湯かけまつりin川原湯温泉2018!みどころは?参加方法は?

スポンサーリンク


群馬県の川原湯温泉で毎年極寒の1月に行われる湯かけまつり。冬の一番寒い時期とされる大寒に開催される上に、1日の中でも一番冷え込む早朝にお湯をかけ合うという奇祭です。


最近では八ッ場ダムのためお祭りの開催地も変更になっているようです。そんな川原湯湯かけまつりについて、どんな歴史のお祭りなのか、開催概要やみどころなども見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

川原湯温泉の1月といえば湯かけまつり!


湯かけまつりの歴史

川原湯温泉は源頼朝が発見した温泉とされています。その発見から約400年経った頃、温泉が出なくなってしまいます。困った村人たちは温泉のニオイに似た卵を産むニワトリを生贄に祈りました。


そうしたところ再び温泉が湧き「お湯が湧いた!」と言って喜んでいましたが、それが段々「お祝いだ」となりお湯をかけ合うお祭りになったそうです。

この地域は温泉地として栄えたため、「温泉=生活の中心」という人が多く、このお祭りは地元の人にとって、とても大切な意味を持ちます。ちなみに八ッ場ダム建設のため2013年より代替え地での開催になっています。


開催概要

毎年大寒の日に合わせて行われる湯かけまつり。2018年は下記の日程で行われます。


日時2018年1月20日(土) 5:00~

場所:川原湯温泉、王湯共同湯前(群馬 県吾妻郡長野原町川原湯485)

アクセス:JR川原湯温泉駅→車2分。または徒歩15分

例年の参加者は約60人。来場者数は数百人程の温泉街の小さなお祭りです。


2015年川原湯温泉湯かけ祭り




川原湯温泉ってどんな温泉?効能なの?


川原湯温泉は800年以上昔からある古い温泉地です。八ッ場ダムの建設に伴い、高台の代替え地に移転しています。歴史の古い温泉地ではありますが、移転のため温泉・宿泊施設は新しく綺麗なので、若い人にもオススメの温泉地です。


泉質は、含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

効能は、神経痛、筋肉痛、胃腸病、婦人病 とされています。

お湯はそれほど硫黄の香りは強くなく、クセの少ない優しい肌触りの温泉です。


川原湯温泉の湯かけまつり、みどころは?参加方法は?


参加者のほとんどが地元の人ですが、一般の人も参加できます。開始時間が朝5:00~なので、近くのホテル・旅館に宿泊できてお祭りにも参加できる旅行プランが用意されています。3歳以上の健康な人であれば女性でも参加可能です。


温泉の恵みに感謝!川原湯温泉湯かけ・四万温泉湯立て祭り参加プラン

【吾妻・1泊2日・ガイドツアー】温泉の恵みに感謝!川原湯温泉湯かけ・四万温泉湯...
【最安値保証】【吾妻・1泊2日・ガイドツアー】温泉の恵みに感謝!川原湯温泉湯かけ・四万温泉湯立て祭り参加プランを予約するなら日本最大のレジャー情報サイトアソビューへ。四万・吾妻・川原湯のガイドツアーの魅力を写真・動画で紹介中。


直接観光協会へ申し込む場合は↓

川原湯温泉協会
名残惜しまれながら新天地へ引っ越し致しました。新たな一歩を踏み出し、『湯かけ祭り』の舞台もここへ移ります。

TEL: 0279-83-2591


みどころ

①迫力満点の歴史あるお祭り

極寒の1月20に行われる湯かけまつり。下帯姿の若い男達が、紅白に分かれて桶に入れた温泉の湯をかけ合います。「お祝いだー、お祝いだー」という威勢の良い掛け声とともに会場に飛び散る水しぶき。温泉地に相応しい勇荘なお祭りです。


②見物客も見境なし!

参加者は紅白に分かれてお湯をかけ合いますが、見物客も安心はできません。カッパを着ていなかろうが、カメラを持っていようが、会場にいる人は丸ごと参加者です。


バッシャバシャお湯がかかります。見物のみの方も会場に行く際は、防寒だけでなく防水の用意もしっかりしていきましょう!


③宿泊付きプランなら観光もできる

近隣の四万温泉に宿泊+湯かけまつりへの参加プランなら、前日集合で近くの観光をしたり、道の駅で蕎麦打ち体験などもできます。


当日自分で移動・参加だと何かとバタバタしたり、冬の山道の運転は危なかったりするので、宿泊付きのプランが安心できてオススメです。


2016年川原湯温泉湯かけ祭り



湯河原の湯かけまつりも有名、、川原湯温泉の湯かけまつりとの違いは?


湯河原湯かけまつり

温泉地のお祭りとしては湯河原の方が地名度は高いかもしれません。神奈川と静岡の県境にある湯河原温泉の湯かけまつりです。コチラは5月に行われます


河原湯との一番の違いはお神輿を担いで練り歩く参加者に向かって観客がお湯をかけることです。また、5月の開催なので、極寒の中で行われる川原湯温泉とは雰囲気もだいぶ違ってきます。


湯河原の湯かけまつりは、湯の効能が高いとされ、大名や天皇家へ桶にお湯を入れて献上されていました。献上するお湯が出発する前にお祓いをしたことを再現したお祭りです。


開催概要

日時毎年5月の第4土曜日 19:00~21:00

場所:神奈川県湯河原町 湯河原温泉

来場者数:13,000人


2017年 湯河原湯かけ祭り 神輿渡御 その2



【まとめ】

川原湯温泉 湯かけまつり

約400年前に温泉のお湯が出なくなった時に、ニワトリを備えて祈祷したことから始まったお祭り

毎年大寒の1月20日 朝5:00から行われる

紅白に分かれて極寒の中お湯をかけ合う奇祭


神奈川の湯河原温泉 湯かけまつり

大名や天皇家へ温泉を献上する際のお祓いを再現したお祭り

桶をたくさん積んだお神輿に沿道の観客がお湯をかける

毎年5月第4土曜日の19:00から行われる


お湯が枯れた温泉地が一縷の望みをかけて神様に祈ったのが始まりの川原湯の湯かけまつり。温泉が湧くことへの感謝の気持ちを込め、観客も巻き込んでビチャビチャになる楽しいお祭り。1度訪れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です