年越しそばの食べるタイミングはいつ? 納豆・バナナ・ガゼリ菌ヨーグルトの食べるタイミングは?

スポンサーリンク


年越しそばって毎年、義務のように食べる人が多いと思います。これを食べないと、なんだか、大晦日を過ごした気がしませんし、新年を迎えることもできない気がしますよね。


でも、年越しそばを食べるタイミングって何が正解なのか、みなさんはご存知ですか?そもそも年越しそばってなんで食べるんだっけ、と思っている方もいるんじゃないでしょうか?

来年も良い年を迎えられるように、年越しそばについて勉強してみませんか?


スポンサーリンク

年越しそばの食べるタイミングの正解は?何時に食べる?

年越しそばを食べるタイミングって結構分からないものですよね。年越しそばは大晦日の夜、新年になる深夜0時ちょっと前に食べると言う人も多いかもしれません。でも、夕飯を食べた後でお腹いっぱいだし、あんまりおいしく感じられない人も多いんじゃないですか?


実は、年越しそばは年が明ける前に食べる物なんです。
つまり、大晦日の夜に食べると決まっているものじゃないんです。


なので、大晦日の晩御飯と別に年越しそばを食べる家庭が多いと思いますが、晩御飯に年越しそばを食べたっていいんです。なんなら、朝ご飯や昼ご飯でもOKです!


また、縁起物である年越しそばの始まりは、鎌倉時代に遡り、博多のお寺で年を越せないほど貧しい人々に、精進料理だったお蕎麦にお正月のお餅を足したそば餅を振舞ったことで、翌年にそのそば餅を食べた人々の運気が上がったことから貴族や武士、庶民にも広まったとされています。


なので、お蕎麦が起源ですが、全国的に見ると、地域によってはうどんを食べる地域もあります。香川県では、太くコシがあるようにという願いからうどんを食べるそうです。


縁起物である年越しそばは、習慣として食べるのはなくて、願掛けをしてたべることに意味があるので、来年は良い年になるようにと願うのであれば、麺類何でもよいのかもしれません。


【雑学】年越しそばってどのタイミングで食べるの??【今日のトリビア】




納豆の美容効果が最も高い食べるタイミングは?


納豆と言えば、朝食にご飯とみそ汁と一緒に食べる人が多いと思いますが、美容効果を期待するなら、実は夜がベストなんです。なぜ、夜が良いのかというと、ナットウキナーゼという酵素が夜に活性化するからです。


この酵素は血栓溶解作用が期待できるもので、血液をさらさらにすることで体内から健康的になれ、美肌効果が期待できるのです。さらに、夜に納豆を食べることで、眠っている間に分泌される成長ホルモンの量を促すアルギニンという成分を活用することができるんです。


他にも、納豆には女性ホルモンを安定させるイソフラボンや美肌を作るビタミンB2、美容の味方である食物繊維が含まれています。ちなみに、納豆と最適の食べ合わせとしては、アボカド、ごま、おくら、ネギなどがありますよ。


ダイエットに効果があるバナナを食べるベストなタイミングは?


ダイエットに興味がある女性は多いことでしょう。そんな乙女におすすめなのが、バナナダイエット、それも朝食にバナナをチョイスする方法です。バナナは腹持ちが良く、フィリピンなどでは主食級の食べ物なので、ダイエットも楽に続けられます!


どうして朝食をバナナにすると良いのか?

やり方はとっても簡単です、朝食をバナナにするだけです。1~2本程度と常温の水にしてください、バナナは1本で80~100カロリーほどなので、朝食に白飯や食パンを食べるよりも10~60カロリーほどは少なくできるはずです。


また、バナナは食物繊維が豊富で、カリウムやビタミンB群も多く含まれています。また、バナナの炭水化物内の内訳は、3分の2が食物繊維で、3分の1がブドウ糖でできています。


そのため、朝食に食べることで、すぐにエネルギーに変えることが可能なのです。そのため、体内に残らないので、朝食分が丸々なかったことにできるんです。


バナナダイエットで期待できる効果

さらに、食物繊維が豊富なので、便秘解消が期待でき、肌荒れが解消される人が多いんです。また、カリウムが多いので、むくみを解消してくれ、脂肪燃焼が期待できるので、脂肪も減らせるんです。


ただ、昼と夜にもバランスの良い食事を心がけましょう。健康的に痩せるのが朝バナナダイエットの目的です。なので、昼と夜に炭水化物となる麺やパンばかりの食事をとっていると、太ります!


肉や魚、野菜をバランスよく食べるだけでも、ダイエットは期待できるものなので、ダイエットを考えている方はバランスの良い食事を心がけてみてくださいね。


ガゼリ菌・ビフィズス菌ヨーグルトのベストな食べるタイミングは?


ヨーグルト製品ってかなりの数が並んでいますよね。よくダイエットに活用する人がいますが、いろんなカタカナが並んでいて、何がいいんだかよく分からないと言う人も多いんじゃないでしょうか?


最近見るのが、ガゼリ菌、ビフィズス菌などでしょうか。
どんな効果があるのか、そもそもダイエットに効くのかよく分かりません。


まず、ビフィズス菌と言えば、腸内環境を改善してくれる善玉菌です、また殺菌力があるので、悪玉菌の繁殖を抑制してくれます。

ガゼリ菌もビフィズス菌と同じなのですが、腸内に長くとどまることができます。そのため、発酵を続けることが期待でき、コレステロールの低下や内臓脂肪低下が期待できるのです。


ただ、これらのヨーグルトのどれが自分に合うのかは個人によります。試してみて自分に合うものを選ぶのが一番です。また、ダイエットとしてヨーグルトだけに頼るのも間違いだと思います。


ヨーグルトは腸内環境を改善してくれる目的で食べるのがよく、便秘や消化不良、肌荒れ、免疫力の低下を解消してくれるものです。研究データとしても、まだダイエットに効果的というデータは少なく、乳製品であるため脂肪分が高いものもあります。


なので、健康維持のために食べることを強くお勧めします。健康維持のために食べるのであれば、朝食にするのが良いでしょう。朝は腸内も活動はじめとなるので、効果が期待できます。


【最後に】


年越しそば以外にもいくつかの食品のベストなタイミングをご紹介しましたが、いかがでしたか?縁起物はタイミングよりも自分の中で意味づけをして食べることが大事であり、ダイエットであれば続けやすく、活動はじめとなる朝食が良いとされていますね。

健康や美容に気を付けることでも1年間をよい気持ちで過ごすことができると思うので、ぜひ食事に気を付けてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です