか不安になってしまう程の規模ですよね!

今年のコンテストの開催についてはまだ情報がありませんので、こまめに公式サイトをチェックしておくことをおすすめします。


公式サイト:
いわて雪まつり 公式サイ「変わる。いわて雪まつり」ト|トップページ
第51回いわて雪まつりの公式サイト。もっと楽しく、もっとつながる、もっと広がる、新型いわて雪まつりへ、バージョンアップ。


昨年までと会場や日程が変わりますので、次回のいわて雪まつりの来場者数は変化するかもしれません。

昨年の場合ですと雪が少なかったに関わらず8日間に15万1千人ほどと、たくさんの方が遊びに行く楽しい場所となっています!




【いわて雪まつりのみどころは?】



今年は「新型いわて雪まつり」としてリニューアルしていますので多少変更があるかもしれませんが、いわて雪まつりの見どころもいくつかご紹介していきたいと思います!


◎見どころ1:ライトアップ◇


2015年 岩手県・小岩井農場まきば園 いわて雪まつり 雪像ライトアップ Trip to Tohoku Japan Iwate Snow Festival in Koiwai farm



いわて雪まつりとは様々な雪像を楽しむことを目的としている方も多くいらっしゃいますが、雪像は夜になるとライトアップされ、違った美しさを楽しむことができます。


昼間の明るい時間に見る雪像はもちろん、夜のライトアップされた幻想的な雪像もぜひチェックしてくださいね!


◎見どころ2:花火◇


[HD]いわて雪まつり2011 花火



ライトアップと合わせていわて雪まつりでおすすめしたいのが花火で、初日2月14日、そして17.18日の土日の夜には花火が冬の空を彩ります。


ライトアップと合わせて花火も眺めることが出来る貴重な機会ですので、いわて雪まつりに遊びに行く際は見逃さないようにしてくださいね!


◎見どころ3:ステージショー◇


B-famいわて雪まつり@小岩井農場【公式】



いわて雪まつりでは様々なステージショーも見ることが出来ますので、ぜひスケジュールを事前にチェックして見ておきたいステージを把握しておくことをおすすめします!


【いわて雪まつりの防寒対策!服装の正解は?】



「東北地方は雪が積もる寒い地域」という認識は広くされていますが、具体的にはどの程度寒いのか、どんな防寒対策をしておけば良いのかも気になりますよね。


岩手の2月の最高気温平均は2.9℃、最低気温となると-5.2℃ほどになりますので、かなりの防寒対策が必要です。

最低気温を見ると分かりますが特に朝と夜は冷え込みますので、ライトアップなどを楽しみたい場合はしっかり防寒対策をしておきましょう!


基本的な暖かい格好としてはダウンジャケットやコート、そしてヒートテックなど温かいインナーと長袖のシャツ、セーターなどがあると安心です。



防寒対策としてはできるだけ肌を露出しないことが大切になりますので、温かい帽子やマフラー、手袋、耳あてなども用意しておくことをおすすめします。



また足元の冷えを防ぐことも忘れてはいけませんので、暖かい靴下(場合によっては重ね履き)、ボアブーツ、スノーシューズなども用意しておきましょう。



靴の注意点として絶対に忘れてはいけないんですが、靴底がゴム製の滑りにくいものを選びましょう。

特に雪の上を歩くことに慣れていない都市部の方は、「雪は想像以上に滑るし冷える」というイメージでいたほうが安心ですよ!


【いわて雪まつりの全日程に参加したい!宿泊のおすすめは?】



いわて雪まつりは14日から18日までの5日間と長いもののイベントももりだくさんで、「例え行けたとしても全会場を制覇することは厳しいんじゃ……?」と思ってしまいますよね。

会場もたくさんあるので、「車を運転出来ないと回りきることもできないのでは」という心配もあります。


冬の雪まつりというとどうしてもさっぽろ雪まつりのツアーが多く、検索してもなかなか出てこないのでなおさら心配もしてしまいます。

しかしクラブツーリズムなどでは昨年も「東北雪まつりのおもてなしキャンペーン」がありましたので、今年も期待して良いのではないでしょうか!


クラブツーリズム

公式サイト:
クラブツーリズム|海外旅行、国内旅行、バスツアー、旅の友
海外旅行・国内旅行・バスツアー・テーマ旅行なら、クラブツーリズム!添乗員付きツアーならしっかりサポート!フリープランは自由気ままに!定番ツアー、おすすめツアー、人気のツアーをご紹介しています。ツアーの検索・ご予約も簡単です。


全制覇出来るかについては、そういったツアーを探すか自由に動ける車があったほうが自由に動けるのは確かです。

まだまだツアーなどの情報はあまり見かけませんが、これからの情報に期待しても良いと思いますよ!


【まとめ】

いわて雪まつりは冬の雪まつりイベントとして規模も大きく、また毎日楽しめるライトアップなども充実しています。

寒い季節ならではのおまつりとして、出来れば有休などを確保してゆっくり遊びに行きたいイベントですよね!


ツアー情報やいわて雪まつりの詳細情報もこれからどんどん出てくると思いますので、見逃さないようにチェックしておきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です