全国で訓練!文化財防火デーとは?何をする日?どんな訓練内容?文化財とは?

毎年1月26日「文化財防火デー」です。 あまり聞いたことがないという人も多いかも知れませんね?


「文化財防火デー」は、国民の文化財保護の対する関心の維持・高揚を図る目的で、昭和30年に制定されました。


この日は文化庁と消防庁が協力し、全国で文化財を守るための訓練が一斉に行われます。文化財防火デーとは、具体的にどんな訓練を行うのでしょうか。


今回は、文化財防火デーについて調べている人へ、文化財についての情報も合わせてご紹介します。



スポンサーリンク

【毎年1月に行われる文化財防火デーとは?】

「文化財防火デー」は、文化財を火災や自然災害から守るため、防火訓練などの啓発活動を行う日です。


1949年1月26日、世界最古の木造建築物として知られる奈良県の法隆寺の金堂から出火し、内部を全焼してしまう出来事がありました。


出火元は壁画の模写をしていた作業員が使用していた電気座布団で、これにより、堂内の貴重な仏教壁画の大半が焼損してしまいました。



これを踏まえ、1年で最も火災が発生しやすいのが、1月と2月であることから、当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)が、翌年1950年に「文化財保護法」を制定し、1955年から1月26日を「文化財防火デー」と定めました。





【文化財防火デーの訓練はどんな内容?】

「文化財防火デー」の訓練は、文化財所有者等の協力のもと、全国各地で消防関係者、文化財関係者、教育関係者、地域住民が協力して、防災訓練等が実施されています。


2017年は東京都大田区の池上本門寺奈良県の唐招提寺が消防庁長官及び文化庁長官等が視察を行う訓練先として選ばれました。


東京都の池上本門寺の訓練を紹介すると、「1月26日10時00分に発生した首都直下地震により、池上本門寺大堂から出火し、逃げ遅れた人多数と共に重要文化財に焼失危険が生じた」という想定で訓練が行われました。


2時間に渡って行われた具体的な訓練内容は、「初期消火、避難誘導、119番通報、応急救護、文化財搬出」などです。


主な参加者は、以下の通りです。
1.自衛消防隊等 (3隊27名 ):(池上本門寺17名、株式会社ディスコ5名、松井病院5名)初期消火、119番通報、応急救護、文化財搬出
2.市民消火隊等 (2隊10名):(堤方東町会市民消火隊・災害時支援ボランティア)初期消火、応急救護
3.消防団隊 (4隊20名):(大森消防団 団本部、第4、第5、第6分団)初期消火、応急救護
4.消防隊(24隊98名) :(指揮隊1、ポンプ隊14隊、梯子隊2、屈折放水塔車1、水槽車1、消防活動二輪1、救急隊1、消防ヘリ3)全体統括、講評


全国各地の防災訓練の過去の事例は、下記の文化庁公式HPの詳しく掲載されていますので、参考にして下さい。


<参考>文化財防火デー(文化庁公式HP)
文化財防火デー | 文化庁
1月26日は,「文化財防火デー」です。文化財防火デーの制定は,昭和24年1月26日に,現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し,壁画が焼損したことに基づいています。この事件は国民に強い衝撃を与え,火災など災害による文化財保護...


動画_「文化財防火デー 池上本門寺」



【文化財防火デーのあいさつ、講評は誰が話すの?】

「文化財防火デー」のあいさつは、地域によって違いますが、市区町村教育委員会や消防署長などの消防関係者が行い、全体統括や講評は、消防隊が行います。2017年の池上本門寺では、消防総監による講評と総務省消防庁長官の挨拶がありました。


平成26年に北秋田市の文化遺産「旧阿仁鉱山外国人官舎(通称:異人館)」で行われた「文化財防火デー」想定訓練での、市教育委員会生涯学習課の課長のあいさつをご紹介します。


「阿仁地区は、マタギや鉱山の資料、根子番楽に代表される無形民俗文化財の衣裳や道具など大事なものがたくさんあります。文化財に関心を持ってもらうとともに、大事な文化財を守って後世に伝えていくため、皆さんのご協力をお願いします」
日本の文化財は、国民の貴重な財産で、歴史的、文化的にも価値の高いものです。国民自身もそれらを守る意識を持つことが大切です。


【そもそも文化財とはどんな基準で決められる?国宝との違いは?】

文化財は、文化審議会(文部科学大臣及び文化庁長官の諮問機関)が選定します。「文化遺産」とほぼ同じ意味で、人類の文化的活動によって生み出された、有形・無形の文化的所産の保存が必要と認められた場合、文化財として選定されます。


文化財には、無形文化財、有形文化財(建造物、美術工芸品)、民俗文化財、記念物、文化的景観、伝統的建造物群保存地区などがあります。有形文化財のうち特に重要なものを「重要文化財」と言います。


なんと個人宅でも、条件をクリアすれば、「登録有形文化財」として指定することも可能だそうです!


また、人間国宝とは、「重要無形文化財保持者」の通称で広く用いられています。人間国宝になると、国から年間200万円の「特別助成金」が支給されます。


「特別助成金」は、あくまでも個人が携わっている文化や伝統に対してのもので、私的に使うことは出来ません。後継者の育成など、その文化を後世に継承していくために使用するお金です。


また、文化財を焼失させたり、傷つけてしまった場合、損失金額はどれぐらいになるのでしょうか。


各自治体の文化財保護条例施行規則の「文化財の出品又は公開に係る費用等負担に関する規則」において、


第十条 補償金の額の決定は、次の各号のいずれかに掲げる金額を基準として行うものとされます。


一 文化財が滅失した場合においては、当該文化財の時価に相当する金額
二 文化財が損傷した場合においては、当該文化財の損傷の箇所の修理のために必要と認められる経費及び当該文化財の損傷前の時価と修理後の時価の差額の合計額に相当する金額(当該文化財の損傷の状況により、これを修理することが不適当又は不可能であると認められるときは、損傷前の時価と損傷後の時価の差額に相当する金額)


<参考>防府市-文化財の出品又は公開に係る費用等負担に関する規則



では、重要文化財や国宝、世界遺産との違いは何でしょう?


重要文化財や国宝は、国の判断で保護すべき価値のあるものを選定し、世界遺産は、世界レベルで後世に残すべき価値のあるものを選定しています。


<重要文化財>

日本にある有形文化財のうち、歴史的・学術的に特に重要なものを文部科学大臣が文化財保護法に基づいて指定したもの。
例)建造物、美術工芸品、絵画、彫刻、工芸品、書跡・典籍、古文書、考古資料、歴史資料など


<国宝>

重要文化財の中で、特に世界の観点から価値が高く、他に類を見ないとされた文化財を、「国民の宝」として文部科学大臣が指定したもの。


<世界遺産>

世界遺産条約に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡・景観・自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」をもつ不動産


移動が不可能な不動産やそれに準ずるものとなっています。ユネスコの世界遺産センターが判定し、世界遺産会議で審議・認可されます。


例)法隆寺地域の仏教建造物、姫路城 古都京都の文化財、古都奈良の文化財、白川郷の合掌造り、原爆ドーム、厳島神社、日光の社寺、屋久島など



【最後に】

「文化財防火デー」についてご紹介しました。「文化財防火デー」は、日本の貴重な文化財を火災や震災から守るために、毎年行われている訓練でした。


今回ご紹介したのは、


「文化財防火デー」は毎年1月26日
「文化財防火デー」の訓練は、全国各地で消防関係者、文化財関係者、教育関係者、地域住民が協力して実施される
③具体的な訓練内容は、「初期消火、避難誘導、119番通報、応急救護、文化財搬出」など


などをご紹介しました。参考にしていただき、「文化財防火デー」の訓練を見学してみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です