クリスマスプレゼントを彼女(付き合いたて)からいらないと言われたら?正解の行動は?

クリスマス

クリスマスプレゼントはいらない!」と彼女から言われたら寂しいですよね(T_T)

その言葉を額面通り受けてとってもいいものでしょうか?

ましてや、交際して間もないとなれば、彼女の本心なのかどうかも判断しづらく悩んでしまいますよね。

彼女の性格や物事への考え方を知ることで、どうすれば良いのか考えてみましょう

クリスマスプレゼントを付き合いたての彼女からいらないと言われたら?

彼女がなぜ?「いらない」と言っているのかを考えてみましょう!

本当に欲しいものがない!

この場合、クリスマスプレゼントは用意しなくても良いのではないでしょうか!

とは言え、クリスマスに何もしないで良いと言うことではありませんよ(苦笑)

形あるものにこだわらないでみたらどうでしょう。

たとえば、「ステキなクリスマスディナー」などをサプライズ!

いつもとはちょっと違った特別な時間を一緒に過ごすのも良いんじゃないでしょうか!?

あなたに遠慮している!

クリスマスという特別な日だからといって高価なプレゼントを用意させたくないと、
あなたに遠慮しているだけかも知れませんね。

こう言った場合であれば、彼女に気を遣わせるようなプレゼントではなく、
「気持ちを伝える」ささやかな心のこもったプレゼントを贈りましょう!

図々しい、欲張りな女と思われたくない!

本当はクリスマスプレゼントを期待しているけど、図々しい、欲張りな女と思われたくないから興味の無い素振りをしている…。

それにね!

「欲しいと言わなくても、私の欲しいものを彼氏はプレゼントしてくれる!」と思い込んじゃっている女性も少なくないんですよ。(苦笑)

“彼氏「何たべたい?」
彼女「ん~ なんでもいいよ!」
彼氏「じゃっ!ラーメンでもいい?」
彼女「え~ ラーメンって気分じゃない…」
彼氏「!?」“

というカップルあるある!

これって、ホントいちばん面倒でややこしいですよねぇ~(^∧^)

何気にあなたに対して、欲しいものが何なのか

サインを送っている可能性もありますので、ご注意を…

クリスマスプレゼントをあげなかったのに、彼女からもらった場合は?

まず、あなたが彼女にクリスマスプレゼントをあげなかったのは何故ですか?

何をプレゼントすれば良いのかわからなかったのなら、「クリスマスプレゼントは、何が欲しい?」と聞けば良かったのだし、彼女に欲しいモノが無さそうな様子ならば、「クリスマスディナー」とかをサプライズ用意するだけでもOK!だったのに…。

クリスマスが「特別な日」であることを、「ちゃんと分っているよ!」とアピールしていたのか?していなかったのか!?

ここが大事なんです。
(男性と女性とでは、こういったところの価値観の違いが小難しいのです。笑)

女性はねぇ、やっぱり9割方クリスマスや誕生日のような「特別な日」は、何かしらの期待をしちゃっているんですよ!

だからと言って、特別なモノが欲しいわけじゃー無い。

もし、彼女に「お返しはいいよ」と言われたとしても、あなたがうっかりしていたと思うなら、「ごめん。女性へのプレゼントとかって慣れていなくて…」とかなんとか、彼女がちょっとドキッとするような言葉を添えて「お返し」をしましょうね♪

女性の場合は、後回しにされるのを良しとしませんので「お返し」はあまり時間を置かないように気をつけてください。

クリスマスプレゼントをあげたのに、「いらない」と返された場合は?

「受け取れない!」という自分の気持ちに正直な彼女なのでしょうねぇ~。

高価なプレゼントを要求して、貰ったら速攻リサイクルショップに売り払う女性すら居る昨今としては、真正直すぎる彼女ですよね。

「せっかく用意したのに、何だよ!?」と思われるでしょうが、そういった場合は仕方が有りません。

煮詰まる気持ちをグッと抑えて引き取ってしまうのが大人の対応だと思います。

まして、つきあい始めて間もないのなら、ここは丸く納めたほうが無難です。

彼女がどんな性格で、どんな考え方をしている女性なのか?を知る良いきっかけとしてとらえてみてはいかがでしょうか?

性格的にも考え方的にも合う or 合わないを見極めたうえで…o(`´メ)

怒るも、別れるもその後でも遅くないですよ!!

そもそもクリスマスプレゼントをなぜ贈るの?

日本で最初にクリスマスプレゼントが登場したのは明治時代です。

キリスト教の宗教団体が、欧州の慣習をもとに、果物やパン・菓子・玩具などを詰め込んだものを、貧しい人々に配ったことがクリスマスプレゼントの初めてだと言われています。

人に「優しく」したり「親切」にすることは、キリストに贈り物をしていることになるという教えがあるからです。

お互いに思いやりの気持ちを持ってプレゼント交換することが習慣化しています。

これが現在のクリスマスプレゼントを贈る意味となっています。

“キリスト教の中でもカトリックの影響の強いイタリアやフランス、スペインなどでは、クリスマスでよく贈り物にされる伝統的なギフトがあります。

クリスマスの伝統的なプレゼントは国によって特徴があるようです。

スペインではイエス・キリスト誕生を再現した伝統的な飾りのベレンがありますが、日本でも知られるようになってきています。

クリスマス伝統料理のプレゼントも定番です。

イギリスなどではサンタクロース(Father Christmas)が、12月25日にプレゼントをもって来ます。

アメリカでは、クリスマスの挨拶として絵はがきやカード(グリーティングカード)を送り、クリスマスプレゼントを家族全員で交換し合う習慣があります。

外出するのは教会に行く時くらいで、家庭料理を味わったり、洋酒やナッツ類、ドライフルーツをふんだんに使ったクリスマスケーキが作られ、家族で過すのが一般的です。

ドイツではクリスマスプレゼントは昔から木工細工が有名です。

子供たちへのクリスマスプレゼントとして木のおもちゃは定番であり、バレエで有名なくるみ割り人形などは、実用も兼ねた人気のギフトになっています。

シュビップボーゲンという弓形の燭台も人気があります。

ドイツのエルツ山地で作られて250年以上の歴史を持ち、一年の無事に感謝を捧げて新年の繁栄を祈願するとして、クリスマス定番のプレゼントになっているようです。“

(出典:クリスマスの外国の伝統的なプレゼント)

まとめ

女性の「クリスマスプレゼントはいらない!」の場合は、この言葉を鵜呑みにしてはいけませんよ

あくまでも表向きの言葉であって本心ではないと思っていた方が間違いないと思います。

面倒くさいと思わずに、どうしてクリスマスプレゼントをいらないと言ったのか!?

そこのところを『忖度』して対応する事が大切ですからね(笑)

よく読まれている記事
クリスマス
takatakaをフォローする
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました