冬に猫を留守番させることの注意点は?ケージの寒さ対策や暖房は安全?

スポンサーリンク


寒い冬場猫ちゃんを留守番させる時には、何に気を付ければよいのでしょうか。
安全に快適にお留守番してもらうことはそう難しいことではありません。

飼い主さんが気を付けるべきポイントをお教えします!


スポンサーリンク

冬に愛猫に留守番をしてもらう状況に。。これってあり?何日間の留守番が限界


厳しい環境の冬場に猫を留守番させるのはちょっと心配ですよね。
何日間の留守番が限界なのか、また長期間留守番させなければいけない時の対処法もお教えします。


猫に留守番をしてもらうのはあり?

飼い主が思っているほど猫は留守番を寂しく思っていないようです。環境さえ整えてあげると基本的に留守番はOKです。ただし、ミルクを飲んでいるような子猫には留守番は少し早いですね。


猫の留守番の限界時間は?

子猫の場合数時間のお留守番が限界です。
成猫ならば2日間くらいまでが限界と考えられます。


2日以上になる場合はペットホテルの利用やペットシッターさんに来てもらうことを検討してください。



冬の留守番!ケージ・寝床の寒さ対策はどうしたらいい?

冬のお留守番はどのような場所で過ごしてもらうのがよいのでしょうか。

動画のような快適な猫部屋があったら言うことないですね…


【冬でもぽっかぽっかの猫部屋でくつろぐ猫たち】The cat which relaxes in a warm cat room



ケージ、寝床の寒さ対策はどのようにしたらいい?

体の大きい成猫にとって、狭いケージに閉じ込めておくことはストレスとなります。

生後3か月未満の子猫は、狭い所に隠れたり、コードをかじったりすることも考えられるのでケージに入れて留守番させた方が安全です。


いずれの場合もあたたかい寝床を用意してあげることが必要です。


何を置いたらいいの?毛布は?

冬用の猫の寝床は、布製のペット用ベッドや段ボールなどで手作りしてあげるのもよいでしょう。クッションやこたつなどを用意してもよいですね。寝床には毛布を敷いてあげるとよいでしょう。


暖房やエアコンは何度に設定がいいの?つけっぱなしは安全?


天気が良く暖かい日は暖房やエアコンを使わなくても日の当たる場所で快適に過ごせますが、寒さが厳しい日にはそういう訳にもいきません。特に老猫や子猫、寒さに弱い猫ちゃんにはエアコンで室温調整してあげるとよいでしょう。


エアコンや暖房を猫が留守番している間はつけっぱなしが常識?

留守番の間は暖房器具ではなく、安全のためにエアコンを使用しましょう。エアコンは20~23度の低温でつけっぱなしにする方が、室温の変化が少なく猫の体に負担がかかりにくいです。


万一火事にならないように、安全に運用するには?

熱源を使う暖房は火事の危険性があるので使わないようにしましょう。
こたつ電源を入れずに布でくるんだ湯たんぽを入れておくと安全に暖かく過ごせます。


またコードをかじると漏電することもあるので、出来る限りコード類はしまっておきましょう


その他 冬場の猫の留守番に気をつけるポイントは?


その他気を付けるべきポイントについて簡単にまとめました。
いずれも普段から気を付けておきたいことですね。

脱水に注意!

エアコンを長時間つけっぱなしにしておくと空気が乾燥します。
飲み水を多めに用意しておきましょう。特に子猫や老猫には注意が必要です。


低温やけどに注意!

ホットカーペットは長時間使用していると低温やけどの可能性があります。湯たんぽも直接触れると低温やけどの恐れがあるので、布などでくるんでから使用しましょう。


いたずらに注意!

好奇心旺盛な子猫を留守番させる時はいたずらに注意しましょう。物を倒したりコードをかじったりすることがあるので、危険なものは置いておかないようにしましょう。小さな子猫ならばケージに入れておく方が安全かもしれません。


【まとめ】


・冬に猫を留守番させる時の限界時間
子猫ならば数時間が限界。成猫でも2日以内に。

・ケージ、寝床の寒さ対策について
成猫は狭いケージがストレスに。
子猫はケージに入れておく方が安全。
ペット用ベッド、クッション、湯たんぽを入れたこたつなど安全で暖かい寝床を用意する。

・暖房やエアコンについて
熱源のある暖房は使わない。
エアコンは20~23度の低温でつけっぱなしにしておく。

・その他気を付けるポイント
乾燥による脱水に注意。
低温やけどに注意。
いたずらに注意。


猫にとって留守番は難しいことではありませんが、寒さが厳しい冬にはちょっとした注意が必要です。冬場に猫ちゃんが快適に過ごせるよう、普段から取り入れられることばかりなので、参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です